河文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
表門

河文(かわぶん)は、名古屋市中区丸の内にある名古屋最古の老舗高級料亭

歴史[編集]

清須越えにて移り住み、魚の棚通り(うぉんたな)に魚屋として寛永年間に河内屋文左衛門(かわちやぶんざえもん)が創業。 江戸時代は、尾張徳川家御用達として利用された。 明治時代には、伊藤博文など歴代の総理経験者も訪れ、博文の書が掛軸として残されている。

しかし、接待の減少などから経営が行き詰まり、2011年プラン ドゥ シー東京都千代田区)に経営権を譲渡した。建物の改装を行い、同年9月30日より再オープンした。

建物[編集]

2005年に主屋、表門・塀・脇門、新用亭、渡廊下、用々亭、厨房が登録有形文化財に登録された。

  • 那古野(なごや)の間 - 江戸時代の書院造(移築)・・・現「THE KAWABUN NAGOYA」場所にあり、2008年に取り壊し一部建材を利用して再建されている。
  • 新用亭 - 安政の大地震で焼失した際に建設した仮店舗を茶室に改装。
  • 水鏡の間(みずかがみ) - 谷口吉郎が1973年(昭和48年)に設計。
  • 流れ床の庭(ながれどこ)-流政之が1987年(昭和63年)に作成。
  • 2012年の改装には、小坂竜が設計に携わる。
  • 松尾流の家元(10世)不染斎の作庭した坪庭には、名古屋城の井戸と地下で繋がっていると言う伝説のある井戸もある。

関連項目[編集]

座標: 北緯35度10分31.36秒 東経136度54分3.22秒 / 北緯35.1753778度 東経136.9008944度 / 35.1753778; 136.9008944