河南府

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

河南府(かなんふ)は、中国にかつて存在した唐代から民国初年にかけて、現在の河南省洛陽市一帯に設置された。

概要[編集]

河南郡初の洛州を前身とする。

713年開元元年)、洛州は河南府と改められた。742年天宝元年)、東京とされた。東京河南府は河南道に属し、河南洛陽偃師緱氏告成登封陸渾伊闕伊陽寿安新安福昌澠池長水永寧河清潁陽河陽汜水河陰陽翟済源王屋の26県を管轄した[1]

五代十国後梁後晋が河南府を西京とし、もそれを引き継いだ。北宋の西京河南府は京西北路に属し、河南・洛陽・永安・偃師・潁陽・鞏・密・新安・福昌・伊陽・澠池・永寧・長水・寿安・河清・登封の16県と阜財監を管轄した[2]

のとき、河南府は南京路に属し、洛陽・澠池・登封・孟津芝田・新安・偃師・宜陽・鞏の9県と龍門・長泉・緱氏・洛口の4鎮を管轄した。1217年興定元年)、河南府は中京とされ、金昌府と改められた[3]

初に金昌府は河南府の称にもどされた。後に河南府は河南府路に昇格した。河南府路は河南江北等処行中書省に属し、録事司と直属の洛陽・宜陽・永寧・登封・鞏・孟津・新安・偃師の8県と陝州に属する霊宝閿郷・澠池の4県を管轄した[4]

1368年洪武元年)、河南府路は河南府にもどされた。の河南府は河南省に属し、直属の洛陽・偃師・鞏・孟津・宜陽・永寧・新安・澠池・登封・盧氏の11県と陝州に属する霊宝・閿郷の2県の合わせて1州13県を管轄した[5]

のとき、河南府は河南省に属し、洛陽・偃師・宜陽・新安・鞏・孟津・登封・永寧・澠池・嵩の10県を管轄した[6]

1913年中華民国により河南府は廃止された。

脚注[編集]

  1. ^ 旧唐書』地理志一
  2. ^ 宋史』地理志一
  3. ^ 金史』地理志中
  4. ^ 元史』地理志二
  5. ^ 明史』地理志三
  6. ^ 清史稿』地理志九