沢村栄治賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
賞の由来となった沢村栄治

沢村栄治賞(さわむらえいじしょう)は、その年の日本プロ野球で最も活躍した完投先発投手を対象として贈られる特別賞の一つ。通称「沢村賞」。

読売新聞社は正式名称について創設当初から現在まで一貫して沢村賞としている[1][注釈 1]。一方でNPBの表彰名としては公式に沢村栄治賞としている[3]。沢村賞はリーグごとの公式表彰項目ではなく、NPB全体を対象とした公式の表彰に準ずる特別賞であり、1947年に創設された。受賞者には金杯と副賞として賞金300万円が贈られる。

概要[編集]

1947年読売新聞社戦前のプロ野球黎明期において豪速球投手として名を馳せた沢村栄治の栄誉と功績を称えて制定された。1956年にMLBで創設されたサイ・ヤング賞よりも歴代は古い。また、サイ・ヤング賞は全ての投手が選考対象であるが、沢村賞は先発投手のみが選考対象である[4]

1950年からはセ・リーグのみとし、その年に活躍した完投先発投手から選出される事になった[5]

1981年までは読売新聞社が選考を東京運動記者クラブ部長会に委嘱していたが、同年の西本聖受賞を巡る経緯が物議を醸したことから翌1982年5月14日に同会は沢村賞選考を辞退し、同年から元先発投手のOBを中心とした選考委員会方式に改められ、7項目の選考基準が設けられた[6][7]

1989年からパ・リーグにも選考対象が拡大。

現在はNPBの元先発投手のOBによる沢村賞選考委員会の審議により、7項目の選考基準や補足項目を元に毎年12球団の中から原則1名が選出される。ただし、最終的な判断は選考委員に委ねられており、選考基準項目や補足項目はあくまで参考に過ぎず[注釈 2][注釈 3][注釈 4]、項目外の完封や、選考委員の印象に残った先発投手としての記録達成なども加味される場合がある[10]。基本は話し合いで決められるが、それでも決まらない場合は多数決となる。また、選考委員は原則5名である[11]

選考基準[編集]

選考基準は以下の7項目だが、必ずしも7項目全てクリアしなければならない規定はない。

  • 登板試合数 - 25試合以上
  • 完投試合数 - 10試合以上
  • 勝利数 - 15勝以上
  • 勝率 - 6割以上
  • 投球回数 - 200イニング以上
  • 奪三振 - 150個以上
  • 防御率 - 2.50以下
    • 補足項目として「先発で登板した全試合に占める、投球回数7回で自責点3点以内」というQSに似た独自の基準を選考に含める事になった(2018年から)。

なお1981年までの読売新聞社が東京運動記者クラブ部長会に委嘱した選考会の選考基準としては「20勝以上勝ちと負けの差が10以上防御率2点台以下奪三振率優勝への貢献度」などが挙げられていた[12]

クオリティ・スタートの導入[編集]

近年は投手の分業化が進んで完投試合数が減ってきており、これらの状況を踏まえて、選考委員からも完投試合数について、選考基準の見直しを示唆する声も出てきていた[13][注釈 5] 。また、200投球回達成者がいないシーズンも近年は増えており、これらに対応するために2018年から新たに「沢村賞の基準で定めたクオリティ・スタート(QS)の達成率を含む」が補則項目として加えられた[16]。QSの基準は「先発で登板した全試合に占める、投球回数7回で自責点3点以内」という独自のものとなっている[16]

さらに選考委員の堀内恒夫は、2020年の選考委員会の会見で昨今の情勢を踏まえて、選考基準に関して慎重ながらも将来的に全面的に選考基準を見直す時期に入っている事を述べている[17]

歴代沢村賞受賞者[編集]