河原忠彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

河原 忠彦(かわはら ただひこ、1920年 - )は、ドイツ文学者、東京大学名誉教授。

第一高等学校から1949年東大独文科卒。横浜国立大学講師、1953年東大教養学部助教授、教授。1981年定年退官、名誉教授。明治大学教授を務め、1991年退職。

著書[編集]

  • 十八世紀の独仏文化交流の諸相 白凰社 1993.3(明治大学人文科学研究所叢書)
  • シュテファン・ツヴァイク ヨーロッパ統一幻想を生きた伝記作家 中公新書 1998.2

翻訳[編集]

  • ロダンへの手紙 リルケ全集 第10 弥生書房 1961
  • ツヴァイク全集 第16 マゼラン、アメリゴ 関楠生共訳 みすず書房 1962
  • 星のギリシア神話 シャーデヴァルト 白水社 1963
  • 神さまの話 リルケ ドイツの文学第4巻 三修社 1965
  • エトルリアの謎 S.v.クレス=レーデン みすず書房 1965
  • おそくとも十一月には ハンス・エーリヒ・ノサック 野村琢一共訳 白水社 1966
  • アヤックス少年と動物たち スヴェン・フレロン ポプラ社 1969(フレロン動物文学集)
  • アイスランドの野馬 スヴェン・フレロン ポプラ社 1969(フレロン動物文学集)
  • オーロラの国の子ら A.R.ファンデル・ルフ・ルトガール ポプラ社 1970
  • 芸術の内面への旅 エーリッヒ・ヘラー 渡辺健杉浦博共訳 法政大学出版局 1972
  • ゲーテ全集 10 詩と真実-わが生涯より 第3・4部 山崎章甫共訳 潮出版社 1980.7