沮渠無諱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
拓王 沮渠無諱
北涼
第4代王
王朝 北涼
在位期間 443年 - 444年
都城 高昌
姓・諱 沮渠無諱
諡号 拓王
生年 不詳
没年 承平2年(444年
武宣王
年号 承平 : 443年 - 444年

沮渠 無諱(そきょ むき)は、五胡十六国時代北涼の後継政権である高昌北涼の王。

生涯[編集]

匈奴の支族である盧水胡族の出身。兄の哀王沮渠牧犍の在位中は沙州刺史・都督建康以西諸軍事・領酒泉郡太守に任じられていた。承和7年(439年)、北魏に王都姑臧を攻撃されると哀王は北魏に降伏したが、無諱は酒泉を拠点に勢力を確保した。太平真君2年(441年)にはいったん北魏に降伏して酒泉王に封じられたが、西域での後患を絶つために進軍した北魏の攻撃を退け、弟の沮渠安周を派遣して鄯善を攻撃している。

太平真君3年(442年)、無諱と沮渠安周が会師して鄯善を占拠し、数ヵ月後には高昌に拠って南朝宋に奉表し、都督涼沙河三州諸軍事・征西将軍・涼州刺史・河西王に封じられている。翌443年承平と改元して独立勢力を保った。

承平2年(444年)に死去し、王位は弟の沮渠安周が継承した。