河内淳一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
河内 淳一
別名 河内 淳貴
JUN-BOH
生誕 (1958-04-24) 1958年4月24日(61歳)
出身地 日本の旗 日本
東京都台東区浅草
ジャンル ロック
AOR
職業 ギタリスト
作曲家
編曲家
歌手
音楽プロデューサー
担当楽器 ギター
活動期間 1973年 -
共同作業者 KUWATA BAND
FIANCHI
ビル・チャンプリンなど

河内 淳一(かわうち じゅんいち(芸名・河内 淳貴(かわうち じゅんき))、1958年4月24日 - )は、日本ギタリスト作曲家編曲家歌手音楽プロデューサー

東京都台東区浅草出身。愛称は“JUN-BOH”。

人物・エピソード[編集]

活動の概要[編集]

スタジオミュージシャンとして始動〜1985年まで(第1期)[編集]

この期間に参加した歌手・アーティスト

KUWATA BANDでの活躍(第2期)[編集]

その他バンドの詳細な活動はKUWATA BANDを参照のこと。またこの時期以降のゲスト参加等は下の「他アーティストへの参加」を参照。

ソロアーティストとしても活動開始(第3期)[編集]

ソロ作品の詳細は「河内淳一のディスコグラフィ」を参照

拠点を関西に移してTHE TRIPLE Xの結成とボランティア活動(第4期) [編集]

  • 大人が楽しめるハードロックを演りたい、という構想を持っていた桑名正博と結成したバンドである。在籍時には3枚のアルバムをリリースし、ライブも全国展開で精力的に行った。
  • 桑名指揮のチャリティ活動にも携わり、連名で日本車椅子バスケットボール連盟歌「Wan't You Have a Seat-座ってみないか?」の制作やドイツ国際平和村支援CDを西城秀樹松本孝弘河村隆一らも交えて制作、「ハートエイド」名義で発表もした。
  • 合間をぬってソロライブも行う。1999年には数回にわたりROMA CAFEで披露し、自身のオリジナル曲や広く知られる洋楽に加え安室奈美恵の「Don't wanna cry」や「ゲゲゲの鬼太郎」の主題歌も演奏した。また香西かおりを特別ゲストとして招き「Desperado」をセッションした。
  • 2002年のカウンダウンライブにてバンド活動の停止を宣言する。尚、2009年の8月から再開したがギターは他のギタリストにメンバーチェンジされている。

その他バンドの詳細な活動はTHE TRIPLE Xを参照のこと。

再度東京から〜現在(第5期)[編集]

  • 2003年以降
    • 新譜制作等を一旦休止し、自身のライブのほか、他アーティストのサポートや新人バンドのプロデュース等も展開する。
    • 新井田耕造ユニットに参加、この流れで阿部まさしの楽曲「YO・A・KE〜龍馬飛翔〜」のギターも担当する。
    • 2006年3月には、アレンジャー新川博のバンド「FIANCHI」に参加(プロデュース業が多忙の為に半年間のみ在籍)、同名のアルバムをリリースしている。
    • 2019年4月には、千葉県松戸市のライブハウスの店長兼エンジニアに就任[1]

他アーティストへの参加 [編集]

その他多数

その他の参加[編集]

これらの楽曲は松原正樹のスタジオで、打ち込みで全ての楽器を河内一人で演奏している。

参考[編集]

[ヘルプ]