この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

河井克行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

河井 克行
かわい かつゆき
Kawaikatsuyuki.jpg
生年月日 (1963-03-11) 1963年3月11日(57歳)
出生地 日本の旗 広島県三原市[1]
出身校 慶應義塾大学法学部政治学科
現職 衆議院議員
所属政党自由民主党→)
無所属
称号 法学士(慶應義塾大学)
配偶者 河井案里(参議院議員)
公式サイト 衆議院議員 河井克行 公式サイト

日本の旗 第101代 法務大臣
内閣 第4次安倍第2次改造内閣
在任期間 2019年9月11日 - 2019年10月31日

選挙区広島3区→)
比例中国ブロック→)
(広島3区→)
(比例中国ブロック→)
広島3区
当選回数 7回
在任期間 1996年10月21日 - 2000年6月2日
2003年11月10日 - 現職

選挙区 広島市安佐南区選挙区
当選回数 1回
在任期間 1991年4月30日 - 1993年
テンプレートを表示

河井 克行(かわい かつゆき、1963年昭和38年)3月11日 - )とは、日本政治家衆議院議員(7期)、きさらぎ会幹事長

自由民主党総裁外交特別補佐[2]内閣総理大臣補佐官第3次安倍第1次改造内閣)、法務副大臣第1次安倍改造内閣福田康夫内閣)、外務大臣政務官第2次小泉改造内閣第3次小泉内閣)、衆議院外務委員長法務大臣第101代)、広島県議会議員(1期)等を歴任した。

経歴

生い立ち

広島県三原市生まれ[1][3]。三原市は、河井の父と母が出会い結ばれ、河井が生まれて幼稚園年中組まで過ごした古里である[1]。三原市本町、香積寺の下にある六二間の生家は平屋の賃貸で風呂がなく[3]、幼少期の河井は母に手を引かれ銭湯に通っていた[1]

広島市立安小学校広島学院中学校・高等学校を経て、1985年慶應義塾大学法学部政治学科(専攻、東南アジア国際政治)卒業。松下政経塾に入塾(第6期生)[4]した。同級生に、福井県越前市長の奈良俊幸がいる。1988年アメリカオハイオ州デイトン市行政管理予算局国際行政研修生となる。1990年、松下政経塾を卒塾し、出身地である広島県に帰郷。

広島県議会議員

1991年広島県議会議員選挙に広島市安佐南区選挙区から立候補し、初当選した。

衆議院議員

2001年に結婚した河井案里
2013年6月撮影
2017年ワシントンD.C.にて自民党総裁外交特別補佐としてタミー・ダックワース民主党上院議員と会談する河井

衆議院の旧広島1区は定数3のうち自民党が2議席占めていたが、1993年第40回衆議院議員総選挙に際し、岸田文武は前年に死去、粟屋敏信新生党に移った。党は岸田文武の息子の岸田文雄と河井の2人に公認を出すも、岸田はトップ当選、河井は候補者8人中6位で落選した。

1996年第41回衆議院議員総選挙広島3区から自民党公認で立候補し、新進党新人の増原義剛らを破り、初当選した。

2000年6月の第42回衆議院議員総選挙では、前回の選挙で破った無所属増原義剛に敗れ、比例復活もならず落選。支援者から「最大の敗因は独身であること」と指摘され、気落ちしているときに知人から、科学技術振興事業団(現、科学技術振興機構)に勤務していた河井案里(当時の姓は前田)を紹介される。東京で紹介者をまじえて夕食をともにし、2次会で赤坂のスナックに行った。「天城越え」を歌う案里を見初め、その日のうちに交際が決まった[5]。2001年に結婚[6][7]

増原がその後自民党に入党したため、以後2009年第45回衆議院議員総選挙まではコスタリカ方式が採られ、河井、増原が交互に比例中国ブロック、広島3区から立候補する構図が続く。2003年第43回衆議院議員総選挙では比例中国ブロック単独2位で立候補し、3年ぶりに国政に復帰した。2004年第2次小泉改造内閣外務大臣政務官に任命され、第3次小泉内閣まで務める。

2007年第1次安倍改造内閣法務副大臣に任命され、福田康夫内閣まで務める。2009年第45回衆議院議員総選挙に比例中国ブロック単独3位で立候補し、4選。2011年6月、鳩山邦夫を中心に結成された「きさらぎ会」に参加し、同会幹事長を務める[8]

2012年9月の自由民主党総裁選挙では安倍晋三を支持し、安倍の推薦人に名を連ねた[9]

2012年第46回衆議院議員総選挙では、広島3区で民主党前職の橋本博明を比例復活すら許さない大差で破り、5選。選挙後の第182回国会において、衆議院外務委員長に起用された。2014年第47回衆議院議員総選挙では、民主党元職の橋本に前回よりも票差を縮められたものの、橋本に比例復活を許さず、6選。2015年第3次安倍第1次改造内閣内閣総理大臣補佐官(ふるさとづくり推進及び文化外交担当)に任命された。2017年第48回衆議院議員総選挙では、7選。

2019年7月の第25回参議院議員通常選挙に妻の河井案里が立候補。案里と河井は、自民党から支給された多額の資金(のちに1億5千万円と判明[10])を元手に、「選対本部長を置かず、候補者が有権者と直接結び付く『草の根』選挙」(河井の弁)戦を展開。案里は5期現職の溝手顕正を追い落とし、初出馬初当選を果たした[11]

同年9月11日、第4次安倍第2次改造内閣法務大臣として初入閣。

同年10月31日、参院選の案里の選挙運動に関して、選挙スタッフに法定の上限額を超える報酬を渡していたとされる公職選挙法違反疑惑を「週刊文春」で報じられたことを受け、安倍晋三首相に法務大臣の辞表を提出し、受理された(後任は森雅子[12]

事件発覚後、河井と妻は公の場からそろって姿を消し、第200回国会(2019年12月9日まで)および各委員会を欠席し続けた[13]

