河北中央公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
河北中央公園
Kahoku Chuo Park.JPG
公園入口(2014年3月)
分類 地区公園
所在地
山形県西村山郡河北町谷地中央3丁目15
座標 北緯38度25分7.2秒 東経140度18分50.4秒 / 北緯38.418667度 東経140.314000度 / 38.418667; 140.314000座標: 北緯38度25分7.2秒 東経140度18分50.4秒 / 北緯38.418667度 東経140.314000度 / 38.418667; 140.314000
面積 4.95 ha
開園 1958年5月
運営者 河北町
設備・遊具 軽便鉄道、児童遊園地、便所、休憩所など
駐車場 あり
公式サイト 河北中央公園(いもこ列車)(河北町)

河北中央公園(かほくちゅうおうこうえん)は、山形県西村山郡河北町にある公園である。

概要[編集]

1958年(昭和33年)5月に開園。河北町市街地の南側に位置し、園内には水・陸のフィールドアスレチック、テニスコート、ふれあい館などの施設がある。

車掌車ヨ8798

園内の北側には、山形県内初の私鉄であった谷地軌道1915 - 1935年)にて運行されていた「いもこ列車」を再現した蒸気機関車(SL)が動態保存されている。また、車庫の近隣には車掌車ヨ8798静態保存されている。

当公園は河北町の防災公園としても位置付けられている[1]

施設[編集]

軽便鉄道[編集]

軌間762mm、全長130mの軽便鉄道路線が敷設されており、SL「いもこ列車」が往復走行する。4月から10月までの月1回、当公園北側で一般公開している。一般公開時間は13:00 - 15:00、乗車料金は無料。「いもこ」とは山形弁里芋のこと。

SL 347号
1948年(昭和23年)にベルギーのアングロフランコベルジ社で製造された蒸気機関車。台湾糖業公司渓湖糖廠で使われていたものを河北青年会議所が購入し河北町に寄贈したものであり、1988年(昭和63年)より公開運転を開始した。
2005年(平成17年)10月、車両の不具合とアスベスト使用により運転を中止していたが、補修が完了し2007年(平成19年)6月3日より公開運転を再開している[2]。補修時に添乗用のデッキが取り付けられて外観が変化した。修繕は明立工業(東根市)により無償で行われた。
2010年(平成22年)10月、ボイラー故障により運転を中止していたが、2011年(平成23年)中にボイラーを修繕後[3]2012年(平成24年)5月5日より公開運転を再開している[4]

その他[編集]

  • フィールドアスレチック(水・陸)
  • テニスコート
  • ふれあい館

交通アクセス[編集]

周辺[編集]

周辺は住宅街となっている。当公園の東側には最上川が流れている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]