河北潟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
河北潟
KahokuGata.jpg
河北潟空撮画像
2007年8月18日撮影
所在地 日本の旗 日本
石川県金沢市河北郡内灘町
位置
面積 4.20[1] km2
周囲長 24.8 km
最大水深 6.5 m
水面の標高 0 m
成因 海跡湖
淡水・汽水 淡水湖
湖沼型 富栄養湖
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示
野鳥観察舎から内灘大橋方面を望む
河北潟放水路防潮水門(河北潟放水路側水面上から望む)
金沢港(大野川)防潮水門(金沢港側水面上から望む)

河北潟(かほくがた)は石川県中部にある潟湖である。金沢平野の北部に位置し金沢市河北郡内灘町にまたがる[1]。古くは蓮湖・大清湖(たいせいこ)とも呼ばれた。潟周辺には約70km2に及ぶ湖岸平野が広がる[2]

日本海沿岸にある内灘砂丘でせき止められてできた海跡湖である。かつては汽水湖であったが、干拓が行われた現在は淡水湖。干拓前は面積23km2、周囲長約37kmであった[2]が、2014年10月1日現在の面積は4.20km2[1]である。

埋め立てと干拓[編集]

古くから細々と埋立が試みられた。このことは潟端(津幡町)の地名などに痕跡が見られるが、小規模なものであった。

1851年には、豪商銭屋五兵衛が私財を投じて干拓を試みた。しかし埋め立ての土砂を固めるのに石灰を使用したことを毒物を流したと曲解され、翌年、付近で発生した伝染病の原因がその毒物で汚染された魚を食べたからと噂された。このため五兵衛は投獄され、獄中死したため事業は中断された。

第二次世界大戦後、内灘試射場問題で内灘村(現在の内灘町)は見返りとして河北潟の干拓事業を要求。1963年から農林水産省による国営事業として行われ、約1100haの農地が1985年に完成した。しかし既に農業減反政策の時代に移っており、このため2014年4月現在も未入植地が多く残る。

この干拓と埋め立てにより豪雨により潟にたまった水を海へと放出する防潮水門をはじめ数台のポンプ施設、堤防淡水湖汽水湖を分ける水門など数々の施設が出来た。

河北潟が埋め立てと干拓の双方を行っていることから地元ではこの2つの違いを小学校の中学年、高学年で河北潟を題材に学ぶこともある。

自然[編集]

河北潟ではガマやアシ(河北潟周辺ではヨシと言う)などの植物や鳥ではカモサギ、更に絶滅危惧種に指定されているチュウヒなど、魚ではギンブナコイボラブラックバスなどという豊かな自然がある。河北潟周辺の地域ではこれらの生き物を守るために、子供から老人までさまざまな活動をしている。

河北潟周辺の空中写真。1975年撮影の6枚を合成作成。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

産業[編集]

干拓事業では、計画では稲作を想定していた。しかし、米余りのため途中で畑作に転換された。レンコンスイカキャベツなどの大規模栽培や酪農が盛んである。周辺には県による農業試験場などが整備されている。

かつてはフナを中心にウナギワカサギシジミなどの漁業も行われていた[3]。 が、現在は漁業権が消滅している(1963年に漁業補償調印[3])。残された水域も防潮水門により淡水化されている。残された水域は県営漕艇競技場などに利用されている。また、かつて浅野川の河口だった部分は現在、貯水場となっている。

河川[編集]

流れ込む川
流れ出す川

周辺[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 国土地理院 (2015年3月6日). “平成26年全国都道府県市区町村別面積調 湖沼面積 (PDF)”. 2015年3月22日閲覧。
  2. ^ a b 笠間(2000):99ページ
  3. ^ a b 笠間(2000):102ページ

参考文献[編集]

  • 笠間悟(2000)"ラグーンと砂丘地の変貌 河北潟と内灘砂丘"平岡昭利野間晴雄『中部Ⅱ 地図で読む百年 長野・新潟・富山・石川・福井』(古今書院、2000年7月15日、125pp. ISBN 4-7722-5048-4):99-104.

関連項目[編集]