河内山一夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

河内山 一夫(かわちやま かずお、1936年8月3日 - 1975年8月19日[1])は、立浪部屋に所属した元力士。本名は植田一夫。大阪府堺市出身。179cm、118kg。最高位は西十両7枚目。

経歴[編集]

1954年5月初土俵、1963年7月十両昇進。11場所連続在位したが、幕下陥落ののち、1965年7月廃業した。1964年11月、初日に勝ってから交互に勝ち負けを繰り返し、8勝7敗で場所を終えるヌケヌケと呼ばれる星取を達成したことでも知られている。

成績[編集]

  • 十両11場所72勝91敗2休
  • 通算61場所267勝266敗7休

改名[編集]

西ノ川→植田→河内山 [2] [3]


出典[編集]

  1. ^ http://www.fsinet.or.jp/~sumo/profile/1/j/19630703.htm
  2. ^ http://sumodb.sumogames.de/Rikishi.aspx?r=4234&l=j
  3. ^ 大相撲力士名鑑平成13年版、水野尚文、京須利敏、共同通信社、2000年、ISBN 978-4764104709