沢村栄治賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
賞の由来となった沢村栄治

沢村栄治賞(さわむらえいじしょう)は、日本プロ野球における特別賞の一つ。通称「沢村賞」。

概要[編集]

1947年読売新聞社戦前のプロ野球黎明期において豪速球投手として名を馳せた沢村栄治の栄誉と功績を称えて制定[1][注釈 1]

史上初(20世紀初・昭和初)の受賞者は1947年の別所昭(当時南海)。1950年からはセ・リーグでその年に活躍した完投先発投手の選考になった[3]。セ・リーグ初の受賞者は1950年の真田重男(当時松竹)。1964年にジーン・バッキー(当時阪神)が海外出身者で史上初受賞をした。沢村賞選考委員会ができ、選考基準が設定されてからの初受賞者は1982年の北別府学(当時広島)。昭和では該当者なしは3回あった。

平成期からパ・リーグにも対象が拡大され、全球団から選出されることとなった。両リーグ対象後の初受賞は1989年の斎藤雅樹(当時巨人)、パ・リーグの球団に所属する選手で初めて受賞したのは1990年野茂英雄(当時近鉄)。2016年にクリス・ジョンソン(当時広島)が海外出身者史上2人目の受賞をしている。全球団対象になった平成では、セ・リーグ投手16回、パ・リーグ投手14回、該当者なしが1回だった。

2019年からの令和ではセ・リーグ投手1回、該当者なしが1回である(2020年シーズン終了時点)。

2020年シーズン終了時点で巨人20回、中日11回、広島9回、阪神8回、ソフトバンク5回、ヤクルト5回、西武4回、楽天3回、DeNA2回、日本ハム1回、オリックス1回、ロッテ0回、該当者なし5回で、12球団ではロッテのみ未選出である[4]。消滅した球団も含めると、大洋に吸収合併された松竹1回、オリックスに吸収合併された近鉄1回である。

それぞれの球団初受賞者は南海(現在のソフトバンク)・別所昭、巨人・中尾碩志、中日・杉下茂、国鉄(現在のヤクルト)・金田正一、大阪(現在の阪神)・村山実、大洋(現在のDeNA)・平松政次、広島・外木場義郎、西武・石井丈裕、日本ハム・ダルビッシュ有、楽天・岩隈久志、オリックス・金子千尋、ロッテ・なし、松竹・真田重男、近鉄・野茂英雄。

セ・リーグでの初の複数回受賞者は杉下茂(当時中日)、パ・リーグでの初の複数回受賞者は斉藤和巳(当時ダイエー)。複数球団での受賞は2人おり、別所昭が南海1回・巨人1回、小林繁が巨人1回・阪神1回受賞している。

それぞれの節目となる受賞者は、20世紀初・昭和初は別所昭(当時南海)、昭和最後・大野豊(当時広島)、平成初・斎藤雅樹(当時巨人)、20世紀最後・上原浩治(当時巨人)、21世紀初・松坂大輔(当時西武)、平成最後・菅野智之(当時巨人)、令和初・大野雄大(当時中日)となっている。

また、大正生まれ初は別所昭(当時南海)、昭和生まれ初は金田正一(当時国鉄)、平成生まれ初は菅野智之(当時巨人)が受賞している。

沢村賞はリーグごとの公式表彰項目ではなく、公式の表彰に準ずる特別賞である。2020年シーズン終了時点で53人(昭和29人、平成23人、令和1人)[注釈 2]の受賞者がいる。2回以上の受賞者は14人、その内の3回受賞者は杉下茂(当時中日)、金田正一(当時国鉄)、村山実(当時大阪)、斎藤雅樹(当時巨人)の4人である。また3年連続受賞は金田(1956年 - 1958年)のみである。

1981年までは読売新聞社が選考を東京運動記者クラブ部長会に委嘱していたが、同年の西本聖の受賞を巡る経緯が物議を醸した(下記参照)ことから1982年5月14日、同会は沢村賞の選考を辞退することを決定[5]、同年度より選考委員会方式に改められた[6]

現在は沢村賞選考委員会の審議により、毎年12球団の中から原則1名が選出される。過去には1966年には村山実(当時阪神)・堀内恒夫(当時巨人)の2名、2003年には井川慶(当時阪神)・斉藤和巳(当時ダイエー)の2名が同時選出されている。賞金は300万円。最終的な判断は選考委員に委ねられており、選考基準項目はあくまで参考に過ぎない[注釈 3][注釈 4][注釈 5]

