河村唯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
かわむら ゆい
河村 唯
生年月日 (1989-08-05) 1989年8月5日(29歳)
出身地 日本の旗 日本静岡県浜松市[1]
身長 165cm[2]
血液型 A型
職業 タレント女優シンガーソングライターアイドル、ほか
ジャンル J-POP弾き語り
活動期間 2001年
2004年 - 2006年
2008年 - 現在
アイドリング!!!(2008年4月 - 2015年10月)
メンテナンス/梅酒(2015年11月 - 現在)
著名な家族 河村舞(妹・タレント)
事務所 プロダクション尾木
公式サイト 尾木プロ.com
主な作品
斬劇『戦国BASARA』関ヶ原の戦い
劇団東少ミュージカル『人魚姫
天才劇団バカバッカ 舞台作シリーズなど
備考
アイドリング!!!(2期生・12号)
メンテナンス(2号)
梅酒
B78 W60 H89 S24.5
愛称「うめ子」[2]

河村 唯(かわむら ゆい、1989年8月5日 - )は、日本女性マルチタレントシンガーソングライター静岡県浜松市出身。プロダクション尾木所属。

元「アイドリング!!!」のメンバー。現在はその後継集団「メンテナンス」および傘下協力のコンビ梅酒」にも籍を置く。

略歴[編集]

黎明期( - 2008年)[編集]

SPEED」に憧れて小学4年生からダンススクールに通い始め[3]、2001年頃よりジュニアアイドルとして雑誌、イメージビデオ等に出演。

コニープロモーションに所属し、2004年、静岡発のローカルアイドルグループ「こねこねこ」の初代メンバーとして活動[注 1]。同年5月26日、シングル「Sailing」で、ユニバーサルミュージックよりCDデビュー[1]

2006年、モーニング娘。Happy8期オーディションに応募。名古屋で開催された1次予選を通過するも落選。

アイドリング!!!時代(2008年 - 2015年)[編集]

2008年4月、女性アイドルグループアイドリング!!! 」に12号として加入し上京。

2009年
10月、『東京DOGS』でドラマ初出演。
12月、『MOTHER 〜特攻の母 鳥濱トメ物語〜』で舞台初出演。以降、多数の舞台に出演する。
2010年
4月19日、公式ブログを開設。
6月、初の冠番組『ルーリーうめ子のなんでもやります課???』の放送開始。
2011年
12月、地元・静岡の情報番組『個店へGO!』にレギュラー出演。
2012年
1月、ドラマ『特命係長 只野仁ファイナル』に出演。冠番組『河村唯 プレミアム放送』を開始。
8月5日、『TOKYO IDOL FESTIVAL 2012』にて、冠企画「スナックうめ子」「川村梅子モーニング歌謡ショー」を開催。
2013年
3月、アイドリング!!!定期公演で、河村唯プロデュースライブを開催する。これ以降、不定期にプロデュースに関わっていく[4]
4月、トーク番組『古坂大魔王のカツアゲ!』にレギュラー出演。
7月、大型アイドルフェス『TOKYO IDOL FESTIVAL 2013』にて、ロックギタリストである実父と共演を果たす[5]
11月、冠番組『横河放課後学習塾』の放送開始。
2014年
4月、主演舞台『POLIMPIC TOKYO!』が上演[6]
9月11日、Twitter公式アカウントを開設。
2015年 アイドリング!!!卒業
3月、主演舞台『ハッピー・ウエディング!』が上演[7]
5月、出演したぷよぷよシリーズ24(ぷよ)周年記念舞台『ぷよぷよ オンステージ』が上演[8]
10月、約7年半在籍した、女性アイドルグループ・アイドリング!!!を卒業[9]

ソロ活動〜以降(2015年 - 現在)[編集]

