河村憐次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
河村 憐次
かわむら れんじ
生年月日 1917年6月14日
出生地 山口県下松市
没年月日 2014年2月15日(96歳没)
死没地 山口県周南市
出身校 慶應義塾大学法学部卒業
前職 山口県議会議員
現職 社会福祉法人松星苑名誉理事長
所属政党 (無所属→)
自由民主党→)
無所属

Flag of Kudamatsu Yamaguchi.JPG 下松市長
当選回数 4回
在任期間 1984年4月25日 - 2000年4月24日
テンプレートを表示

河村 憐次(かわむら れんじ、1917年6月14日 - 2014年2月15日[1])は、元山口県下松市長、元山口県議会議員、元下松市議会議員。山口県下松市出身。慶應義塾大学法学部卒業。

経歴[編集]

  • 東洋鋼鈑下松工場で安全厚生課長、下松営業所長などを務めた。
  • 社会福祉法人松星苑(しょうせいえん)理事長として知的障害者のための施設を経営してきた。現在は名誉理事長。
  • 下松市長時代は山口県市長会会長、全国市長会副会長を務めた。
  • 2014年2月15日午後10時38分、肺炎のため、山口県周南市の病院で死去。96歳没。歿日付で従四位

選挙[編集]

  • 1954年4月 下松市議会議員に無所属で当選。36歳(市議1期目)
  • 1967年4月 山口県議会議員に無所属で当選。49歳(県議1期目)
  • 1971年4月 山口県議会議員に自民党公認で当選。53歳(県議2期目)
  • 1975年4月 山口県議会議員に自民党公認で当選。57歳(県議3期目)
  • 1979年4月 山口県議会議員に自民党公認で当選。61歳(県議4期目)
  • 1983年4月 山口県議会議員に自民党公認で当選。65歳(県議5期目)
  • 1984年4月 下松市長に当選。66歳(市長1期目)=岩崎重男(無新・前助役)を破る
  • 1988年4月 下松市長に当選。70歳(市長2期目)=岡本三平(共新・元市議)を破る
  • 1992年4月 下松市長に当選。74歳(市長3期目)=弘中佑児(無新・元市議会議長)を破る
  • 1996年4月 下松市長に当選。78歳(市長4期目)=無投票
  • 2000年4月 下松市長に落選。82歳 =井川成正(無新・元市議会議長)に敗れる

政策[編集]

  • 県議時代は一貫して岸信介派(のちの吹田あきら派)に属した。
  • 下松市長には前評判の高かった前助役を大差で破って当選し「変革の初V」と報じられた。さっそく助役には「市政に新しい血を入れる」と県庁幹部を迎えた。
  • 市長在任中は西友を核にした「ザ・モール周南」の誘致に成功し、下松に大型店ラッシュの呼び水を作った。現在も商業面積に占める大型店の割合(大型店占有率)は全国トップである。
  • 合併による中核都市づくりを標榜し、3市2町合併協議会の設立に貢献したが、2000年の市長選では合併慎重派の井川成正に敗れた。

脚注[編集]

  1. ^ 山口県下松市長の河村 憐次さん死去、有名人の葬儀、2014年2月17日閲覧
先代:
藤田徳一
Flag of Kudamatsu Yamaguchi.JPG 山口県下松市長
1984年 - 2000年
次代:
井川成正