同年3月3日、広島地検は河井の政策担当秘書、案里の公設秘書、陣営幹部の3人を公職選挙法違反(買収)の疑いで逮捕した[14]。24日、夫妻の秘書2人を同法違反の罪で起訴した[15]

6月16日、広島地裁が案里の公設秘書に公職選挙法違反(買収)の罪で懲役1年6ヶ月執行猶予5年の有罪判決を言い渡した[16]。翌17日、案里と共に自民党に離党届を提出し受理された[17][18]

6月18日、広島県内の地方議員や首長ら94人に投票や票の取りまとめを依頼し、計約2,570万円の報酬を渡したとして、妻の案里と共に東京地検特捜部によって逮捕された[19][20]

7月8日、公職選挙法違反(買収)の罪で妻の案里と共に起訴された[21]。同月9日、保釈を請求するも却下[22][23]

選挙、役職

活動、主張

防衛政策

北朝鮮や中国の弾道ミサイルの脅威への抑止力のためのミサイル防衛(MD)に関する日米協力強化を目的とする超党派議連「日米同盟コーカス」に所属している[27]。2015年10月には長島昭久松野頼久とともに訪米し、米下院軍事委員会戦略軍小委員会のメンバーと共同で作業部会を立ち上げた[28]

2017年3月の「ハドソン研究所」における講演では、北朝鮮について「経済的に北朝鮮を支えているのは中国だ」とし、北朝鮮に自制を求めるため中国が影響力を行使する必要があると述べた。また韓国大統領選挙について「韓国の次の政権が日米韓3か国の連携の重要性を十分理解することを期待している」と述べ、情勢を注視していくとしている[29]

さらに、河井は核やミサイルの開発を加速させる北朝鮮に対し「圧力を強める時だ」と指摘した上で自衛隊による中距離弾道ミサイルなどの保有を検討すべきだという考えを示した。河井は、北朝鮮による弾道ミサイルの発射や6回目の核実験について「全く容認できない」と非難し、「今は対話でなく、圧力を強める時だ」「われわれは日本を取り巻く安全保障環境がこれまでとは決定的に異なる次元に移った現実を直視しなければならない」と述べた[30]

中国による南シナ海進出に関しては、2016年12月11日にワシントンにおけるコーカー上院議員との会談で”中国による南シナ海の人工島の軍事拠点化を止めるためには米軍の航行の自由作戦だけでは不十分”で「それだけでは今の軍事化を止めることができない」と述べた。さらにコーカー議員に対して「南シナ海情勢の悪化は、米国の国家安全保障そのものにも甚大な危機をもたらす」と伝えている[31]

科学技術政策

2008年5月に成立した宇宙基本法に宇宙平和利用決議等検討小委員会の委員長代理として関わり、草案を作成。草案は公明党や民主党との協議を経て、多少の修正はありつつも大筋で合意された[32][33]

法務政策

「法曹養成と法曹人口を考える国会議員の会」の事務局長を務めており、法曹人口増員計画の見直しを主張している[34]

地方創生

2014年の広島県豪雨被害を受け、土砂災害防止法の改正を検討する作業部会の座長として土砂災害防止法の改正を中心的に取り組んだと述べている[35]

内閣総理大臣補佐官として

日経新聞は2016年に河井を「安倍晋三総理を支える5人衆」の一人として、長谷川栄一内閣広報官、衛藤晟一補佐官、柴山昌彦補佐官、和泉洋人補佐官と共に挙げている。同紙は河井を「文化外交担当。米議会などに人脈がある」とした上で「今年に入り米国、イラン、ケニアなど10か国を訪問」し、「安倍総理が本当に考えていることを要人に伝え、率直な感想を聞いて持ち帰ることが仕事だ」としている[36]

日米同盟

2016年10月にアメリカ大統領選挙中に渡米し、候補のクリントンとトランプにそれぞれ近いとされる元議員や元政府高官などの民主・共和党の関係者と会談を行い「安倍首相は再交渉しない」「安倍首相は今の臨時国会でTPPが承認されるよう全力を挙げている」と述べた[37]

ドナルド・トランプ2016年アメリカ合衆国大統領選挙で勝利し、次期大統領に決まると、安倍晋三総理の特命で米国に派遣され[38]、日米安保やTPP(環太平洋パートナーシップ)などの交渉を行った[39]。さらに、ワシントンでは、政権移行チームのニューネス下院議員と会談した[40]

2017年1月4日トランプ次期アメリカ大統領の政権移行チーム幹部であるコリンズ下院議員とワシントンで会談。その後、記者会見で就任後早期に日米首脳会談を実施することで合意したと伝えた[41]

2017年1月には、慰安婦問題に関する日韓合意に関して、米国に説明するために安倍首相の特使としてワシントンに派遣された[42]

山口敬之によれば、河井は総理補佐官就任前、「議員外交」を入り口にして15回に上る訪米を行った[43]

アジア(インド太平洋地域)

2015年11月2日~6日豪州に派遣され、中国の南シナ海進出を念頭にシノディス官房長官、ビショップ外相と会談、「インド太平洋地域の平和と安定に向け、戦略的で特別なパートナーシップが重要」という認識で一致した[44]

フィリピンでロドリゴ・ドゥテルテが大統領に就任した際には、総理親書をもってフィリピンへ派遣された[45]2016年12月にフィリピンを訪問しドゥテルテ大統領と会談している[46]

河井は、12月21日付『夕刊フジ』において、米国の中国への対応について、中国を『戦略的競争相手』として「中国の脅威をはっきり盛り込んでいる」として、中国への風当たりが今後強くなることを予測している[47]

欧州

河井は、英国で親中派として知られるオズボーン財務相が就任すると、特使として派遣され、対中傾斜への懸念を示した。会談後の記者との会見で「日英関係の戦略的な重要性で一致した」と述べた[48]。さらに東アジアの安全保障状況について、南シナ海への中国の進出を念頭に「法の支配の徹底」にむけた連携強化をしたいとした[49]

