沢村慎太朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

沢村慎太朗(さわむら しんたろう、1962年2月24日 - )は、日本の自動車評論家

来歴・人物[編集]

東京都台東区生まれ。実家は和菓子屋を営んでいた[1]早稲田実業高等部、早稲田大学第一文学部美術史学卒業。

編集の仕事を経た後、自動車評論家として独立した。オートカー・ジャパンの創刊の際には1年間の約束で編集部に所属していた[2]2008年10月には、パオロ・スタンツァーニといった著名なエンジニア等への独自取材で得た情報を元に、長年のスーパーカー研究の集大成として『スーパーカー誕生』を著した[3]2011年7月からはメールマガジンである「沢村慎太朗FMO」を開始し、その一部は『午前零時の自動車評論』シリーズとしてまとめられている。文芸評論家福田和也は『午前零時の自動車評論』を高く評価し[4]、沢村を「自動車評論界の小林秀雄」と絶賛した[5]

月に一度ほどメールマガジンの読者限定のトークイベントを森慶太と共に行っている[6]。以前は大学の専攻である美術史を活かし、グッドデザイン賞審査委員も務めていた[7]

愛車遍歴[編集]

  • 過去のオートカー・ジャパンの連載によれば、足車は格安中古車を中心に、40台近く乗り継いできた模様。 確認できる範囲では、親と共同所有のセリカを皮切りに、その後アルファロメオ スパイダー、NAロードスター ハードトップ、RX-7(FD)、ボルボ 960、E30 318iカブリオレ(バウア社製)、ホンダ プレリュード、P10 日産プリメーラ、W202 メルセデスベンツ C220、シトロエン エグザンティア、E30 BMW320i、W210 メルセデスベンツE320、VW ゴルフ5 GTIなど。
  • また、足車とは別にフェラーリ 328 を3台乗り継ぎ、沢村自身の設計による特注のダンパーを入れて理想の乗り味を追求したりもしていた。
  • 現在は所有車をすべて手放してしまった模様

著書[編集]

  • 『スーパーカー誕生』(文踊社、2008年10月、のち文春文庫
  • 『巨匠が愛したフェラーリ 女優が恋したモーガン』(三栄書房2010年11月
  • 『午前零時の自動車評論』(文踊社、2012年4月
  • 『午前零時の自動車評論2』(文踊社、2012年7月
  • 『午前零時の自動車評論3』(文踊社、2012年10月
  • 『午前零時の自動車評論4』(文踊社、2013年2月
  • 『午前零時の自動車評論5』(文踊社、2013年6月
  • 『自動車小説』(文踊社、2013年8月
  • 『午前零時の自動車評論6』(文踊社、2014年2月
  • 『午前零時の自動車評論7』(文踊社、2014年6月
  • 『午前零時の自動車評論8』(文踊社、2014年12月
  • 『午前零時の自動車評論9』(文踊社、2015年4月
  • 『午前零時の自動車評論10』(文踊社、2015年12月
  • 『自動車問答』(文踊社、2016年4月
  • 『午前零時の自動車評論11』(文踊社、2016年8月
  • 『午前零時の自動車評論12』(文踊社、2016年12月
  • 『軽トラの本』(三栄書房2017年5月

脚注[編集]

  1. ^ 著者プロフィール”. 2013年12月27日閲覧。
  2. ^ 沢村慎太郎 『スーパーカー誕生』 文踊社、2008年、757頁。
  3. ^ asahi.com(朝日新聞社):スーパーカー誕生 沢村慎太朗さん - 著者に会いたい - BOOK”. 2013年12月27日閲覧。
  4. ^ 週刊新潮』6月21日特大号、2012年6月
  5. ^ en-taxi』Winter 201第37号、2012年11月
  6. ^ トークライブご案内”. 2013年12月27日閲覧。
  7. ^ 年収300万円世代の賢い輸入車ライフ”. 2013年12月27日閲覧。