河州 (甘粛省)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

河州(かしゅう)は、中国にかつて存在した五胡十六国時代から民国初年にかけて、現在の甘粛省臨夏回族自治州一帯に設置された。

魏晋南北朝時代[編集]

前涼により涼州の興晋郡・金城郡・武始郡・南安郡・永晋郡・大夏郡・武成郡・漢中郡の8郡を分割して河州が置かれた。河州刺史は枹罕に駐屯した[1]

445年太平真君6年)、北魏により枹罕鎮が置かれた。445年太和16年)、枹罕鎮は河州と改められた。河州は金城郡・武始郡・洪和郡・臨洮郡の4郡11県を管轄した[2]

隋代[編集]

初には、河州は1郡3県を管轄した。583年開皇3年)、隋が郡制を廃すると、河州の属郡の枹罕郡は廃止された。605年大業元年)、岷州より水池県が移管された。607年大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、河州は枹罕郡と改称され、下部に4県を管轄した[3]。隋代の行政区分に関しては下表を参照。

隋代の行政区画変遷
区分 開皇元年 区分 大業3年
河州 岷州 枹罕郡
枹罕郡 同和郡 枹罕県 大夏県
竜支県 水池県
枹罕県 大夏県 竜支県 水池県

唐代[編集]

619年武徳2年)、李軌を平定すると、枹罕郡は河州と改められた。742年天宝元年)、河州は安郷郡と改称された。758年乾元元年)、安郷郡は河州の称にもどされた。河州は隴右道に属し、枹罕・大夏・鳳林の3県を管轄した[4]

宋代[編集]

北宋のとき、河州は秦鳳路に属し、寧河県と定羌城と南川砦と東谷・閻精・西原・北河の4堡と通会関を管轄した[5]

のとき、河州は臨洮路に属し、枹罕・寧河の2県と安郷関と南川寨・通会関・定羌城と積慶鎮を管轄した[6]

元代[編集]

のとき、河州は河州路に昇格した。河州路は陝西等処行中書省に属し、定羌・寧河・安郷の3県を管轄した[7]

明代以降[編集]

1371年洪武4年)、により河州路は河州衛と改められた。1373年(洪武6年)、河州府が置かれた。1377年(洪武10年)、河州衛は左右に分けられた。1379年(洪武12年)、河州府は廃止され、河州左衛が洮州衛に改められ、河州右衛が軍民指揮使司とされた。1473年成化9年)、河州が置かれ、臨洮府に属した。軍民指揮使司が河州衛と改められた[8]

1738年乾隆3年)、により臨洮府が蘭州府と改められると、河州はそのまま蘭州府に属した[9]

1913年中華民国により河州は廃止され、導河県と改められた。

脚注[編集]

  1. ^ 晋書』地理志上
  2. ^ 魏書』地形志二下
  3. ^ 隋書』地理志上
  4. ^ 旧唐書』地理志三
  5. ^ 宋史』地理志三
  6. ^ 金史』地理志下
  7. ^ 元史』地理志三
  8. ^ 明史』地理志三
  9. ^ 清史稿』地理志十一