河合美香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

河合 美香(かわい みか、1967年8月 - )は、日本のスポーツ科学研究者。龍谷大学法学部准教授。元長距離陸上競技選手。京都府京都市生まれ。修士(体育学)、博士(スポーツ医学)。

女子マラソン(有森裕子、高橋尚子ら五輪メダリスト)の指導者である小出義雄の指導を受けた初期の選手のひとり。

来歴[編集]

  • 千葉県船橋市立船橋高等学校にて小出義雄(当時体育教諭、現佐倉アスリート倶楽部代表)に陸上競技の指導を受ける。奈良国体や金沢インターハイ3000m初代優勝などの成績をおさめて長距離陸上の才能を開花させる。
  • 1987年筑波大学体育専門学群に進学。
  • 1991年、筑波大学体育専門学群(コーチ学専攻・体力学)を卒業し、リクルートに入社。同時に同社のランニングクラブに所属し、同クラブ監督小出義雄に再び指導を受ける。当時の同僚に有森裕子鈴木博美志水見千子らがいた。
  • 1993年、リクルートを退社し、筑波大学大学院研究生(後に修士課程に入学)。
  • 1996年、筑波大学大学院修士課程体育研究科(健康教育学専攻:スポーツ栄養学)。修士(体育学)取得。
  • 1996年より、アスリートの栄養サポートを開始。海外遠征、五輪、世界選手権などに帯同。サポートした選手には、鈴木博美、志水見千子、高橋尚子千葉真子らがいる。他に自転車、陸上ホッケー、サッカー、バスケット、バレーボール選手などへの栄養サポート、またランナーのトレーニング指導も手がける。
  • 1998年より立命館大学同志社女子大学などで嘱託講師。
  • 2003年、新設されたびわこ成蹊スポーツ大学専任講師。
  • 2007年龍谷大学法学部准教授(教養教育・スポーツ科学系)。

競技歴[編集]

主な著書など[編集]

  • 「健康の科学」(1999年、金芳堂、共著)
  • 「競技力向上のスポーツ栄養学」(2001年、朝倉書店、共著)
  • 「スポーツの百科大事典」(2007年、丸善出版、分担執筆)
  • 「市民からアスリートまでのスポーツ栄養学」 (2011年、八千代出版、共著)
  • 「ランニングリテラシー」(2011年、大修館書店、分担執筆)
  • 健康・スポーツ科学シリーズ「スポーツ生理学」(2013年、化学同人、共著)
  • 「健康づくり政策への多角的アプローチ」(2014年、ミネルヴア書房、編著)
  • 「正しいマラソン」(2017年、SB新書、共著)
  • 大阪市スポーツ・みどり振興協会のウェブサイト、「ランナーズ」や「クリール」等のランニング雑誌にコラムを連載。
  • 「アスリートの食卓」コメント(2001年 京都新聞 http://www.kyoto-np.co.jp/kp/sport/athlete/athlete.html
  • 連載「健康づくりの小ネタ」(月刊誌「安全衛生のひろば」、中央労働災害防止協会)
  • 連載「食育サポーターの健康ABC」(季刊誌「心とからだのオアシス」、中央労働災害防止協会)

受賞歴[編集]

  • 日本体育協会秩父宮記念スポーツ医・科学賞奨励賞(2001年)
  • ランニング学会大会優秀発表賞(2004年)
  • 日本体力医学会研究奨励賞(2009年)

社会貢献活動など[編集]

  • 京都府スポーツ推進審議会委員
  • 滋賀県体育協会スポーツ医科学委員(スポーツ科学部会)
  • ランニング学会常務理事 ほか