2016年7月24日~30日まで英国、ドイツ・フランス・イタリアを訪問。イタリアではイタリア政府のほかに、バチカン市国のカミレリ財務次官と会談。河井は法王フランシスコの早期来日を要請し、カミレリは「来年の訪日を真剣に検討したい」と応じた[50]

アフリカ

2016年1月28日~2月3日まで「アフリカ連合総会」に出席し出席した16か国のの首脳を会談を行った[51]

2016年5月8日~13日でアフリカのガーナ・ケニアを訪問。ガーナではマハマ大統領に総理大臣の親書を手渡し、ケニアでは内閣府の「アフリカ経済戦略会議議長代行」としてルト副大統領とモンバサ港地域の経済協力について会談した[52]

中近東

2016年2月14日~20日、イランへ派遣された。これはイランの核開発計画に対して、米国などの6か国が合意した「包括的行動行動計画」の履行日に際し、経済協力が再開されるための訪問で、ヴェラヤティ最高指導者外交顧問[53]や、ザリーフ外務大臣[54]と会談した。

2017年4月のシリア情勢の変化に対して、河井は特使としてトルコ、アラブ首長国連邦、エジプトに派遣された。トルコではエルドアン大統領に安倍首相の親書を手渡した上で、政府関係者と意見交換を行う[55]

法務大臣として

  • 児童虐待防止に向け関連部局のメンバーを入れた検討会を立ち上げるよう指示し、数カ月以内に防止策の方向性を定めるとしている[56]
  • 国外退去を命じられた外国人が出国を拒み、施設に長期間収容されている問題で、健康上の問題などで一時的に釈放されたあと行方がわからなくなるケースが増えていることについて、「出入国管理体制の根幹を脅かし、社会秩序や治安にも影響を与えかねない」と述べ、必要な対策の検討を急ぐ考えを示した[57]
  • 2019年10月10日夜、在留外国人に対し、大型で非常に強い令和元年東日本台風(台風19号)への注意を英語で呼びかける動画を公開した。台風は12~13日に近畿から東日本に接近するとみられ、河井は「最大限の警戒をしてほしい」と話し、観光庁が監修した災害時情報提供アプリ「Safety tips」が英語韓国語中国語ベトナム語など11カ国に対応していることも紹介し、スマートフォンダウンロードして情報を収集するよう呼びかけた[58]。12日朝までに視聴が1万回を超えた、河井は「より多くの外国人に見てほしい」と動画の拡散を訴えている[59]

人物

人柄

  • 2016年、秘書へのパワハラ疑惑を報じられた際、広島市の小学校時代の後輩が取材に対し「河井先輩のアダ名はスネ夫。実家は薬局経営の裕福な家庭で事あるごとに、僕と君らでは育ちが違うみたいなことを言う嫌みなヤツだった。当然、皆から嫌われていた」とコメントしている[3][60]
  • 2018年2月、出身地の三原市を訪れ、50年ぶりに三原神明市に参加した[1]。河井が生家の隣の大家に声を掛けたところ、大家は「昨日のことのようによく覚えていた」という[1]
  • 大のアライグマ好きで、アライグマのグッズを収集している。ブログのタイトルは「あらいぐまのつぶやき」、LINEのアカウント名は「あらいぐま」である[61][62][63]
  • ゲームマニアでもあり、LINEバブルはプロの腕前を誇る[64]

親交

  • 安倍晋三の信奉者として知られている。自身のウェブサイトに掲載する活動報告「月刊 河井克行」で、首相との関係の深さを繰り返し強調している[65]。2016年盛夏号では、安倍が山形県の農家を訪れた際に進行役を務めたことをPR[66]。 同年錦秋号には、安倍とともにケニア共和国に向かう写真を表紙に掲載[67]。2017年新春号には、安倍らとともにこぶしを突き出して気勢を上げる写真を掲載[68]。2018年早春号では、安倍から「今後は私の特命に基づいた議員外交を党において行うように」と命じられ、新設ポストの自民党総裁外交特別補佐に登用されたとつづった[69]
  • 月刊Hanada」2018年7月号が「総力大特集 安倍政権はなぜ強い」という特集を組んだ際、「安倍総理こそノーベル平和賞だ」と題する文章を寄稿した。その中で「北朝鮮のしたたかさ、嘘と欺きの歴史、騙しの手口を、官僚が作った紙ではなく、衆議院議員に初当選した二十五年前からの実体験に基づいて詳しく解説できるのは、世界中で安倍総理しかいません」と述べ、安倍晋三の平和実現への寄与を詳しく解説した[70]
  • 鳩山邦夫の側近の一人であり、鳩山が設立した派閥横断型の政策グループ「きさらぎ会」の会合に定期的に参加している。「きさらぎ会」では、幹事長を務めている[71]

家族

不祥事

参院選における公選法違反疑惑問題

2019年10月31日、参院選の案里の選挙運動に関して、選挙スタッフに法定の上限額を超える報酬を渡していたとされる公職選挙法違反疑惑を「週刊文春」で報じられたことを受け、安倍晋三首相に法務大臣の辞表を提出し、受理された(後任は森雅子[12]。11月27日、神戸学院大学上脇博之教授ら11人は公選法違反の罪で河井夫妻らに対する告発状を広島地検に提出した[77]

事件発覚後、河井と妻は公の場からそろって姿を消し、第200回国会(2019年12月9日まで)および各委員会を欠席し続けた[13]

2020年1月15日、広島地検は河井夫妻の事務所を家宅捜索した[78]。河井夫妻は同日深夜に記者団の取材に応じた[79]。いずれも謝罪したが、議員辞職、離党については否定した[79]。同年1月23日、前年7月の参院選の公示前、自民党本部から案里が支部長を務める「広島県参議院選挙区第七支部」に対し7,500万円、克行が支部長を務める「広島県第三選挙区支部」に対し7,500万円、あわせて1億5千万円の入金があったことが明らかとなった。落選した溝手顕正が支部長を務める「広島県参議院選挙区第二支部」に対しては、党本部からの入金は1,500万円にとどまり、10倍の開きがあった。党本部が案里陣営に肩入れした実態が浮き彫りになった[10]。選挙資金の入金先と入金時期は以下のとおり[80]

