河川局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

河川局(かせんきょく)は、かつて国土交通省に置かれていた内部部局2011年7月1日関連行政の組織が統合されたことにより、機能は水管理・国土保全局へ引き継がれた。

主に川づくりにおける総合的な政策づくりを行っていた[1]

組織[編集]

2008年2月時点[2]

  • 総務課
    局内所掌事務の総合調整。予算決算経理事務の総轄調整。
  • 水政課
    法令の立案・審査解釈 。河川敷地の占用許可 。河川の利用促進及び利用環境改善。
    • 水利調整室
      水利使用の許可。
  • 河川計画課
    重点施策に関すること 、事業評価に関すること、予算配分に関すること。
    • 河川計画調整室
      河川整備基本方針に関すること。
    • 河川情報対策室
      河川情報施策の企画・立案、総合調整。
  • 河川環境課
    環境政策に関すること。環境影響評価に関すること。河川等の環境保全事業に関すること。
    • 流水管理室
      水利使用水利使用の許可に関する技術的審査。ダムの管理に関すること。
  • 治水課
    河川事業(直轄)に関すること。ダムの整備に関すること。
    • 河川保全企画室
      河川の保全、管理に関すること。
    • 事業監理室
      特定プロジェクトに関すること。
  • 防災課
    災害復旧事業に関すること。水防活動に関すること。
    • 災害対策室
      防災対策の連絡調整。防災計画の総合調整。
  • 砂防部
    • 砂防計画課
      砂防等工事の計画に関すること。砂防事業等に関する施策の総合調整。土砂災害対策に関すること。
    • 保全課
      砂防工事、地すべり対策工事、急傾斜地崩壊対策工事、雪崩対策工事に関すること。総合的な土砂管理に関すること。
    • 海岸課
      海岸の整備、利用、保全その他の管理に関すること。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『ポケット図解 国土交通省のカラクリと仕事がわかる本』秋山謙一郎秀和システム2009年、66ページ
  2. ^ 河川局の組織と主な業務 国土交通省