11月、よゐこ濱口・主催『はまぐちコントサークル』に出演[10]。その濱口が発起人となり、アイドリング!!!OG主体による後継集団「メンテナンス」が発足、メンバー2号として参画する[11]
12月、主演舞台『ホテル・プラチナアイランド』が上演[12]
2016年
1月、出演舞台『浅草あちゃらか』が上演。
2月、梅酒名義の冠番組『梅酒の休肝日』を開始[13]。朗読歌唱劇『あの日、たしかに私たちは「アイドル」だった。<2016>』に出演[14]
4月、出演舞台『浅草DOGDAYS』が上演。
5月、Booing!!!橘ゆりか倉田瑠夏)主催ライブ『SMKT 69demo League vol.6』にソロ出演し、メンテナンス名義の楽曲を初パフォーマンス。以後、ソロライブ活動を始める。
6月、舞台『COLORS』に出演し、梅酒の同僚・酒井瞳と共演[15]
7月、AMESTAGE『河村唯チャンネル』を開設。デリシャカス2016イベント『河村唯 in デリシャカス』で、初の単独冠ライブを実施。憧れだった「SPEED」の元プロデューサー 伊秩弘将が主催する定期ライブ『IJICHI's Living Door』に初参加。以降不定期に出演する。
8月、舞台『歩いてみやがれ!』で、同僚だった外岡えりかと共演。冠ライブ『河村唯 in デリシャカス』に2度目の出演。フジテレビ主催『お台場みんなの夢大陸』で、梅酒名義の単独ライブを開催[16]
10月、配信番組の企画にて、渋谷で初のゲリラライブを敢行[17]
11月、出演舞台『DADDY WHO?』が上演[18]
12月、出演舞台『東京のぺいん』が上演[19]DJ集団"申し訳"主催ライブ『(有)申し訳AFTERNOON 20周年SP』に、かつての同僚らとアイドリング!!!OG名義で出演[20]
2017年
2月、出演舞台『「戦国BASARA」関ヶ原の戦い』が上演し[21]、故郷の女傑・井伊直虎 役を演じる[22]
5月、常連出演している定期ライブ『IJICHI's Living Door』にて、初めてオリジナル曲のみを実演。シンガーソングライター用のSNSを開設。
6月、ヒロイン出演舞台『GHOST MIX』が上演。
7月、劇団東少の伝統的ミュージカル 三越ファミリー劇場人魚姫』に出演し、初のミュージカル舞台を踏む[23]。8月には同舞台地方行脚で故郷・静岡県にて凱旋公演し、9月末の大千秋楽まで約2カ月半務め上げた。
8月、フジテレビ主催『お台場みんなの夢大陸』の企画にて、昨年に続き梅酒名義のライブを実施[24]
9月、アイドリング!!!OGが集結した次世代への新番組『アイドルING!!!』に参加[25]
12月、引退するかつての同僚、遠藤舞のラストライブにて最後の共演[26]
2018年
2月、出演舞台『BADASS PSY-KICKS!』が上演[27]
6月、昨年に続き、劇団東少ミュージカル『人魚姫』の夏公演を開始。
8月、アイドルの祭典『TOKYO IDOL FESTIVAL 2018』に9年連続の参加。出演舞台『春過ぎて、アルタイル』が上演[28]
10月、出演した再演舞台『午前5時47分の時計台 2018』および、舞台『GOD'S AND DEATH』が上演[29]
11月、ベトナムにて日越文化交流イベント『KANAGAWA FESTIVAL in HANOI』に参加[30]
2019年
2月、ベトナムの旧正月を祝う現地ホイアンのカウントダウンイベント「Hoi tet nguyen dan ky hoi 2019」に参加。

人物[編集]

趣味・特技は[2][1]、歌・作詞作曲弾き語りサウナ。小中学校ではジャズダンスタップダンスを習っていた。ただ、自分の踊りは「タコ踊り」だと評している。チャームポイントは鼻の穴[31]

敬愛する有名人は「SPEED[32]。サブカルチャーは「サンリオ (ハローキティ)」「クレヨンしんちゃん」「ぷよぷよ」など(詳細は下記 #サブカルチャー参照)。

  • 愛称
愛称は「うめ子」。名付け親は、学生時代の同級生であった事を明かしている[33]。本名よりも愛称の方が浸透してしまい、自身も芸名を「うめ子」に変えたいくらいだと述べている。
  • 学歴・資格・免許
小学校3年生から高校3年生までの9年間連続して、学級委員を務めていた。静岡県立浜松商業高等学校出身で、在学中は演劇部に所属。作文や台本を書く事も得意で、現役部員時代に脚本を担当した作品は、今でも演目に上がることがある。
普通自動車免許を所持している。帰省した際はハンドルを握るが、本人の弁によれば運転は荒いとのこと。2015年には『漢検3級』に合格している。これは、同僚であった酒井瞳長野せりな朝日奈央と共に受検し、酒井の冠番組で合否の結果を確認した[34]
  • 家族
父は、浜松のスラッシュメタル・バンド「Ground Zero[注 2]のボーカル兼ギタリスト、KAWAMURA(河村勉)[5]だとアイドリング!!!DVDの企画「身内自慢選手権」で明らかにした[注 3]。また、アイドリング!!!ライブ内のロックバンド企画で、父のギターを使用した事もある。父は歌に対して厳しいと述べる一方、KAWAMURAはオフィシャルブログにて、娘の活動を応援する様子などを綴っている。
その父親がレギュラー番組『アイドリング!!!』にゲスト出演した際、娘について「わがままで向こう気が強く、時々キレて泣く」「SPEEDに憧れて、ダンススクールに通ったのも事後報告で、金銭面も含め困ってしまった」「自分はロック音楽をやっていたため、小さい時の娘と一緒に動物園とかに行っても恥ずかしくて、手を繋ぐとかしてあげられなかった」などのエピソードを語った[35]
妹は、システムエンジニアでもあったタレント・女優の河村舞(辺見プロモーション所属)[36]。9歳下の弟がいる[37]

エピソード[編集]

ハムスターが好きで、中学生時代、10匹以上に名前を付けて飼育し、二足歩行などの芸を教えていた。

はんにゃフルーツポンチらのファンであり、お笑いポポロを購読していた。他のお笑いも含め、ライブDVDを購入して見るのが趣味。また「バラエティー番組を録画して面白いところを編集する」のも趣味としており、DVD/HDDレコーダー全盛の2009年の時点でVHSレコーダーを購入した。

音楽関連[編集]