自民党本部から提供された資金(★は政党交付金が原資)
広島県参議院選挙区第七支部
(支部長:河井案里)
広島県第三選挙区支部
(支部長:河井克行)
4月15日 1,500万円★
5月20日 3,000万円★
6月10日 3,000万円★ 4,500万円★
6月27日 3,000万円
7,500万円 7,500万円

同年3月3日、広島地検は河井の政策担当秘書、案里の公設秘書、陣営幹部の3人を公職選挙法違反(買収)の疑いで逮捕した[14][81]。24日、夫妻の秘書2人を同法違反の罪で起訴した[15]。‬案里の公設秘書は河井の選挙への関与について「あらゆる場面で指示をして仕切っていた」と供述した[82]。案里は複数の党幹部に電話し「ご迷惑をお掛けしている」と陳謝した[81]。東京・永田町の議員会館でも河井夫妻の事務所の家宅捜索が6時間半にわたって行われた。その後、夫妻は「桜を見る会」前夜祭の舞台となったホテルニューオータニ東京のガーデンタワー棟に移動したが、その深夜に検察官10数人が令状を持って室内に入り、携帯電話を押収した。その際に、検察官から「着ているものを調べさせてもらう」といわれたため、案里は自ら全裸になり、多層構造になっている生理用品までめくって中を見せた。克行は「弁護士に相談したい」と言ったが、「裁判所からの差し押さえ令状があるから、その必要はない」「逮捕するわけではないから、弁護士を呼ぶ権利はない。法務大臣だったくせにそんなことも知らないのか」と一喝された[83]

同年3月29日、河井が広島市議会議員に現金数十万円が入った封筒を手渡していたことが明らかとなった(時期は2019年5~6月頃)[84]。3月31日、河井が三原市長の天満祥典と大竹市長の入山欣郎にも現金が入った封筒を配り歩いていたことが発覚した[85][86]。4月1日、安芸太田町長の小坂眞治が河井から現金20万円入りの封筒を受け取ったと取材に証言した[87]。4月3日、元廿日市市長の眞野勝弘が市長在任中に現金を受け取った可能性があるとして広島地検から任意聴取を受けていたことが明らかとなった。眞野は携帯電話などを押収された[88]。4月7日、小坂は町議会の議長宛てに辞職願を提出し、受理された[89]。4月9日、広島地検は檜山俊宏県議と渡辺典子県議の事務所や自宅を公職選挙法違反の疑いで家宅捜索した[90]。4月14日、参院選前に案里の後援会幹部に電話作戦を依頼し、10万円入りの封筒を手渡していたことが明らかとなった[91]。4月23日、広島地検は元広島市議会議長の平野博昭と息子を任意聴取し、家宅捜索した[92]。4月24日、廿日市市議会の元議長の市議に「案里をよろしくお願いします」と伝えた後、現金20万円を渡していたことが明らかとなった[93]。4月28日、広島地検は広島県議3人の議員控室を家宅捜索した[94]

同年5月13日、広島地検が克行を公選法違反容疑で立件する方針を固めたことが明らかとなった[95]

6月16日、妻の案里と共に離党届を提出し受理された[96]

6月18日、広島県内の地方議員や首長ら94人に投票や票の取りまとめを依頼し、計約2,570万円の報酬を渡したとして、妻の案里と共に東京地検特捜部によって逮捕された[19][20]

報道されている「お金を受け取ったとされる地元政治家リスト」は以下の通り。[97]

名前 金額(円) 時期(頃)       受け取り塌所
岡崎哲夫 300,000 平成31年3月下旬 選挙事務所
平本徹 300,000 平成31年4月上旬 平本徹方
下原康充 500,000 平成31年4月上旬 選挙事務所
奧原信也 500,000 令和元年5月下句 後援会事務所
胡子雅信 100,000 令和元年6月中旬 大柿市民センター
海徳裕志 300,000 平成31年3月下句 選挙事務所
八軒幹夫 300,000 平成31年3月下旬 議員事務所
藤田博之 500,000 平成31年3月下旬 議員事務所
宮本裕之 200,000 平成31年3月下句 宮本裕之方
矢立孝彦 200,000 平成31年3月下旬 矢立孝彦方
今田良治 300,000 平成31年3月下句 後援会事務所
先川和幸 200,000 平成31年3月下旬 安芸高田市議会議長室
天満祥典 500,000 平成31年3月下旬 三原湾港ビル
水戸眞悟 100,000 平成31年3月下旬 安芸高田市議会副議長室
宮本新八 300,000 平成31年3月下旬 後援会事務所
児玉浩 300,000 平成31年3月下旬 選挙事務所
木山徳和 300,000 平成31年3月下旬 選挙事務所
児玉光禎 300,000 平成31年3月下旬 児玉光禎方
豊島岩白 300,000 平成31年3月下旬 議員事務所
奥原信也 500,000 平成31年4月上旬 後援会事務所
三宅正明 300,000 平成31年4月上句 後援会瀬野連絡所
山下智之 300,000 平成31年4月上旬 山下招之方
木戸経康 300,000 平成31年4月上旬 選挙事務所
窪田泰久 300,000 平成31年4月上旬 後援会事務所
谷口修 500,000 平成31年4月上旬 谷口修方
伊藤昭善 300,000 平成31年4月上句 議員事務所前駐車場
沖井純 500,000 平成31年4月中旬 議員事務所
沖宗正明 300,000 平成31年4月中旬 後援会事務所
仁井田和之 200,000 平成31年4月中旬 自宅兼事務所
高山博州 300,000 平成31年4月中旬 議員事務所
平本英司 300,000 平成31年4月中句 後援会事務所
小坂眞治 200,000 平成31竿4月中旬 小坂眞治方
砂原克規 200,000 令和元年5月上句 議員事務所
繁政秀子 300,000 令和元年5月中旬 河井案里選挙事務所
宮本新八 200,000 令和元年5月下旬 北広居町商工会
石橋竜史 300,000 令和元年5月下旬 河井克行事務所
児玉浩 300,000 令和元年5月下旬 駐車場に駐車中の自動車内
渡辺典子 200,000 令和元年5月下句 駐車場に駐里中の自動室内
伊藤照善 200,000 令和元年6月上旬 駐車場に駐車中の自動車内
今田良治 200,000 令和元年6月上旬 後援会事務所
沖宗正明 200,000 令和元年6月上旬 沖宗正明方
海徳裕志 200,000 令和元年6月上旬 議員事務所
砂原克規 300,000 令和元年6月上旬 議員事務所
藤田博之 200,000 令和元年6月上旬 讓員事務所
三宅正明 200,000 令和元年6月上旬 議員事務所
天満祥典 1,000,000 令和元年6月上句 飲食店内
岡崎哲夫 200,000 令和元年6月上旬 後援会事務所
豊島岩白 200,000 令和元年6月上旬 議員事務所
青原敏治 100,000 令和元年6月上旬 青原敏治方
八軒幹夫 200,000 令和元年6月上旬 議員事務所
佐藤一直 300,000 令和元年6月中旬 河井案里選挙事務所
奥原信也 1,000,000 令和元年6月下旬 後援会事務所
藤田俊雄 100,000 令和元年6月下旬 藤田俊雄方前路上
杉原孝一郎 300,000 令和元年7月上旬 杉原孝一郎方
土并正純 300,000 令和元年7月中旬 河井案里選挙事務所