特に近年は投手の分業化が進んで完投試合数が減ってきており、2001年(21世紀)以降、沢村賞受賞者のうち完投試合数の基準項目である10試合以上を満たした選手はわずか6人(松坂大輔、ダルビッシュ有、涌井秀章田中将大、菅野智之、大野雄大)しかいない。これについては、選考委員からも完投試合数について、選考基準の見直しを示唆する声も出てきていた[9]。また、200投球回達成者がいないシーズンも近年は増えており、これらに対応するために2018年から新たに「沢村賞の基準で定めたクオリティ・スタート(QS)の達成率を含む」が補則項目として加えられた[10]。QSの基準は「先発で登板した全試合に占める、投球回数7回で自責点3点以内」という独自のものとなっている[10]。2020年は新型コロナウイルスの拡大により開幕が3ヶ月遅れ、過密日程のほか試合数が例年の8割程度となる120となったが選考基準に変更はなかった[注釈 6]。しかし堀内恒夫選考委員長は「選考基準を各委員の中である程度下げている。普通の選考基準なら今年は該当者なし[注釈 7]」と発言しており一定の配慮があった模様[11]で、3項目をクリア[注釈 8]した大野雄大(当時中日)が受賞した。

それぞれの項目最多は登板数69(1960年・当時巨人の堀本律雄、1961年・当時中日の権藤博)、完投47(1947年・当時南海の別所昭)、勝ち星39(1950年・当時松竹の真田重男)、勝率1.000(2013年・当時楽天の田中将大)、投球回数448回1/3(1947年・当時南海の別所昭)、奪三振401(1968年・当時阪神の江夏豊)、防御率1.19(1959年・当時大阪の村山実)。

それぞれの項目最少は登板数24(1988年・当時広島の大野豊)、完投3(2012年・当時ソフトバンクの攝津正、2016年・当時広島のクリス・ジョンソン)、勝ち星13(1988年・当時広島の大野豊)、勝率.500(2001年・当時西武の松坂大輔)、投球回数148回1/3(1992年・当時西武の石井丈裕)、奪三振94(1998年・当時ヤクルトの川崎憲次郎)、防御率3.75(1978年・当時ヤクルトの松岡弘)。また、新型コロナウイルスの影響で120試合制となった2020年シーズンも含めると登板数20(2020年・当時中日の大野雄大)、勝ち星11(2020年・当時中日の大野雄大)である。

選考委員は原則5名で、セ・リーグ(基本的には受賞経験者)及びパ・リーグで先発投手として活躍した元選手が起用され、現職の日本プロ野球監督やコーチングスタッフからは起用されない(就任の場合は自動的に委員を外れる)。2020年度の委員は堀内恒夫(委員長)、平松政次、村田兆治、北別府学、山田久志[10]

江川卓と記者投票について[編集]

1980年に江川卓(当時巨人)が34登板、18完投、投球回数261回1/3、16勝、勝率.571、防御率2.48、219奪三振で、最多勝利最多奪三振を獲得しベストナインを受賞するも記者投票で該当者なしにされた。

さらに1981年の江川は、31登板、20完投、投球回数240回1/3、20勝、勝率.769、防御率2.29、221奪三振の成績で最多勝利、最優秀防御率、最多奪三振、最高勝率[注釈 9]のタイトルを獲得、項目外の完封も7でプロ野球史上6人目となる投手五冠王を達成し、最優秀選手、ベストナインも受賞したが、記者投票によって34登板、14完投、投球回数257回2/3、18勝、勝率.600、防御率2.58、126奪三振の成績で、タイトル獲得なし、受賞もゴールデングラブ賞のみだった西本聖(当時巨人)が沢村賞に選出され、物議を醸した。

選考は10月14日、数寄屋橋にあるリトルトーキヨーの9階中華料理屋「ろん」にて、東京運動記者クラブに加盟する44社のうち31社の運動部長が参加。選考において江川と西本の2人に絞られ、最終的に投票によって選考となった。投票に至るまで、参加者の中から「成績的には江川君だが青少年への影響となると……」[12]や「MVP投票には人格うんぬんされるが、沢村賞の選考には人格の基準はないのか。過去のことは含まず、今年の成績だけを対象にするのか」[12]という声や「成績だけで決めるのなら、なにも委員会を開く必要はない」という声が挙がった[12]。決を採るため無記名投票が行われ[12]、西本16票、江川13票、白紙2票となり、西本の受賞が決定した[13][注釈 10]。この事から翌年に沢村賞選考委員会が出来た[14]