  • 貪欲姿勢
アイドリング!!!時代、音楽部門の活動には特に貪欲だった。開催していた定期ライブでは、各公演の演出をMCも兼ねて仕切る事が多かった。渋はちライブでは、台本を書いたりして数度のプロデュースも行っている[38]。楽曲のパフォーマンスに対しても貪欲で、歌や振り付けなどで複数のパートを会得するよう努力していた。また、番組スタッフそれぞれと、一度は曲構成で意見の衝突があった事を明かし、安易に妥協したくない気持ちを述べている。
  • 親子共演
大型アイドルフェス『TOKYO IDOL FESTIVAL 2013』にて、ロックギタリストの父親と共演が実現し、オリジナルのメタルソングを披露した[5]。翌年の同イベントでも共演し、同僚・酒井瞳の復帰ステージのギター演奏を父が担当して、盛り上げに一役買った[39]。翌々年にも登場した際には、母親も帯同し家族3人で熱唱した[40]
  • 創作活動
アイドリング!!!卒業後も歌に関わる活動をしたいと希望し[41]、その後ソロやユニットで活動している。2016年秋頃からオリジナル曲の創作を開始し、シンガーソングライターとしての活動も始めた。創作した楽曲は「発表する程でもないクソみたいな歌」と自虐し、Quickly Songに掛けて『クソング』と名付けている。ソフトアーティスト(別名シンガー"クソング"ライター)と自称して時折対バン等に出演し、完成曲を女性ギタリスト・SATTYのアコギ協力の元で披露している[42]

サブカルチャー[編集]

  • 「サンリオ」
幼少の頃から『サンリオ』のキャラクター「ハローキティ」(特にイチゴマン)が大好きで、関連テーマパーク・サンリオピューロランドに浜松市在住の頃より頻繁に訪れている。他にも「シナモロール」「マイメロディ」「ポムポムプリン」などのキャラクターや様子をSNSを通じて時折紹介し[13]、年間パスも所持している[43]。そして「いつかはピューロランドのステージに立つのが夢」と語っている[44]
  • 「ぷよぷよ」
セガのビデオゲーム『ぷよぷよ』と関わりがある。同ゲームと所属グループ・アイドリング!!!が、コラボした経緯で結成された期間限定ユニット「ぷよぷよアイドリング!!!」に所属していた。『ぷよぷよ7』のイメージソングをリリースしたり、2009年度の東京ゲームショウ内で、同ゲームのプロモーションにも出席している[45]。以来、「ぷよぷよシリーズ」の大ファンになっている[46]
2011年、ぷよぷよ誕生20周年にも同ゲームコラボ第2弾が企画され、記念作品『ぷよぷよ!! Puyopuyo 20th anniversary』のイメージソングに参加した[47]
2015年5月には、ぷよぷよシリーズ24(ぷよ)周年記念で舞台化された『ぷよぷよ オンステージ』に、ゲーム内の主要キャラクター・りんご役で出演している[8]

グループ活動[編集]

アイドリング!!!関連[編集]

  • 2期生
アイドリング!!!では12号、イメージフラワーは「スイートピー」。歴代メンバーの内、森田涼花長野せりな酒井瞳朝日奈央菊地亜美三宅ひとみミシェル未来小林麻衣愛と同期である。
  • キャラクター
向上心が強いため、勝ち気や自己主張が前面に出てしまうタイプで、それらを一部のメンバーからは「5歳児のようだ」と揶揄されていた。本番中でもスタッフに苦言を吐いた事があり、番組ディレクターだった森洋介から[48]「もう少し穏やかになった方がいい」と意見されている[49]。その一方で、一歩引いて相手の様子を窺い、見つめて観察する時がある。アイドリング!!!2期生によれば、控え室ではそのようにクールと評されていた。また、上京してからの貧乏エピソードを明かす事が多く、アイドリング!!!MCバカリズムから度々同情されていた[50]
番組やイベントなどの場面において、当初はキャラクターの変貌が激しく、掴み所のない性格であった。ライブでは、客席を煽り非常にホットな動きを見せる反面、後述の付き合いの悪さや、後ろ向きでネガティブな言動を見せていた。それらについては、後日ブログで釈明を行っている[51]
  • 老けキャラ / 凱旋
生気の抜けた様な振る舞いをすることがあり、老けキャラとして扱われる事があった[52]。また、年少メンバー達に対しては、勉強を見てやったり、帰りが一緒なら食事に誘ったりしている。そのためメンバーからは「おかあさん」「おばさん」とあだ名される場面も多かった。
2008年10月よりアイドリング!!!日記(アイドリング!!!地上波版)がテレビ静岡でネットされ、故郷に錦を飾ることとなった(2011年3月でネット終了)。その際の番組内CMでは、絣と茜襷、手甲を身に着けた、茶摘み娘姿で登場した。また、同局で行われたイベントにチーム中堅の一員として参加し、凱旋ライブなどを行った[注 4]
  • メンバーとの関係
歴代メンバーの内、横山ルリカ・清久レイア(2014年末に芸能界引退)とは同じ事務所に所属。横山は事務所の先輩でありながら、年齢が2つ下である歪な関係である為、当初は互いに気を使い「ルリカちゃん」、「唯ちゃん・河村さん」と呼び合っていた。グループ加入当初、横山からタメ口にするよう請われたが「マネージャーさんに怒られる」と断った事もある。2010年から共演した冠番組などがあり、個人活動の付き合いも長い[53]
当初はプライベートで、メンバーとの交流に積極的ではなかった。先輩・小泉瑠美に至っては、2期生加入直後の顔合わせ以来、ほとんど会話していない。後日ブログにて、真意は帰省などに掛かる費用を捻出するための節約であると弁明しているが、人と壁を作るような自身の性格を「人見知り」とかではなく「自分の無知で話が合わないのが怖い」と述べている。その後、自身が年長となるにしたがって、年下の後輩と親睦を持つようになった。同世代のメンバーとも交流はあるが、上述の理由で会話に緊張する事があるから[54]、「年下と付き合う方が、気を使わないで楽だ」と語っている。