7月8日、公職選挙法違反(買収)の罪で妻の案里と共に起訴された[21]。同月9日、保釈を請求[22]

対立女性候補を尾行

2018年、河井は警察出身の男性に探偵業さながら、選挙区で対立する塩村文夏の金銭問題や男性関係の調査を依頼し、三ヶ月で約70万円の報酬を男性に支払っていたと報道されている。その男性は塩村を実際に尾行するなどしてという。その男性に対しての支払いは河井の政治団体「日本の夢創造機構」から横浜のコンサルタント会社を通して支払われていたとその男性は証言しているという。[98]

秘書給与ピンハネ疑惑

日刊ゲンダイが「自民代議士の秘書給与ピンハネ疑惑」という見出しで、河井事務所が支援者を公設秘書として登録していながらも給与を渡さずにピンハネしていたと報じた。河井側は「登録している3人の秘書は実働しており、給与はそのまま本人らに支払われている」として名誉棄損で日刊ゲンダイを刑事告訴した[99]

秘書への暴行

2016年、河井が元秘書兼運転手に暴行を働いたとして刑事告訴されていたことが明らかになった[100][101]。元秘書はハンドルを握る左腕を革靴で蹴りつけられ、全治14日間の大ケガをしたされる。

スピード違反の揉み消し疑惑

週刊文春によると、2019年の参院選をめぐるトラブル以前から、河井が秘書にスピード違反や、高速道路で極度に車間距離を詰める「あおり運転」を命じているといった情報が度々寄せられてきた。また、秘書や事務所スタッフへのパワハラなどもしばしばあったといわれており、かつての秘書は「克行氏のパワハラは特に車中でひどかった。私は運転手を兼ねた秘書をしていましたが、とにかく、車に乗ると些細なことで一日中怒られます。」と証言している。この秘書は運転中の秘書と河井のやり取りを録音していたが、雪が舞う真冬のある日、広島の県北へ向かう中国自動車道では以下のようなやり取りがおさめられている[102]

河井「もうちょっと速く行って。だいたい100キロくらいでいってよ。(中略)今、何キロ?」

秘書「108キロです」

河井「100か110の間くらいで。それが一番いいよ」

秘書「規制は今日、50になってますけど」

河井「ふーん」

その後ももっと速度を出すように指示を出したり、「(前の車との距離を)詰めなさいって、だから車線を。怖くないから」、「ほんと頑固だね、君は。頭柔らかくしろ、頭柔らかく。自分のやり方ばっかりじゃないか、運転一つとっても。よくわかりますよ、人の言うこと聞かない」と叱ったりした[103]。この他にも、法務大臣就任後も地元選挙区で行われた北広島町のイベントに出席するため、運転手に80キロ制限の高速道路を60キロオーバーの140キロで走行させたという。警護した広島県警の後続車両は、140キロで走行した河井の車を追いかけたが、事務所に注意を促す電話を入れただけで、道路交通法違反で検挙しなかったという[104]

2005年衆院選における現金持参疑い

2005年のいわゆる郵政解散に伴う衆議院議員選挙投開票前に、克行が出馬した地元市議に現金を持参した疑いのあることが2020年6月24日、分かった。元市議が証言したと伝えられた[105]

新聞社によるアンケートへの回答

所属団体、議員連盟

著書

脚注

[脚注の使い方]

