沢村忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
沢村 忠
I Fujimoto, I Kikuchi, and S Sawamura.jpg
秋田書店『冒険王』第19巻第5号(1967)より藤本勲(左)、菊池功(中)、沢村忠(右)
基本情報
本名 白羽 秀樹
通称 キックの鬼
蹴りの白羽
階級 ミドル級ライト級
身長 174cm
体重 61kg
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1943-01-05) 1943年1月5日
出身地 満州国の旗 満州国 新京
死没日 (2021-03-26) 2021年3月26日(78歳没)
死没地 日本の旗 日本千葉県
スタイル 空手
テンプレートを表示

沢村 忠(さわむら ただし、1943年昭和18年〉1月5日 - 2021年令和3年〉3月26日[1])は、日本キックボクサー剛柔流空手道参段。満州出身。本名:白羽 秀樹(しらは ひでき)。娘はタレント白羽玲子。半生を描いた漫画やアニメの『キックの鬼』の影響により、世間からは「キックの鬼」と呼ばれていた。

来歴[編集]

幼少より祖父から剛柔流空手道を習う。祖父からは中国武術も習っていた模様[2]。幼少期には子役として「劇団そらまめ」という児童劇団に入っており、将来は役者を目指していた[2]。実際に中学3年生のときには新東宝新東宝スターレットに合格し、「城哲也」の芸名でテレビドラマ等へ出演していたが、新東宝の倒産に伴い芸能活動休止を余儀なくされる[3]

その後法政大学第一高等学校を卒業し、大映に入社。大映の研修の一環として日本大学芸術学部映画科に入学した[4]。この頃は俳優の道を諦め脚本家を目指していたようで、在学中に執筆した脚本がテレビドラマで採用されたこともあるという[5]。一方で、大学でも剛柔流空手部に入り、在学中には全日本学生選手権で優勝。60戦無敗であった。野口修はその実力を評価し、キックボクシングに勧誘し、結局大学を卒業すると同時に大映を退社、野口ジムに入る[4]

1966年(昭和41年)4月に日本キックボクシング協会が旗揚げされ、リングネームを“沢村忠”として参戦。リングネームは、1964年(昭和39年)に空手道代表としてルンピニー・スタジアムでムエタイ選手と対戦してKO勝利した中村忠に由来する。野口はその強さにあやかり、「沢村忠」と命名した[6]大阪府立体育館で行われたデビュー戦は“空手vs.ムエタイ”と銘打たれた試合で、ラークレイ・シーハーマンを2RKO勝利した。6月にはリキパレスで、ムエタイのルンピニーフェザー級8位のサマンソー・アディソンと対戦したが、16度のダウン(19の報道もあり)を奪われ25ヶ所以上の打撲を負い、4RKO負けを喫した[7][8][9]

しかし、この敗北を機に特訓を積み、当時、YKKアワー キックボクシング中継の実況をしていた石川顕(当時:東京放送アナウンサー)が命名[10]した真空飛び膝蹴りや飛び前蹴りを武器にKOを重ね、活躍。1973年には三冠を達成したプロ野球王貞治読売ジャイアンツ)を抑え、日本プロスポーツ大賞を獲得した。この当時は1969年(昭和44年)の「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)創刊号をはじめ、「週刊少年マガジン」(1968年47号)など幾つか一般雑誌の表紙を飾る人気だった。

1976年(昭和51年)7月2日に最終試合を行い、翌年の10月10日に引退式を行った。最終成績は、241戦232勝(228KO)5敗4分(一説には500戦以上戦歴があるともされている)であった。

藤本勲との雑誌での対談等で、一時期「引退後、後遺症により精神病院に隔離」「死亡した」という説が出回り、沢村の活躍を知る年輩者には噂話として広まっていたといい、本人も居酒屋に行った際たまたま隣の人からその話題になり、適当に相槌を打って聞いていたというエピソードがある[11][12]

梅宮辰夫と結婚・スピード離婚した銀座「姫」のホステス・大門節子と婚約はしたものの結婚はしなかったようである[13]。引退後は、格闘技界との関係を全て断ち切り[14]、自動車の修理販売業を営むかたわら、子供達に空手を教えていた。パチンコ台販売会社・セイブシステムリンクの常務取締役でもあった。

2021年3月26日千葉県の病院にて78歳で死去。前年夏に血痰が出るなど体調が悪化し、療養中だったという[1]

キックボクサーとして[編集]

あまりにも試合が多く、短いインターバル期間では足の腫れがひかないこともあった。そんなときは「炊いた飯をタオルにくるんで足を温めることで無理矢理治していた」と『Sports Graphic Number』のインタビューで答えている[15]。この他、熱湯を患部にかけて間に合わせたり、額の傷が治らないうちに試合を行う際には黒いストッキングを巻いて急場をしのいでいたと語っている[16]

キックの鬼が放映されていた頃、試合で真空飛びひざ蹴りをしたとき、あるファンから「手抜きするな!」と野次られたという逸話がある。「アニメの真空飛び膝蹴りは高く飛ぶが、実際はそこまで飛ばないため、そう思われたのであろう」と、のちに本人が懐かしのアニメソングの番組の中で語っている[出典無効]

佐山聡は「格闘技を好きになったのは、小学生の時に沢村さんをテレビで観てから。最初にお会いできた時にはもうびっくりしちゃって・・・。その時にキックを教えてもらったんですが、理論がしっかりしていて驚いた。それまでいろんなキックボクシングジムでいろんなテクニックを教わり、なんでこうなるんだろう?という疑問が、沢村さんに教わり、全部解決した」と語っている[要出典]