アイドリング!!!卒業[編集]

2015年10月末日、アイドリング!!!の活動終了に伴いグループを卒業した。約7年半在籍し、シングル20枚[注 5]アルバム6枚参加などの実績を残している。レギュラー番組『アイドリング!!!』にも同期間900回以上出演した[55]

  • 卒業コメント
「一部のファンからは、キャラクターの付き合いで応援されていた事は知っていた。それでも支えてくれた方々には感謝している」と述べている。
番組MC・バカリズム升野について、「2期生という追加メンバーに否定的な流れもあった当時、升野は当初から擁護してくれていた。結果を出して褒められた事が励みになった。ずっと恩師として崇めていきたい」と語り、運営側については、「スタッフと揉めた事もあったが、5年前にグループを辞めたいと漏らした時、引き留めてくれた事で最後まで全うできた」と、それぞれに謝意を示した。
メンバーについては、「20代前半にヘルニアになり、パフォーマンスに支障をきたし始めた。それから支え合うようになり、助け合いの大事を学んだ」と明かし、「グループ内の世代交代が進む中、自分の限界を感じ始めた。この卒業は、いいタイミングだった」と本音を漏らしている[56]
今後について、「晩年は無理をしてアイドルを演じていた。一番やりたいのは歌。路上スタートでもいいから続けたい」と意欲を語った[41]

メンテナンス関連[編集]

アイドリング!!!後継集団「メンテナンス」

2015年11月28日、活動終了した女性アイドルグループアイドリング!!!」のOG主体による後継アイドル集団「メンテナンス」が発足し[11]、メンバー2号として参画した[注 6]。主にトーク番組や音楽ライブなどを中心に活動し、アイドリング!!!時代の芸風を引き継いでいる[57]。また、メンバーはあくまで個人の活動を最優先し、非常に緩く集合離散しているのが特徴。

梅酒 関連[編集]

女性コンビ「梅酒」(うめしゅ)

アイドリング!!!の同期で歳も同じ酒井瞳とは、番組やライブで「コンビ」として扱われる機会が多く、それぞれの愛称や名字から取り「梅酒」とあだ名されている。アイドリング!!!5thアルバム『GOLD EXPERIENCE』には、そのユニット「梅酒」の歌唱曲「あこがれアドレイション」が収録されている。酒井が長期の体調不良から復帰したイベントで同曲を歌唱した際、自身は感無量となり涙ぐんで復帰を喜んだ[39]

アイドリング!!!卒業後もコンビを継続し、同名義で各企画に参加したり、冠番組も開始している[13]。女性アイドル集団「メンテナンス」傘下に所属。

  • 「スナックうめ子」
梅酒コンビの原点でもあり、アイドリング!!!時代の大型アイドルフェス『TOKYO IDOL FESTIVAL』から誕生したトーク企画。当人達が文字通りスナックバーを営むママ(河村)とチーママ(酒井)に扮し、様々なアイドルをゲストに迎えて普段は言えない裏話を暴露。アイドル達が身を削るトークが好評を博し、夜の定番プログラムとして定着した[58]

出演[編集]

テレビ[編集]

レギュラー・冠番組

ドラマ[編集]

舞台[編集]

