沢村栄治賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
賞の由来となった沢村栄治

沢村栄治賞(さわむらえいじしょう)は、日本プロ野球における特別賞の一つ。通称「沢村賞」。

概要[編集]

1947年読売新聞社戦前のプロ野球黎明期において豪速球投手として名を馳せた沢村栄治の栄誉と功績を称えて制定[1][注釈 1]

初の受賞者は別所昭(当時南海)。1950年からはセ・リーグでその年に活躍した完投先発投手の選考になった[3]。セ・リーグ初の受賞者は真田重男(当時松竹)。1964年にG・バッキー(当時阪神)が海外出身者で初受賞した。昭和では該当者なしは3回あった。1989年からパ・リーグにも対象が拡大されて全球団から選出されることとなった。両リーグ対象後の初受賞は斎藤雅樹(当時巨人)、パ・リーグの球団に所属する選手で初めて受賞したのは1990年野茂英雄(当時近鉄)。全球団対象になった平成では、セ・リーグ投手16回、パ・リーグ投手14回、該当者なしが1回だった。令和では該当者なしが1回である。また2019年時点の12球団ではロッテのみ未選出である[4]。沢村賞はリーグごとの公式表彰項目ではなく、公式の表彰に準ずる特別賞である。2019年時点で52人(昭和29人、平成23人、令和0人)[注釈 2]の受賞者がいる。2回以上の受賞者は14人、その内の3回受賞者は4人である。

1981年までは読売新聞社が選考を東京運動記者クラブ部長会に委嘱していた。1982年5月14日、同会は沢村賞の選考を辞退することを決定[5]、同年度より選考委員会方式に改められる[6]。1981年度の受賞者は、20勝6敗・防御率2.29・奪三振221の3部門でタイトルを獲得した江川卓ではなく、18勝12敗・防御率2.58・奪三振126の西本聖が選出され、物議を醸した。選考は10月14日、数寄屋橋にあるリトルトウキヨーの9階中華料理屋「ろん」にて、東京運動記者クラブに加盟する44社のうち31社の運動部長が参加。選考において江川と西本の2人に絞られ、最終的に投票によって選考となった。投票に至るまで、参加者の中から「成績的には江川君だが青少年への影響となると……」[7]や「MVP投票には人格うんぬんされるが、沢村賞の選考には人格の基準はないのか。過去のことは含まず、今年の成績だけを対象にするのか」[7]という声や「成績だけで決めるのなら、なにも委員会を開く必要はない」という声が挙がった[7]。決を採るため無記名投票が行われ[7]、西本16票、江川13票、白紙2票となり、西本の受賞が決定した[8][注釈 3]

現在は沢村賞選考委員会の審議により、毎年12球団の中から原則1名が選出される。過去には1966年には村山実堀内恒夫の2名、2003年には井川慶斉藤和巳の2名が同時選出されている。賞金は300万円。最終的な判断は選考委員に委ねられており、選考基準項目はあくまで参考に過ぎない[注釈 4][注釈 5][注釈 6]。特に近年は投手の分業化が進んで完投試合数が減ってきており、2001年以降、沢村賞受賞者のうち完投試合数の基準項目である10試合以上を満たした選手はわずか5人しかいない[注釈 7]。これについては、選考委員からも完投試合数について、選考基準の見直しを示唆する声も出てきていた[11]。また、200投球回達成者がいないシーズンも近年は増えており、これらに対応するために2018年から新たに「沢村賞の基準で定めたクオリティ・スタート(QS)の達成率を含む」が補則項目として加えられた[12]。QSの基準は「先発で登板した全試合に占める、投球回数7回で自責点3点以内」という独自のものとなっている[12]

選考委員は原則5名で、セ・リーグ(基本的には受賞経験者)及びパ・リーグで先発投手として活躍した元選手が起用され、現職の日本プロ野球監督やコーチングスタッフからは起用されたことはない。2019年度の委員は堀内恒夫(委員長)、平松政次村田兆治北別府学山田久志[12]

選考基準[編集]

選考基準は以下の7項目だが、必ずしも7項目全てクリアしなければならない規定はない。

上記に加え、2018年度より、補足項目としてクオリティ・スタートを満たすべき事を定めている[13]

歴代受賞者[編集]