しかし江川は1982年に31登板、24完投、263回1/3、19勝、勝率.613、防御率2.36、196奪三振の成績を残し、沢村賞選考基準項目のすべてを満たし最多奪三振を獲得するが、沢村賞には20勝を挙げて沢村賞選考基準項目のすべてを満たし最多勝利、最高勝率[注釈 11]を獲得、ベストナインも受賞した北別府学(当時広島)が選出されたため、この年も沢村賞を受賞出来なかった。江川は北別府よりも防御率、奪三振、完投数は上、勝ち星も僅か1つ差だった。よって江川は記者投票の影響で1度も沢村賞を受賞する事がなく現役生活を終えた。

選考基準[編集]

選考基準は以下の7項目だが、必ずしも7項目全てクリアしなければならない規定はない。

上記に加え、2018年度より、補足項目として「先発で登板した全試合に占める、投球回数7回で自責点3点以内」というQSに似た独自の基準を選考に含める事を発表した。

歴代受賞者[編集]

  •  (括弧) は受賞回数、 太字 は各基準項目[15]のリーグ1位、      は選考基準を満たしていない項目。
  •       投手三冠最多勝利最優秀防御率最多奪三振)獲得者、 ☆ は同年MVPを示す。
  • 年度 受賞者 所属 登板 完投 勝利 勝率 投球回 奪三振 防御率 選考委員[† 1]
    1947 へつしよ/別所昭(1) 南海 55 47 30 .612 448.1 191 1.86  
    1948 なかお/中尾碩志 巨人 47 25 27 .692 343 187 1.84  
    1949 ふしもと/藤本英雄 巨人 39 29 24 .774 288 137 1.94  
    1950 さなた/真田重男 松竹 61 28 39 .765 395.2 191 3.05  
    1951 すきした/杉下茂(1) 名古屋 58 15 28 .683 290.1 147 2.35  
    1952 すきした/杉下茂(2) 名古屋 61 25 32 .696 355.2 160 2.33  
    1953 おおとも/大友工 巨人 43 22 27 .818 281.1 173 1.85  
    1954 すきした/杉下茂(3)☆ 中日 63 27 32 .727 395.1 273 1.39  
    1955 へつしよ/別所毅彦[† 2](2) 巨人 50 17 23 .742 312 152 1.33  
    1956 かねた/金田正一(1) 国鉄 68 24 25 .556 367.1 316 1.74  
    1957 かねた/金田正一(2) 国鉄 61 25 28 .636 353 306 1.63  
    1958 かねた/金田正一(3) 国鉄 56 22 31 .689 332.1 311 1.30  
    1959 むらやま/村山実(1) 大阪 54 19 18 .643 295.1 294 1.19  
    1960 ほりもと/堀本律雄 巨人 69 26 29 .617 364.2 210 2.00  
    1961 こんとう/権藤博 中日 69 32 35 .648 429.1 310 1.70  
    1962 こやま/小山正明 阪神 47 26 27 .711 352.2 270 1.66  
    1963 いとう/伊藤芳明 巨人 39 18 19 .704 236.1 166 1.90  
    1964 はつきい/ジーン・バッキー 阪神 46 24 29 .763 353.1 200 1.89  
    1965 むらやま/村山実(2) 阪神 39 26 25 .658 307.2 205 1.96  
    1966 むらやま/村山実(3) 阪神 38 24 24 .727 290.1 207 1.55  
    ほりうち/堀内恒夫(1) 巨人 33 14 16 .889 181 117 1.39
    1967 おかわ/小川健太郎 中日 55 16 29 .707 279.2 178 2.51  
    1968 えなつ/江夏豊 阪神 49 26 25 .676 329 401 2.13  
    1969 たかはし/高橋一三(1) 巨人 45 19 22 .815 256 221 2.21  
    1970 ひらまつ/平松政次 大洋 51 23 25 .568 332.2 182 1.95  
    1971 該当者なし  
    1972 ほりうち/堀内恒夫(2)☆ 巨人 48 26 26 .743 312 203 2.91  
    1973 たかはし/高橋一三(2) 巨人 45 24 23 .639 306.1 238 2.21  
    1974 ほしの/星野仙一 中日 49 7 15 .625 188 137 2.87  
    1975 そとこは/外木場義郎 広島 41 17 20 .606 287 193 2.95  
    1976 いけたに/池谷公二郎 広島 51 18 20 .571 290.1 207 3.26  
    1977 こはやし/小林繁(1) 巨人 42 11 18 .692 216.1 155 2.92  