注釈

出典

  1. ^ a b c d e f 五十年ぶりに三原の神明市へ(2018年2月13日)河井克行オフィシャルブログ「あらいぐまのつぶやき」。2019年12月30日閲覧。
  2. ^ 河井克行FBページ
  3. ^ a b c ジャーナリスト片岡 健、現金配布の河井前法相、「誰も知らない」過去 風呂無し六畳二間で暮らした幼少期(2020年4月23日)、Net IB News公式サイト。
  4. ^ a b c d 河井克行プロフィール|松下政経塾
  5. ^ みわちゃんねる突撃永田町!! 第45回 河合克行 議員。2007年。
  6. ^ 河井克行オフィシャルブログ「あらいぐまのつぶやき」「今日は家内の誕生日」Powered by Ameba”. 河井克行 (2016年9月23日). 2019年8月1日閲覧。
  7. ^ 週刊文春2019年11月7日号(10月31日発売)p24. 2019年11月5日閲覧。
  8. ^ “鳩山邦夫氏の「きさらぎ会」、100人突破の勢い!? ”. 産経新聞. (2014年6月18日). http://www.sankei.com/politics/news/140618/plt1406180033-n1.html 2015年11月15日閲覧。 
  9. ^ “自民党総裁選推薦人の一覧”. 日本経済新聞 電子版 (日本経済新聞社). (2014年9月14日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS14015_U2A910C1EB1000/ 2015年1月10日閲覧。 
  10. ^ a b “河井議員夫妻側に1億5千万円 自民党本部、昨年7月参院選前”. 信濃毎日新聞. https://www.shinmai.co.jp/news/world/article.php?date=20200123&id=2020012301001281 2020年1月23日閲覧。 
  11. ^ 皆さま、ご支援を本当にありがとうございました!”. 河井克行オフィシャルブログ「あらいぐまのつぶやき」 (2019年7月22日). 2020年3月25日閲覧。
  12. ^ a b 河井法相が辞表を提出 妻陣営の公選法違反疑惑で - 産経ニュース 2019年10月31日
  13. ^ a b 境信重、河野揚、木原由維. “河井夫妻、続く国会欠席 疑惑の説明なく1カ月”. www.chugoku-np.co.jp. 2019年12月6日閲覧。
  14. ^ a b “河井夫妻の秘書ら3人を逮捕 参院選運動員買収容疑”. 日本経済新聞電子版 (朝日新聞). (2020年3月3日). https://www.asahi.com/amp/articles/ASN333SWZN33PTIL003.html 2020年3月4日閲覧。 
  15. ^ a b 河井案里氏の秘書、連座制適用視野に起訴 広島地検” (日本語). 日本経済新聞. 2020年3月24日閲覧。
  16. ^ “河井案里氏秘書に有罪判決 連座制適用対象の量刑判断”. 朝日新聞. (2020年6月16日). https://www.asahi.com/amp/articles/ASN6J4H50N6DPITB016.html 
  17. ^ “河井夫妻、自民党に離党届提出 案里氏秘書に懲役刑判決”. 朝日新聞. (2020年6月17日). https://www.asahi.com/amp/articles/ASN6K3C93N6KUTFK004.html 2017年6月18日閲覧。 
  18. ^ “自民、河井夫妻の離党届受理”. 朝日新聞. (2020年6月17日). https://r.nikkei.com/article/DGXMZO60452420X10C20A6CC1000 2017年6月18日閲覧。 
  19. ^ a b “河井前法相、案里議員を逮捕 参院選での買収の疑い 東京地検”. NHKニュース. (2020年6月18日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200618/k10012474891000.html 2020年6月18日閲覧。 
  20. ^ a b “河井前法相夫妻を逮捕 参院選巡り買収の疑い 検察当局、94人に2570万円”. 中国新聞. (2020年6月19日). https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=653716&comment_sub_id=0&category_id=256 2020年6月22日閲覧。 
  21. ^ a b “河井前法相夫妻、買収罪で起訴 東京地検、「百日裁判」で審理へ”. 47NEWS. 共同通信. (2020年7月8日). https://www.47news.jp/news/4991992.html 2020年7月8日閲覧。 
  22. ^ a b “前法相の河井被告が保釈請求 買収目的の資金提供を否認 / 河井夫妻の公選法違反事件”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2020年7月9日). https://www.asahi.com/articles/ASN794K88N78UTIL06J.html 2020年7月9日閲覧。 
  23. ^ https://mainichi.jp/articles/20200715/k00/00m/040/273000c
  24. ^ プロフィール”. 河井克行 公式サイト. 2017年8月17日閲覧。
  25. ^ 内閣改造 法相に河井克行氏内定 初入閣”. NHK news web. 2019年9月10日閲覧。
  26. ^ “河井法相が安倍首相に辞表提出”. NHK. (2019年10月31日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191031/k10012157951000.html 2019年10月31日閲覧。 
  27. ^ “日米議員がミサイル防衛で作業部会発足”. 産経新聞. (2015年3月25日). http://www.sankei.com/world/news/150325/wor1503250068-n1.html 
  28. ^ “日米議員がミサイル防衛作業部会を発足”. 産経新聞. (2015年5月1日). http://www.sankei.com/politics/news/150501/plt1505010012-n1.html 
  29. ^ http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170316/k10010913171000.html
  30. ^ NHKニュース 訪米中の自民 河井氏 自衛隊のミサイル保有検討の考えを強調 9月14日 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20170914/k10011138671000.html
  31. ^ 中国新聞 2016年12月13日
  32. ^ 大航海時代 第6号(2008年9月号) - 河井克行を育てる会 (PDF) - 河井克行公式サイト、2016年10月24日閲覧。
  33. ^ 日本経団連2008年度事業報告:委員会等の活動 【特別委員会等】 - 2016年10月24日閲覧。
  34. ^ “「法曹人口、現状維持を」増員計画見直し提言 日弁連”. asahi.com (朝日新聞社). (2009年3月19日). オリジナルの2009年3月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090323061634/http://www.asahi.com/national/update/0319/TKY200903190340.html 
