河合博之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

河合 博之(かわい ひろゆき、1883年明治16年)8月 – 1933年昭和8年)8月14日[1])は、日本外交官。駐ポーランド公使

経歴[編集]

神奈川県出身。1908年(明治41年)に東京帝国大学法科大学法律科を卒業し、外交官及領事官試験に合格した。領事官補、外交官補、大使館三等書記官、同二等書記官、同一等書記官を歴任した。1921年大正10年)、帰国して外務書記官参事官となった。1923年(大正12年)より駐ベルギー大使館参事官、駐フランス大使館参事官を務めた。1931年(昭和6年)に駐ポーランド公使に就任した。在任中に死去[2]

脚注[編集]

  1. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ、2012年。
  2. ^ 文官高等試験合格者一覧

参考文献[編集]

  • 人事興信所編 『人事興信録 第9版』 人事興信所、1931年