  • エアースタジオ『MOTHER 〜特攻の母 鳥濱トメ物語〜』(2009年12月9日 - 13日、新国立劇場小劇場)
  • ストレイドッグ
  • UMAN『リボンの騎士〜鷲尾高校演劇部奮闘記〜』(2011年2月26日・27日、神奈川県立青少年センターホール) - ダンス同好会リーダー 役
  • にほんのうた実行委員会『幸福レコード(ハピネスレコード)』(2011年10月17日 - 25日、相鉄本多劇場) - 赤星珊瑚 役
  • CORNFLAKES『体感季節』(2012年5月24日、中目黒キンケロ・シアター)
  • 猫☆魂ライン』(2012年12月5日 - 9日、新宿シアターサンモール) - ユリ(渡部百合) 役[60]
  • 天才劇団バカバッカ
    • Vol.13『POLIMPIC TOKYO!』(2014年4月9日 - 13日、吉祥寺シアター) - 主演ヒロイン
    • Vol.15『ハッピー・ウエディング!』(2015年3月11日 - 17日、品川・六行会ホール) - 主演ヒロイン
    • Vol.16『ホテル・プラチナアイランド』(2015年12月9日 - 13日、品川・六行会ホール) - 主演ヒロイン・虎井せいら 役
    • Vol.17『COLORS』(2016年6月10日 - 19日、吉祥寺シアター) - 宇宙人アークトゥルス 役
    • Vol.18『DADDY WHO?』(2016年11月16日 - 20日・25日、新宿サンモールスタジオ)
    • Vol.19『BADASS PSY-KICKS!』(2018年2月23日 - 3月4日、品川・六行会ホール)
    • Vol.20『GOD'S AND DEATH』(2018年10月31日 - 11月4日、ラゾーナ川崎プラザソル)) - 女医 役
  • 100点un・チョイス!
    • 旗揚げ公演『とけないまま、とけていく』(2015年1月14日 - 18日、中目黒キンケロ・シアター)
    • 番外公演vol.2『Who are you?』(2017年9月16日・17日、浅草六区ゆめまち劇場) - 日替わりゲスト
  • レイネット『ぷよぷよ オンステージ』(2015年5月2日 - 6日、赤坂ACTシアター) - あんどうりんご
  • Xカンパニー旗揚げ公演『泡の恋』(2015年12月26日、浅草アサヒ・アートスクエア) - 日替わりゲスト
  • 東京パフォーマーズ倶楽部 第11回公演『浅草あちゃらか』(2016年1月20日 - 24日、新宿シアターサンモール) - 下條美咲 役
  • 朗読歌唱劇『あの日、たしかに私たちは「アイドル」だった。<2016>』(2016年2月19日 - 21日、ニッポン放送イマジンスタジオ)
  • 朝劇 浅草『浅草DOGDAYS』(2016年4月3日・4日、7月2日、浅草六区ゆめまち劇場) - チワ 役
  • 朝劇 西新宿
    • 『恋の遠心力』(2016年4月27日・5月1日、2017年6月18日、西新宿GLASS DANCE) - 日替わりゲスト
    • 『愛の回転式』(2017年10月29日・12月06日、西新宿GLASS DANCE) - 日替わりゲスト
  • ズッキュン娘第10回本公演『歩いてみやがれ!』(2016年8月10日 - 14日、南大塚ホール) - 梅本さん 役
  • 劇団コラソン
    • 第40回記念公演『ブタの穴』(2016年11月21日、新宿SAMURAI) - ゲスト
    • 第57回公演『あさひの挑戦状 11』(2018年5月28日、新宿SAMURAI)
  • ぐりむの法則『東京のぺいん』(2016年12月7日 - 11日、新宿村LIVE) - 琴音 役
  • 斬劇『戦国BASARA』関ヶ原の戦い - 井伊直虎[61]
  • 劇団虚幻癖 番外公演『GHOST MIX』(2017年6月27日 - 7月2日、中野テアトルBONBON) - ヒロイン・神谷アンナ 役
  • 劇団東少ミュージカル『人魚姫』 - 隣国の王女 役
    • 本公演 (2017年7月22日 - 26日、日本橋 三越劇場)
    • 夏公演ツアー (2017年7月30日 - 9月30日、四街道市/丹波市/勝央町/焼津市/津市/里庄町/川越市/志木市/川崎市/府中市/牟岐町/阿波市/西東京市)
    • 2018夏公演ツアー (2018年6月28日 - 9月9日、横浜市/北杜市/紀の川市/上富田町/福島市/倉敷市)
  • マウンテン一家 旗揚げ公演『4.5劣等』(2018年7月5日、池ノ上 Bar GARIGARI) - 日替わりゲスト
  • ケイポイント『春過ぎて、アルタイル』(2018年8月21日 - 26日、浅草九劇) - 西園寺光 役
  • 劇団山本屋『午前5時47分の時計台 2018』(2018年10月5日 - 8日、練馬 光が丘IMAホール) - 犬のクラリス 役

配信テレビ・アプリ[編集]

  • 河村唯 プレミアム放送 (2012年1月27日 - 2015年7月、AmebaStudio)
  • 古坂大魔王のカツアゲ! (2013年4月 - 6月、Ameba Studio) - アシスタントMC
    • 古坂大魔王&パンサーのカツアゲ! 最終回SP (2017年3月28日、AbemaTV)[62]
  • 横河放課後学習塾 (2013年11月 - 2015年7月、Ameba Studio)
  • きみだけLIVE『たまには、お話しましょう会』(mixi) - 元アイドリング!!!企画
    • 春(2016年4月3日) 秋(2016年10月13日)
  • 河村唯チャンネル (2016年7月 - 2017年3月、AMESTAGE)
  • アイドルING!!!〜ネクスト育成ング!!! (2017年10月 - 2019年12月、FRESH!) ※2017年9月パイロット版放送あり

声優・吹き替え[編集]

アニメ

ラジオ[編集]

音楽活動[編集]

CDシングル[編集]

プロデュース[編集]