  35. ^ “土砂災害防止法、改正へ作業部会 自民”. 日本経済新聞 電子版. (日本経済新聞社). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS27H0Y_X20C14A8PP8000/ 2016年10月24日閲覧。 
  36. ^ 日経新聞 2016年6月17日「首相を支える黒子5人衆 補佐官、実務重視の助言役」
  37. ^ ““日本はTPP再交渉に応じず” 米の両党に伝える”. NHK NEWS WEB (日本放送協会). (2016年10月7日). オリジナルの2016年10月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161007033034/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161007/k10010721031000.html 
  38. ^ 2016.11.9産経新聞
  39. ^ NHK newsweb 政府 トランプ氏と緊密な関係構築へ全力挙げる - 2016年11月9日閲覧。
  40. ^ 日本経済新聞 11月17日
  41. ^ http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM05H1D_V00C17A1EAF000/ 日経新聞 2017年1月5日
  42. ^ 産経新聞2017年1月7日
  43. ^ 山口敬之著『暗闘』幻冬舎刊 106頁
  44. ^ 2015年11月6日 日経新聞
  45. ^ 夕刊フジ 10月29日 風雲永田町
  46. ^ 2016年12月13日 読売新聞
  47. ^ 2017年12月21日 夕刊フジ
  48. ^ 2016年12月4日 読売新聞「親中派英財務省にクギ」
  49. ^ 2015年11月26日 産経新聞「河井補佐官訪英、財務相と会談へ
  50. ^ 産経新聞 2016年7月30日「法王 来年訪日か 広島訪問に期待の声」
  51. ^ エチオピアン・ヘラルド紙 1月30日「Japan donates 2.17 mln USD in humanitarian aid」
  52. ^ 内閣府「河井内閣総理大臣補佐官(アフリカ経済戦略会議議長代行)のアフリカ訪問
  53. ^ テヘランタイムズ 2016年2月18日「Teheran prioritizes ties with Japan」
  54. ^ イラン・ニューズ2016年2月18日「Japan Seeks Cooperation with Lran in Oil」
  55. ^ http://www.sankei.com/politics/news/170414/plt1704140036-n1.html 産経新聞 2017年4月14日
  56. ^ “児童虐待、数カ月以内に防止策=全省で検討-河井法相”. 時事通信. (2019年9月30日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019093000125&g=soc 
  57. ^ 日本放送協会. “国外退去拒む外国人の長期収容問題「必要な対策検討急ぐ」法相”. NHKニュース. 2019年10月3日閲覧。
  58. ^ 河井法相、英語で台風19号の注意喚起、動画をアップ”. 産経新聞. 2019年10月11日閲覧。
  59. ^ “台風警戒、英語で呼び掛け=外国人向け動画、視聴1万回超-河井法相”. 時事通信. (2019年10月12日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019101200341&g=wth 
  60. ^ 2020.6.18 JBpress
  61. ^ 「あらいぐま」LINE、指示次々 遊説「経路考えて」:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年6月17日閲覧。
  62. ^ 河井克行オフィシャルブログ「あらいぐまのつぶやき」Powered by Ameba”. ameblo.jp. 2020年6月17日閲覧。
  63. ^ “「あらいぐま」LINE、指示次々 遊説「経路考えて」”. 朝日新聞. (2020年3月18日). https://www.asahi.com/articles/ASN3K7KCTN3KPTIL030.html 2020年6月23日閲覧。 
  64. ^ 秘書暴行疑惑報道の首相補佐官に「LINEゲーム中毒」疑惑” (日本語). ライブドアニュース. 2020年6月17日閲覧。
  65. ^ “首相重用、河井夫妻も「お友達」?”. 中日新聞. (2020年6月20日). https://www.chunichi.co.jp/article/75768 2020年6月23日閲覧。 
  66. ^ 月刊 河井克行 2016年盛夏号 (PDF)”. 河井克行事務所. 2020年6月23日閲覧。
  67. ^ 月刊 河井克行 2016年錦秋号 (PDF)”. 河井克行事務所. 2020年6月23日閲覧。
  68. ^ 月刊 河井克行 2017年新春号 (PDF)”. 河井克行事務所. 2020年6月23日閲覧。
  69. ^ 月刊 河井克行 2018年早春号 (PDF)”. 河井克行事務所. 2020年6月23日閲覧。
  70. ^ 月刊 Hanada 2018年7月号 (2018年05月26日発売) 総力大特集「安倍政権はなぜ強い」。米朝会談も徹底分析!
  71. ^ “故鳩山邦夫氏の「きさらぎ会」が活動継続へ 塩崎恭久厚労相らの集団指導態勢に”. 産経ニュース (産経新聞). (2016年7月25日). http://www.sankei.com/politics/news/160724/plt1607240028-n1.html 2016年10月1日閲覧。 
  72. ^ 河井 案里議員 - 広島県ホームページ
  73. ^ 河井あんり公式サイト
  74. ^ 内閣総理大臣補佐官 河井 克行(かわい かつゆき)第3次安倍改造内閣 内閣総理大臣補佐官名簿 総理大臣 - 首相官邸ホームページ
  75. ^ 広島県知事選、新人5人が立候補 11月8日に投開票 - 中国新聞 2009年10月22日
  76. ^ 自民の河井案里氏が初当選、溝手顕正氏は落選 : 選挙、世論調査”. 読売新聞オンライン (2019年7月22日). 2019年7月22日閲覧。
  77. ^ “河井前法相夫妻を告発へ 大学教授ら11人”. 産経新聞. (2019年11月26日). https://www.sankei.com/affairs/news/191126/afr1911260048-n1.html 2019年12月18日閲覧。 
  78. ^ “河井前法相の事務所捜索 公選法違反容疑 案里氏事務所も”. 東京新聞. (2020年1月15日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202001/CK2020011502000278.html 2020年1月15日閲覧。 
  79. ^ a b “河井案里氏公設秘書を聴取 公選法違反事件で広島地検 運動員に倍額報酬疑い”. 日本経済新聞電子版 (日本経済新聞社). (2020年1月17日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54504750X10C20A1AC1000/ 2020年1月20日閲覧。 
  80. ^ “1億2000万円は政党交付金 河井夫妻側支部への党提供資金、報告書に使途示さず”. 中国新聞. (2020年6月21日). https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=654552&comment_sub_id=0&category_id=256 2020年6月23日閲覧。 
