河文雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
河 文雄
基本情報
出身地 日本の旗 日本 富山県 高岡市
生年月日 1924年10月7日
没年月日 1991年1月30日(満66歳没)
身長
体重
170 cm
60 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1950年
初出場 1951年
最終出場 1951年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

河 文雄(かわ ふみお、1924年10月7日 - 1991年1月30日)は富山県高岡市出身の元プロ野球選手

来歴・人物[編集]

高岡中学校(現:富山県立高岡高等学校)では「富山球界一の投手」として話題になる。しかし、在籍中は高岡商業富山商業の前に敗れ、甲子園には縁が無かった。最上級年においては、1941年の甲子園は戦争のために中断となり、富山県では予選すら行われなかった[1]。高岡中時代は、「嘆きのエース」とも呼ばれていた[1]。卒業後、満州に渡り、満鉄倶楽部に所属した[1]。戦後は、母の故郷である北海道に住み小樽野球協会に所属[1]1948年には、第19回都市対抗野球大会に出場している[1]。この都市対抗野球では、小樽野球協会は初戦となった対西日本鉄道戦で敗れ敗退した。河はこの試合で敗戦投手となっている。小樽野球協会時代に、肘を故障している。

1950年大阪タイガースに入団。翌1951年4月8日の対広島戦(広島県営)でプロ初勝利を完投で挙げる[1]。ところが、この後、右肘の故障が再発し、以後はあまり投げられなかった[1]。結局この1勝のみに終わり、同年限りで退団した。

選手としての特徴[編集]

シュートドロップを武器とした右腕であった[1]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1951 阪神 11 4 1 0 0 1 1 -- -- .500 122 27.1 27 1 12 -- 3 3 0 0 17 16 5.14 1.43
通算:1年 11 4 1 0 0 1 1 -- -- .500 122 27.1 27 1 12 -- 3 3 0 0 17 16 5.14 1.43

記録[編集]

背番号[編集]

  • 28(1950年)
  • 3(1951年)

脚注[編集]

関連項目[編集]