アイドリング!!!名義

  • TOKYO IDOL FESTIVALお台場青海特設会場)
    • 川村梅子モーニング歌謡ショー(2012年8月5日)
    • スナックうめ子 (2012年8月4日) (2013年7月27日) (2015年8月1日) (2016年8月5・6・7日※メンテナンス名義)
  • 渋はちライブマウントレーニアホール渋谷
    • 河村唯プロデュースライブ(2013年3月27日)
    • 梅酒とゆかいな仲間たち(2014年1月15日)
    • 大人アイドリング!!!〜20歳越えで弾けちゃいますSP!(2014年12月10日)
    • 河村に演出されたいメンバー大集合!(2015年1月28日)
ほか

ライブイベント[編集]

定期出演

  • IJICHI's Living Door (東新宿 真昼の月夜の太陽 / 恵比寿天窓.switch / 千駄ヶ谷GRAPES KITASANDO / 銀座Miiya Cafe)
    • 2016年:vol.216 (7月22日), vol.222 (9月9日), vol.228 (10月31日), vol.235 (12月16日)
    • 2017年:vol.238 (1月6日), vol.246 (2月24日), vol.249 (3月24日), vol.256 (5月3日), vol.264 (6月15日), vol.271 (8月2日), vol.280 (9月19日), vol.283 (10月9日), vol.288 (11月5日), vol.296 (12月21日)
    • 2018年:vol.299 (1月17日), 300回記念vol.2 (2月2日), vol.313 (3月21日), vol.317 (4月20日), vol.323 (5月17日), vol.328 (6月10日), vol.329 (6月19日), vol.333 (7月11日), vol.341 (8月30日), vol.346 (9月24日), vol.358 (12月20日)

客演

  • SMKT 69demo League vol.6 (2016年5月5日、下北沢ろくでもない夜)
  • コラソンライブ
    • コラソンフェス (下北沢GARDEN)
      • vol.16 (2016年6月21日),vol.19 (2016年9月20日)
    • コラソンウェイ (渋谷Milkyway)
      • vol.7 (2016年9月29日). vol.36 (2018年1月9日)
  • デリシャカス2016『河村唯 in デリシャカス』(2016年7月19日・8月19日、赤坂サカス)
  • (有)申し訳ないと『(有)申し訳AFTERNOON 20周年SP@代官山UNIT』(2016年12月18日、代官山UNIT) - アイドリング!!!OG名義
  • お台場みんなの夢大陸 マイナビステージ 『真夏のアイドルライブ』(2017年7月28日、フジテレビ本社屋)
  • 遠藤舞LAST LIVE -最終回- 第一部 (2017年12月16日、南青山CAY)
  • 有楽町ベンチーズ主催ライブ公式戦 第6戦 『ベンチーズのいつかはジューンブライド』(2018年6月4日、新宿SAMURAI)
  • KANAGAWA FESTIVAL in HANOI(2018年11月17日・18日、ベトナムハノイ
  • Hoi tet nguyen dan ky hoi「HOI AN 2019」(2019年2月4日、ベトナム・ホイアン)

書籍[編集]

カレンダー[編集]

  • 河村唯 2011年カレンダー(2010年9月25日、トライエックス)
  • 河村唯 2014年カレンダー(2013年10月19日、トライエックス)[63]
  • 河村唯 2015年カレンダー(2014年10月18日、トライエックス)[64][54]
  • 河村唯 2016年カレンダー(2015年10月24日、トライエックス)[65]

梅酒名義[編集]

バラエティ[編集]

テレビ

配信テレビ・アプリ

  • はまぐちコントサークル〜企画編〜 「スナックうめ子スペシャル」 (2015年11月 - SHOWROOM) - MC
  • 梅酒の休肝日(2016年2月 - SHOWROOM) - MC
  • TOKYO IDOL FESTIVAL
    • TIF 2016『スナックうめ子 NIGHT』(2016年8月5・6・7日、SHOWROOM) - MC
    • TIF 2016『アフター スナックうめ子』(2016年8月5・6日、ニコニコ生放送) - MC
    • TIF 2017『スナックうめ子2017 〜ママのいない夏〜』(2017年8月4日、SHOWROOM) - MC
    • TIF 2018『スナックうめ子2018夏 〜今年もいろいろあるよねー〜』(2018年8月3日 - 5日、SHOWROOM) - MC

イベント[編集]