  81. ^ a b “河井夫妻秘書ら3人逮捕 地検、19年参院選の買収容疑”. 日本経済新聞電子版 (日本経済新聞社). (2020年3月3日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56308530T00C20A3AC1000/ 2020年3月3日閲覧。 
  82. ^ “「河井克行議員が選挙主導」買収で起訴の案里氏秘書供述”. 朝日新聞. (2020年3月25日). https://www.asahi.com/articles/ASN3S6V8VN3SPTIL01D.html 2020年3月25日閲覧。 
  83. ^ 河井案里“衝撃証言”「私は検事の前で自ら裸になりました」”. 週刊文春編集部. 2020年5月19日閲覧。
  84. ^ “広島市議「河井前法相から現金」 参院選前の受領を証言”. 朝日新聞. (2020年3月29日). https://www.asahi.com/articles/ASN3Y6G81N3YPTIL006.html 2020年3月30日閲覧。 
  85. ^ “三原・大竹市長を聴取 河井陣営の買収疑惑で広島地検”. 中国新聞. (2020年3月31日). https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=628082&comment_sub_id=0&category_id=256 2020年3月31日閲覧。 
  86. ^ “河井克行氏「ひとつよろしく」封筒を…現金か 市長証言”. 朝日新聞. (2020年4月1日). https://www.asahi.com/articles/ASN30779CN30PTIL00Z.html 2020年4月1日閲覧。 
  87. ^ “「河井克行氏から20万円入り封筒」 現職町長が証言”. 朝日新聞. (2020年4月1日). https://www.asahi.com/articles/ASN417S05N41PITB01B.html 2020年4月1日閲覧。 
  88. ^ “前廿日市市長も聴取 広島地検、参院選中に在任 河井陣営の公選法違反事件”. 日本経済新聞. (2020年4月4日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57673790U0A400C2000000/ 2020年4月6日閲覧。 
  89. ^ “広島 安芸太田町長が辞職 河井前法相から現金20万円受け取り”. NHK. (2020年4月7日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200407/k10012372151000.html 2020年4月7日閲覧。 
  90. ^ 賀有勇、中島昭浩、山本康介 (2020年4月9日). “河井案里議員陣営の選挙違反 広島地検が強制捜査 県議ら50人以上聴取”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20200409/k00/00m/040/209000c 2020年4月10日閲覧。 
  91. ^ “河井前法相、選挙支援を頼み現金 後援会幹部に「よろしく」”. 東京新聞. (2020年4月15日). https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020041401002713.html 2020年4月16日閲覧。 
  92. ^ 京都新聞2020年4月24日朝刊p24
  93. ^ “前法相、廿日市市元議長にも現金 「案里をよろしく」と20万円”. 東京新聞. (2020年4月24日). https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020042401001640.html 2020年4月24日閲覧。 
  94. ^ “広島県議会控室を捜索 河井前法相の現金疑惑 広島地検”. 朝日新聞. (2020年4月28日). https://www.asahi.com/articles/ASN4X46MZN4XPTIL00H.html 2020年4月28日閲覧。 
  95. ^ “河井前法相を立件へ 検察、案里氏巡り買収容疑”. 東京新聞. (2020年5月13日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202005/CK2020051302000131.html 2020年5月13日閲覧。 
  96. ^ “河井前法相夫妻が自民離党 「やましい政治活動ない」”. 時事ドットコムニュース. (2020年6月17日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020061700859 2020年6月19日閲覧。 
  97. ^ 2020/7/3 週刊朝日
  98. ^ 週刊文春6月25日号
  99. ^ 産経新聞2004年4月21日
  100. ^ 「安倍首相補佐官の暴行を元秘書が実名告発」、週刊文春web、2016年3月2日。
  101. ^ 政治スキャンダルと失言続発、「醜い国・日本」へ朝日新聞 WEBRONZA
  102. ^ 「週刊文春」編集部. “「100キロで行って」河井克行前法相のスピード違反“教唆”音声を公開する”. 文春オンライン. 2020年6月17日閲覧。
  103. ^ YouTube”. www.youtube.com. 2020年6月17日閲覧。
  104. ^ 河井前法相が在任中にスピード違反疑惑 野党激怒「上級国民の特別扱いか」 (2019年11月8日)” (日本語). エキサイトニュース. 2020年6月17日閲覧。
  105. ^ “05年衆院選でも現金持参か 河井克行前法相、自ら地元市議に”. 一般社団法人共同通信社. (2020年6月24日). https://this.kiji.is/648259068393751649 2020年6月24日閲覧。 
  106. ^ “比例区当選者 - 2009総選挙 政策、政治スタンス(朝日、東大調査から)”. asahi.com (朝日新聞社). (2009年). http://www2.asahi.com/senkyo2009/carta/O0901003.html 2016年10月24日閲覧。 
  107. ^ a b c d “2012衆院選 広島3区 河井克行”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A34003001001 2014年4月6日閲覧。 
  108. ^ “2014年衆院選、朝日、東大谷口研究室共同調査”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2014年). http://www.asahi.com/senkyo/sousenkyo47/asahitodai/ 2016年10月24日閲覧。 
  109. ^ 2017年衆院選、候補者アンケート(朝日、東大谷口研究室共同調査)
  110. ^ a b 俵義文『日本会議の全貌 知られざる巨大組織の実態』花伝社、2016年6月17日、[要ページ番号]ISBN 978-4-7634-0781-8。

関連項目


議会
先代:
中山義活
日本の旗 衆議院外務委員長
2012年 - 2013年
次代:
鈴木俊一
公職
先代:
山下貴司
日本の旗 法務大臣
第101代:2019年
次代:
森まさこ
先代:
水野賢一
日本の旗 法務副大臣
第10代:2007年 - 2008年
次代:
佐藤剛男
先代:
松宮勲
荒井正吾
田中和徳
日本の旗 外務大臣政務官
福島啓史郎
小野寺五典と共同

2004年 - 2005年
次代:
山中燁子
伊藤信太郎
遠山清彦