河合秀敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

河合秀敏(かわい ひでとし、1933年8月30日- )は、日本の経営学者、愛知大学名誉教授。

略歴[編集]

愛知県出身。愛知大学法経学部卒、1966年神戸大学大学院経営学研究科博士課程単位取得満期退学、経営学博士。愛知大学法経学部講師、助教授、教授、経営学部教授となる[1]。2004年定年、名誉教授。

著書[編集]

  • 『監査理論の基礎 試査との関連を中心として』同文館出版 1967
  • 『財務諸表監査論』同文館出版 1970
  • 『現代監査の論理』中央経済社 1979
  • 『監査論』同文館出版 1983
  • 『監査入門』税務経理協会 1983
  • 『新監査入門』税務経理協会 1994

共編著[編集]

  • 『国際会計と国際監査』編著 同文館出版 1993
  • 『監査の社会的役割 現状と今後の方向』編著 中央経済社 1997
  • 『21世紀の会計と監査』盛田良久共編著 同文舘出版 2003

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』