河合商会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社河合商会
KAWAI CO.,LTD.
河合商会本社ビル入口
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
121-0064
東京都足立区保木間三丁目36番7号
(第一カワイビル7階)
設立 1973年9月(創業は1972年6月)
業種 卸売業
事業内容 プラスチック模型製造・輸出入販売
代表者 破産管財人 三原崇功
資本金 1000万円
売上高 2億5000万円(2011年8月期)
従業員数 10人
決算期 8月31日
関係する人物 河合 明(前代表取締役)
外部リンク http://www.kawaihobby.co.jp/index.html
特記事項:2012年12月5日破産手続開始決定
テンプレートを表示
河合商会倉庫
本社ビル全景

株式会社河合商会(かわいしょうかい)は、かつて存在した日本模型メーカーである。

概要[編集]

主にプラモデル製品やプラスチック製のNゲージ鉄道模型などを製造、販売していた。主な製品には、日本の情景を再現したジオラマの「箱庭シリーズ」「風物詩シリーズ」のプラモデルや日本型の貨車鉄道模型などがあった。自社製品以外に香港などからダイカスト製模型を輸入・発売していた。最盛期には中国を中心に世界にも製品を輸出するなどして、2003年8月期には9億円を売り上げていた。

しかし、リーマンショックや東日本大震災の買い控えムード、及び円高の影響で採算が悪化。2011年8月期で2億5000万円にまで売上が低迷。2012年10月15日に事業停止し、事後処理を弁護士に一任[1]2012年12月5日、東京地方裁判所から破産手続き開始決定を受け経営が破綻した[2]。負債総額は約1億6000万円(自己破産申請時点)。

廃業後、鉄道模型製品は鉄道模型店のポポンデッタが事実上引き継いだ[3]プラモデル製品などの「箱庭シリーズ」と「風物詩シリーズ」は、マイクロエースから再発売された。

なお、ポポンデッタは以前にも河合商会製造の「ぽぽらま」シリーズを展開していた。

経営破綻時点での製品[編集]

プラモデル製品(主な製品)
日本的な情景を再現したジオラマのプラモデルシリーズで、ジオラマ内で本物の草を育てることができるのが特徴。農家・茶室(2種類あり)・五重塔(ノーマルとゴールドの2種類)・牧場・渡し場・金閣寺水車小屋・田舎の駅・山の温泉宿を発売している。このうち、水車小屋はモーターで水車を回転させることが出来る。田舎の駅と山の温泉宿は鉄道模型Nゲージと同じ縮尺を採用している。草の寿命は約1ヶ月で、種と苗床となるガーゼはキットとは別に発売していた。
芝居小屋屋台など、昔懐かしい街の風物詩を再現したプラモデルシリーズ。
鉄道模型Nゲージ
主に国鉄貨車を生産していた。
かつてトミーがトミーナインスケール時代に発売していた香港製の貨車を再生産していた他、新規に金型を製作した国鉄の二軸貨車や私有貨車なども生産していた。タキ5450タキ7750タキ35000ホキ9500などの貨車は、所有企業別に発売しているため製品数が非常に多い。
同社の鉄道模型事業はほぼ貨車専業となっているが、B6形機関車と古典客車やCタイプディーゼル機関車も発売していた。
情景モデルパーツ
鉄道模型のレイアウトジオラマ製作用の素材として、樹木や植毛マット、カラーパウダーなどを製品化していた。

輸出入代行[編集]

大手メーカー製模型を取扱っていた。香港の『ニューレイ』のダイカストモデルは、1/12バイクを筆頭に1/6、1/18、1/32の各スケールバイクやトラック、トレーラーは1/32、1/43、1/87、ミニカーは1/32、1/43、ヘリコプターは全長約30cm程に合わせた縮尺にて模型化。

「JSI(ジェイエスインターナショナル)」は日本では珍しい戦闘機、戦車を1/18にて完成品を模型化。他には、中国のラジコンカーメーカーの「MJX」、韓国のプラモデルメーカーの「エースコーポレーション」等を取り扱っていた。

OEM製造代行[編集]

オリジナルキーホルダー食玩などの製造を受託していた。

脚注[編集]

  1. ^ 鉄道模型(Nゲージ)で知られる玩具卸 株式会社河合商会 弁護士一任、自己破産申請へ (Report). 帝国データバンク. (2012-10-17). http://www.tdb.co.jp/tosan/syosai/3676.html 2012年10月17日閲覧。. 
  2. ^ 株式会社河合商会(鉄道模型(Nゲージ)で知られる玩具卸 【続報】 東京都足立区)破産手続き開始決定受ける (Report). 帝国データバンク. (2012-12-18). http://www.tdb.co.jp/tosan/syosai/3707.html 2012年12月18日閲覧。. 
  3. ^ 2012年11月の宮沢模型秋の商売繁盛応援セール(小売店対象の商談会)のポポンデッタブース内で旧・河合商会の鉄道模型部門の引継ぎを報告。RM MODELS 2013年1月号 ネコパブリッシング刊。

関連項目[編集]