  • TOKYO IDOL FESTIVAL(フジテレビ本社屋/特設会場)
    『メンテナンス LIVEステージ』『スナックうめ子 NIGHT』他
    『メンテナンス LIVEステージ』『スナックうめ子〜2017 ママのいない夏〜』
    『スナックうめ子2018夏 〜今年もいろいろあるよねー〜』
  • 掟ポルシェのアイドル依存症 VOL.7(2016年8月23日、LOFT9 Shibuya)
  • お台場みんなの夢大陸『梅酒 fromメンテナンス LIVE』(フジテレビ本社屋/特設会場)
    (2016年8月28日)(2017年8月28日)
  • 天才劇団バカバッカ
    • 『めちゃバカSpecial!』(2016年12月27日、浅草六区ゆめまち劇場)[68]
    • 『めちゃバカ4〜男前劇団チョコバッカ〜』(2017年2月23日、グラスダンス新宿)
    • 『めちゃバカ5〜新学期スペシャル〜』(2017年4月23日、浅草六区ゆめまち劇場)
  • 100点un・チョイス! 3周年記念イベント(2017年9月16日、浅草六区ゆめまち劇場)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 河村と早瀬絢香、奥侑里香の3人からなるグループ(当時)
  2. ^ 大友良英のバンド・Ground Zeroとは別のグループ
  3. ^ “DVD お台場合衆国”限定版 アイドリング!!!の夏休みング!!!2009 Part1
  4. ^ 2008年10月4日
  5. ^ カップリングのオリジナル曲を含むと21枚
  6. ^ 濱口優の発案で、アイドリング!!!の番号制度に準拠
  7. ^ 2012年3月まで「エンタ!371」でも放送されていた。

出典[編集]

