河出ブックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

河出ブックス(かわでブックス)は、株式会社河出書房新社が発行する教養選書レーベル[1]

概要[編集]

2009年10月10日、創刊。B6判、ソフトカバー。コンセプトは、「ジャンルをまたいで連鎖する読書のために」[2]。 合言葉は、「知りたい、が湧いてくる」[3]。 オフィシャルサイトでは、「河出が贈る、知の蓄積と新たな胎動」と紹介されている[4]。 カバーには、「K」の筆記体をモチーフとしたロゴが載せられている。ロゴや本文、装丁などは、天野誠による[5]

新書ブームが飽和状態となっているとされる中で、もう少し歯ごたえのある読みものを必要とする読者のために、内容と薄めたり、質を落としたりせず、知的好奇心をくすぐるテーマの書籍を提供していきたい、というような思いのもとに創刊された。ジャンルを限定することなく、多角的なラインナップを取りそろえている[6]

2012年10月、創刊3周年を機に、それまで統一されていた装幀をリニューアルし、各巻ごとに独自の装丁としている[7]

創刊ラインナップ[編集]

創刊ラインナップは次のとおり[2]

  1. 読者はどこにいるのか 書物の中の私たち(石原千秋
  2. 教養としての日本宗教事件史(島田裕巳
  3. 「格差」の戦後史 階級社会 日本の履歴書(橋本健二
  4. 検閲と文学 1920年代の攻防(紅野謙介
  5. 脳科学の真実 脳研究者は何を考えているか(坂井克之)
  6. 日本の植民地建築 帝国に築かれたネットワーク(西澤泰彦

受賞情報[編集]

  • 長山靖生『日本SF精神史 幕末・明治から戦後まで』[8]
  • 木方十根『「大学町出現」 近代都市計画の錬金術』[9]
    • 2010年 第2回不動産協会賞
  • 北河大次郎『近代都市パリの誕生 鉄道・メトロ時代の熱狂』[10][11][12]

脚注[編集]

  1. ^ 河出書房新社、『河出ブックス』創刊10月に6点/秋の大型企画2点も
  2. ^ a b 「河出ブックス」 いよいよ発売です!
  3. ^ Twitter / Kawade_shobo: 弊社の教養シリーズ『河出ブックス
  4. ^ 河出が贈る、知の蓄積と新たな胎動。〈河出ブックス〉
  5. ^ 教員紹介>天野 誠
  6. ^ 「河出ブックス」創刊まで、あと1ヶ月。
  7. ^ 創刊3周年、装丁リニューアル第1弾の2冊
  8. ^ 日本SF精神史
  9. ^ 「大学町」出現 近代都市計画の錬金術
  10. ^ 北河 大次郎 『近代都市パリの誕生』 サントリー学芸賞
  11. ^ 近代都市パリの誕生 :北河 大次郎|河出書房新社
  12. ^ 北河大次郎/客員教授

関連項目[編集]