人物[編集]

本人はまったく「アルコールを受け付けない体質」であるが、仲間の付き合いで居酒屋などには赴いた。この他他人の運転では乗り物酔いを起こしやすく、小学校時代バスで日光にいく遠足を、いろは坂が怖くて取りやめたことがあるという[16]

1970年代前半、日本に2台しかないシボレー・コルベットの所有者だった。しかし、もう一人の所有者大場政夫が同車運転中に事故死したため、沢村は手放した。[要出典]

獲得タイトル[編集]

[編集]

  • いかす街だぜ(1969年、歌手デビュー作)[14]
  • キックの鬼(1970年。アニメ「キックの鬼」主題歌。B面は同エンディングテーマ「キックのあけぼの」)

書籍等[編集]

いずれも監修である。

  • 『キックボクシング入門 観戦の手引き』秋田書店<カラー版 ジュニア入門百科>、1969年
  • 『闘技入門』産報<サンポウ・ダイナミックス>、1972年

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

パチンコ[編集]

  • CRキックの鬼 - 2005年(平成17年)

題材とした作品[編集]

また、水木しげるの漫画『コケカキイキイ』に登場する。

由来する名称[編集]

ポケットモンスターのキャラクターの一種であるサワムラーは、沢村の名を元にしてつけられた[17]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 台本では山村忠。
  2. ^ 時代劇作品であるにも関わらず、演者そのままの役名とボクシングウェアで出演。真空飛び膝蹴りを劇中で披露。

出典[編集]

  1. ^ a b ““真空飛び膝蹴り”「キックの鬼」沢村忠さん死去…78歳”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2021年4月1日). https://hochi.news/articles/20210331-OHT1T50334.html 2021年4月1日閲覧。 
  2. ^ a b 「キックの鬼」こと沢村忠の原点は中国武術と芸能への憧れ - 日刊ゲンダイDIGITAL・2021年7月16日
  3. ^ 大蔵貢社長の独裁で「新東宝」に歪み…“エログロ路線”も下降線をたどる - 日刊ゲンダイDIGITAL・2021年7月17日
  4. ^ a b 俺たちの熱狂バトルTheヒストリー〈沢村忠の真空飛び膝蹴り〉 - リアルライブ・2015年6月19日
  5. ^ 高田文夫は「授業へ出る足を止めていつも沢村先輩のキックを見ていた」と述懐 - 日刊ゲンダイDIGITAL・2021年8月18日
  6. ^ 『新・極真カラテ強豪100人(ゴング格闘技1月号増刊)』 日本スポーツ出版社、1997年(平成9年)、47頁。
  7. ^  「沢村忠×佐山聡」『ゴング格闘技7月号増刊-異種格闘対談-GONKAKU Remix CROSS TALK BATTLE Vol.1』 日本スポーツ出版社2003年(平成15年)、188-191頁。
  8. ^  「極真の龍と呼ばれた男-山崎照朝伝(後編)」『フルコンタクトKARATE』 福昌堂、11月号、1995年(平成7年)、50頁。
  9. ^ 『蘇る伝説「大山道場」読本』 日本スポーツ出版社、2000年(平成12年)、141頁。
  10. ^ 【あの人は今こうしている】石川顕(TBSアナウンサーだった)」 ゲンダイネット2008年(平成20年)8月5日。
  11. ^ 『異種格闘対談 Vol.1』(『ゴング格闘技』7月号増刊ムック)日本スポーツ出版社、2003年、[要ページ番号]
  12. ^ 『実話ナックルズ VOL.16』 2003年4月、[要ページ番号]
  13. ^ 魔窟・銀座の「みかじめと愛欲」60年戦争(6)口説けないなら番組に出す
  14. ^ a b 「キックの鬼」沢村忠さんが死去 肺がんで入院 日刊スポーツ 2021年4月2日1時57分 (2021年4月4日閲覧)
  15. ^ 祝康成、2002年、[要ページ番号]
  16. ^ a b 「キックボクシング生誕三十周年記念特別企画第二弾!! キックの帝王 沢村忠を読む。」『ゴング格闘技』No.45 1996年6月8日号、日本スポーツ出版社、[要ページ番号]
  17. ^ ケーシィ、アーボ、カビゴン……あのポケモンの意外な名前の由来とは!?ニコニコニュース 2016年1月25日

参考文献[編集]

  • 『月刊フルコンタクトKARATE』1996年4月号(不滅の沢村忠 沢村忠特集)、福昌堂
  • 岡本典久・下村敦夫『それゆけ!フルコン探偵団 - 格闘技探偵の事件簿』(『フルコンタクトKARATE』別冊)福昌堂、1997年 B00K73CI2I
  • 祝康成 「沢村忠・道」『Sports Graphic Number』2000年1月号、文藝春秋2000年、120-126頁、ISBN 4160081096
  • 山崎浩子『引退―終わらない夢』エイ出版社、2000年 ISBN 978-4870993617
  • 加部究『真空飛び膝蹴りの真実―“キックの鬼”沢村忠伝説』文春ネスコ、2001年 ISBN 978-4890361397
  • 『Fight&Life』2010年4月号 フィットネススポーツ隔月刊版 ASIN: B0036YPE9O

関連項目[編集]