  1. ^ a b c 所属事務所公式プロフィール
  2. ^ a b c アイドリング!!!プロフィール
  3. ^ BOMB2009年5月号
  4. ^ http://www.nicovideo.jp/watch/sm21389315
  5. ^ a b c TIF2013 - 河村唯オフィシャルブログ
  6. ^ 河村唯 主演舞台「POLYMPIC TOKYO!」4月9日から吉祥寺シアターにて上演決定 - GirlsNews
  7. ^ バクステ外神田一丁目・七海とろろ、舞台「ハッピー・ウエディング!」でラブコメに挑戦中 - ミニシアター通信
  8. ^ a b シリーズ24周年記念舞台『ぷよぷよ オンステージ』公演開始 - ファミ通.com、舞台“ぷよぷよ オンステージ”ゲネプロ公演レポート - 電撃online
  9. ^ アイドリング!!! 涙の“全員卒業”「私の誇り」 5年後の再会も決定 - オリコンスタイル
  10. ^ よゐこ濱口と元アイドリング!!!の生配信、なすなかにしや紺野ぶるまも参加 - ナタリー
  11. ^ a b バカリズムが「残りカス」呼ばわり、元アイドリング!!!河村唯とバトル勃発 - ナタリー、TIF第8弾発表でGALETTe・Rev・マジパンら69組追加 「スナックうめ子」も復活 - TOKYO POP LINE
  12. ^ 河村唯、関谷真由、アイドリング!!!卒業後初舞台 - シアタークリップ
  13. ^ a b c 元アイドリング!!!河村唯 ポムポムプリンと並び「小顔効果」 - Techinsight
  14. ^ 【潜入レポート】 あの日、たしかに私たちは「アイドル」だった。 - yoppy
  15. ^ ジャイアンの声優・木村昴の劇団公演に元アイドリング!!!河村唯、酒井瞳参加 - シアタークリップ
  16. ^ 梅酒「お台場みんなの夢大陸」ライブレポート 〜前代未聞のラジオ体操披露にファン歓喜!?『慣れない』貴重”自撮りショット”多数〜 - Poptalk MAGAZINE
  17. ^ 元アイドリング!!!河村唯、渋谷スクランブル交差点でゲリラライブ - mixi
  18. ^ 天才劇団バカバッカ「DADDY WHO?」早くも再演、木村昴と白倉裕二の2バージョン - ナタリー
  19. ^ ぐりむの法則「東京のぺいん」にメンテナンスから河村唯と関谷真由が出演! - Poptalk MAGAZINE
  20. ^ マジボ、ハイパヨ、J太郎ら「申し訳」20周年祝福、早朝は女子流ライブ - ナタリー
  21. ^ 斬劇『戦国BASARA』最新作が開幕! ド派手なアクション&体当たりの熱演で魅せる"関ヶ原の戦い" - ファミ通.com
  22. ^ 斬劇『戦国BASARA』関ヶ原の戦いにメンテナンス河村唯が出演! - Poptalk MAGAZINE
  23. ^ 夏休みファミリーミュージカル【人魚姫】 - アクトインディ 「いこーよ」
  24. ^ アイドリング!!!発ユニット・梅酒、軽部アナとのカラオケ対決でまさかの「完敗」 - Techinsight
  25. ^ 元アイドリング!!!河村唯が起こした“ドクロ事件” 詳細を告白「泣けてくる」”. AbemaTIMES (2017年12月8日). 2018年2月26日閲覧。
  26. ^ 遠藤舞、芸能生活最後のステージを生中継”. BARKS (2017年12月13日). 2018年2月26日閲覧。
  27. ^ 超能力で悪と戦う、天才劇団バカバッカ「BADASS PSY-KICKS!」” (2017年12月19日). 2018年2月26日閲覧。
  28. ^ 話題のイケメン女子 中山咲月主演舞台「春過ぎて、アルタイル」出演者コメント到着”. Dwango.jp News2018-08-11. 2018年8月25日閲覧。
  29. ^ 川尻恵太×木村昴、天才劇団バカバッカ第20回公演は落語「死神」から着想”. ナタリー (2018年10月11日). 2018年11月5日閲覧。
  30. ^ KANAGAWA Festival in HANOI参加”. TAKARAグループ (2018年11月). 2018年11月27日閲覧。
  31. ^ 元アイドリング!!!河村唯“渾身の自撮り” 今さら気づいた「人には人のベストがある」”. Techinsight (2017年12月30日). 2018年2月26日閲覧。
  32. ^ 河村唯 公式twitter2015年12月28日
  33. ^ 河村唯 公式twitter2016年1月10日
  34. ^ 酒井瞳 公式twitter2015年2月9日
  35. ^ アイドリング!!!地上波版 第119回より - TVでた蔵
  36. ^ 河村舞プロフィール - with girls、河村舞オフィシャルtwitter2015年10月5日
  37. ^ 「なんでいるの?」弟が困惑。お姉さんの仕掛けたサプライズとは - Channel Panasonic
  38. ^ 6年半で見つけた居場所とは? 初メインボーカルのアイドリング!!!2期生にインタビュー - KAI-YOU.net
  39. ^ a b アイドリング!!!酒井瞳 病気療養から復活のサプライズステージ - ニュースラウンジ
  40. ^ アイドリング!!!今年もうめこパパ登場!ロック空間広がるアイドリング!!!梅酒コンビから“ファミリー”へ進化!自由なステージ展開でファン魅了 - ニュースラウンジ
  41. ^ a b アイドリング!!!卒業、河村唯「路上で歌でも歌います」河村唯、衝撃告白「アイドルは正直嫌だった」 - SANSPO.COM
  42. ^ 話題になるのも時間の問題?「クソング」で勝負をかける元アイドリング!!! 河村唯に注目! - デラべっぴんニュース
  43. ^ 元アイドリング!!!河村唯“テーマパーク通い”でダイエット「ガチすぎて誰にも言えなかった…」”. Techinsight (2018年5月16日). 2018年6月6日閲覧。
  44. ^ 3月はピューロから♪♪ - オフィシャルブログ
  45. ^ コラボユニット・ぷよぷよアイドリング!!!がTGSでガチンコバトル!!! - 電撃オンライン
  46. ^ ぷよぷよ〜♪♪ぷよぷよ〜♪♪”. オフィシャルブログ (2015年5月7日). 2018年6月6日閲覧。
  47. ^ 「ぷよぷよ!!」と「アイドリング!!!」のコラボレーション再び - 4gamer.net
  48. ^ アイドリング!!! チームインタビュー 〜森ディレクター 編〜 - 2.5D
  49. ^ アイドリング!!!♯1185、2期生加入で抗争勃発、魂をぶつけあうアイドルたち - LoGIRL
  50. ^ 2012年2月10日放送『フジテレビからの〜!』”. TVでた蔵 (2012年2月10日). 2014年6月12日閲覧。
  51. ^ ごめんなさいの12号”. アイドリング!!!ブログ「煮詰まります!」 (2008年10月3日). 2014年6月12日閲覧。
  52. ^ 運動量。”. 河村唯オフィシャルブログ (2010年10月13日). 2014年6月12日閲覧。
  53. ^ ルーリーうめ子のなんでもやります課???
  54. ^ a b 河村唯、一緒に鍋したいメンバーは? - ニュースラウンジ
  55. ^ アイドリング!!! ファン様に見守られ9年と1日・全1303回の放送にピリオド - GirlsNews
  56. ^ アイドリング!!!全員卒業スペシャル - TVでた蔵
  57. ^ TIF第8弾発表でGALETTe・Rev・マジパンら69組追加 「スナックうめ子」も復活 - TOKYO POP LINE
  58. ^ 今年も灼熱のTIF2013。HKT48、風男塾、さくら学院らアイドル111組が集結! - BARKS、菊地亜美 太ったと指摘され「痩せます!!」宣言 - アメーバニュース、欅坂46、あーりん、矢口&辻も登場!過去最大規模「TIF」熱狂の3日間 - ナタリー
  59. ^ 「ザ・カセットテープ・ミュージック」準レギュラー(!?)の元アイドリング!!!メンバーに直撃”. ザテレビジョン (2018年7月13日). 2018年8月7日閲覧。
  60. ^ ライン公式サイト
  61. ^ 新たな可能性を広げて開幕!斬劇『戦国BASARA』関ヶ原の戦い上演中! - 観劇キック
  62. ^ 古坂大魔王と鈴木亮平がソックリ?「顔が同じ系統。身長も同じ」 - AbemaTIMES
  63. ^ 河村唯 3年ぶりのカレンダーに菊地亜美と酒井瞳から突っ込まれる - GirlsNews
  64. ^ 河村唯 2015年カレンダーで女性ファンに向けた男装を披露 - GirlsNews
  65. ^ 河村唯、好きな男性のタイプは「金持ち」 - 日テレNEWS24
  66. ^ <TOKYO IDOL FESTIVAL 2016>3日間のアイドルの祭典が閉幕 - BARKS
  67. ^ 「TIF2017」新たに19組が追加!青SHUN学園ら5組が初出場決定! - lopi・lopi
  68. ^ 即興芝居にヒップホップライブ、歌合戦も!天才劇団バカバッカの年忘れイベント - ナタリー

梅酒 / メンテナンス

アイドリング!!!