河田一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

河田 一郎(かわた いちろう、1924年 - )は、日本のプロボクサー。大阪市出身。元日本ウェルター級チャンピオン。オール拳(現:オールボクシングジム)所属。戦後の初代ウェルター級王者である。

1921年9月デビュー。1947年9月1日、後の名王者秋山政司との王座決定戦に勝ち、戦後の初代ウェルター級チャンピオンとなる。長身から放たれるストレートは強烈だったが、1949年4月29日、これも後の名王者辰巳八郎に判定負け、タイトルを奪われた。1951年に引退。

通算戦績[編集]

33戦14勝(5KO)10敗8引分け1EX

関連項目[編集]