    1978 まつおか/松岡弘 ヤクルト 43 11 16 .593 199.1 119 3.75  
    1979 こはやし/小林繁(2) 阪神 37 17 22 .710 273.2 200 2.89  
    1980 該当者なし
    1981 にしもと/西本聖 巨人 34 14 18 .600 257.2 126 2.58  
    1982 きたへつふ/北別府学(1) 広島 36 19 20 .714 267.1 184 2.43
    1983 えんとう/遠藤一彦 大洋 36 16 18 .667 238.1 186 2.87  
    1984 該当者なし
    1985 こまつ/小松辰雄 中日 33 14 17 .680 210.1 172 2.65  
    1986 きたへつふ/北別府学(2)☆ 広島 30 17 18 .818 230 123 2.43  
    1987 くわた/桑田真澄 巨人 28 14 15 .714 207.2 151 2.17
    1988 おおの/大野豊 広島 24 14 13 .650 185 183 1.70
    1989 さいとう ま/斎藤雅樹(1) 巨人 30 21 20 .741 245 182 1.62
    1990 のも/野茂英雄 近鉄 29 21 18 .692 235 287 2.91
    1991 ささおか/佐々岡真司 広島 33 13 17 .654 240 213 2.44
    1992 いしい/石井丈裕 西武 27 8 15 .833 148.1 123 1.94
    1993 いまなか/今中慎二 中日 31 14 17 .708 249 247 2.20
    1994 やまもと/山本昌広 中日 29 14 19 .704 214 148 3.49
    1995 さいとう ま/斎藤雅樹(2) 巨人 28 16 18 .643 213 187 2.70
    1996 さいとう ま/斎藤雅樹(3) 巨人 25 8 16 .800 187 158 2.36
    1997 にちくち/西口文也 西武 32 10 15 .750 207.2 192 3.12
    1998 かわさき/川崎憲次郎 ヤクルト 29 9 17 .630 204.1 94 3.04
    1999 うえはら/上原浩治(1) 巨人 25 12 20 .833 197.2 179 2.09
    2000 該当者なし
    2001 まつさか/松坂大輔 西武 33 12 15 .500 240.1 214 3.60
    2002 うえはら/上原浩治(2) 巨人 26 8 17 .773 204 182 2.60
    2003 いかわ/井川慶 阪神 29 8 20 .800 206 179 2.80
    さいとう か/斉藤和巳(1) ダイエー 26 5 20 .870 194 160 2.83
    2004 かわかみ/川上憲伸 中日 27 5 17 .708 192.1 176 3.32
    2005 すきうち/杉内俊哉 ソフトバンク 26 8 18 .818 196.2 218 2.11
    2006 さいとう か/斉藤和巳(2) ソフトバンク 26 8 18 .783 201 205 1.75
    2007 たるひつしゆ/ダルビッシュ有 日本ハム 26 12 15 .750 207.2 210 1.82
    2008 いわくま/岩隈久志 楽天 28 5 21 .840 201.2 159 1.87
    2009 わくい/涌井秀章 西武 27 11 16 .727 211.2 199 2.30
    2010 まえた/前田健太(1) 広島 28 6 15 .652 215.2 174 2.21
    2011 たなか ま/田中将大(1) 楽天 27 14 19 .792 226.1 241 1.27
    2012 せつつ/攝津正 ソフトバンク 27 3 17 .773 193.1 153 1.91
    2013 たなか ま/田中将大(2)☆ 楽天 28 8 24 1.00 212 183 1.27
    2014 かねこ/金子千尋 オリックス 26 4 16 .762 191 199 1.98
    2015 まえた/前田健太(2) 広島 29 5 15 .652 206.1 175 2.09
    2016 しよんそん/クリス・ジョンソン 広島 26 3 15 .682 180.1 141 2.15
    2017 すかの/菅野智之(1) 巨人 25 6 17 .773 187.1 171 1.59
    2018 すかの/菅野智之(2) 巨人 28 10 15 .652 202 200 2.14
    2019 該当者なし[18]
    2020 おおの/大野雄大 中日 20 10 11 .647 148.2 148 1.82
    1. ^ 先頭は座長。
    2. ^ 「昭」から改名。

    複数回受賞者[編集]

    凡例