河田篤秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
河田 篤秀 Football pictogram.svg
名前
カタカナ カワタ アツシ
ラテン文字 KAWATA Atsushi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1992-09-18) 1992年9月18日(26歳)
出身地 大阪府藤井寺市
身長 177cm
体重 77kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 徳島ヴォルティス
ポジション FW
背番号 9
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2015-2016 シンガポールの旗 アルビレックス新潟S 43 (19)
2017-2018 日本の旗 アルビレックス新潟 50 (12)
2019- 日本の旗 徳島ヴォルティス
1. 国内リーグ戦に限る。2018年11月17日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

河田 篤秀(かわた あつし、1992年9月18日 - )は、大阪府藤井寺市出身のプロサッカー選手徳島ヴォルティス所属。ポジションはフォワード(FW)

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

和泉FCに所属していた[1]小学6年時にU13セレッソカップに出場、優秀選手に選ばれてセレッソ大阪U-15にセレクション無しで加入した[2] 。中学2年時にサイドバックにコンバートされるも3年の終わりにはフォワードに戻った[2]阪南大学高等学校1年時には近畿高校サッカー選手権大会にも出場している[2]

アルビレックス新潟シンガポール[編集]

阪南大学卒業後はアルビレックス新潟シンガポールで2年間プレー。2016年4月7日のSリーグホーム・ユナイテッド戦では右ウィングバックでの出場でありながらハットトリックを達成した[3]Sリーグでは通算43試合に出場し19得点を記録、2016年には年間最優秀選手(Player of the Year)に輝いている[1]

アルビレックス新潟[編集]

2017年よりアルビレックス新潟に「逆輸入」で移籍[4][1]。シーズン前半は主にルヴァンカップに出場していたものの、5月16日に右足関節前方インピンジメント症候群と診断されたため、同日中に右足関節骨きょくおよび遊離体の除去手術を受け、全治約8~10週間の戦線離脱。この怪我により前半戦はリーグ戦での出場機会を得られなかったものの、怪我から復帰してシーズンが後半戦に差し掛かると徐々にベンチ入りする機会が増えていく。9月23日の北海道コンサドーレ札幌戦(札幌ドーム)、前半30分に札幌ゴールキーパーのク・ソンユンとの接触プレーにより負傷退場した富山貴光との交代によって途中出場すると、2点ビハインドの展開で後半80分にJリーグ移籍後初ゴール、さらに87分に同点ゴールを挙げて引き分けに持ち込んだことで呂比須ワグナー監督からの信頼を獲得。この次の試合のヴィッセル神戸戦(デンカビッグスワンスタジアム)からレギュラーに定着し残りの全試合に先発出場したものの、チームはJ2に降格。2017年シーズンは最終的にリーグ戦3得点を挙げた。

2018年はシーズン開幕前に背番号を32番から山崎亮平柏レイソル移籍によって空き番号となった9番に変更。2月25日のJ2リーグ開幕戦、対カマタマーレ讃岐戦(Pikaraスタジアム)で先制ゴールを挙げ勝利に貢献した。3月25日の徳島ヴォルティス戦では新潟移籍後となる本拠地のデンカビッグスワンスタジアムでのゴール(先制ゴール)を挙げ、このゴールが決勝点となりチームの勝利に貢献した。

徳島ヴォルティス[編集]

2019年より徳島ヴォルティスに完全移籍で加入[5]

所属クラブ[編集]

ユース
プロ

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
シンガポール リーグ戦 リーグ杯シンガポール杯 期間通算
2015 新潟S 13 Sリーグ 21 6 4 2 5 3 30 11
2016 22 13 4 4 4 3 30 20
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2017 新潟 32 J1 11 3 2 0 0 0 13 3
2018 9 J2 39 9 0 0 2 0 41 9
2019 徳島 -
通算 シンガポール Sリーグ 43 19 8 6 9 6 60 31
日本 J1 11 3 2 0 0 0 13 3
日本 J2 39 9 0 0 2 0 41 9
総通算 93 31 10 6 11 6 114 43

タイトル[編集]

クラブ[編集]

アルビレックス新潟シンガポール

個人[編集]

  • Sリーグ年間最優秀選手:1回 (2016)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 新潟が新潟シンガポールからFW河田篤秀を“逆輸入””. ゲキサカ(講談社) (2016年11月25日). 2016年11月25日閲覧。
  2. ^ a b c 阪南大のエース河田篤秀「偉大な先輩の背中を追って成長」”. サッカーなう (2014年9月26日). 2016年11月25日閲覧。
  3. ^ アルビレックス新潟Sが河田篤秀のハットトリックで暫定首位キープ”. サッカーキング(FromOne) (2016年4月9日). 2016年11月25日閲覧。
  4. ^ “アルビレックス新潟・Sから河田 篤秀選手 完全移籍加入のお知らせ” (プレスリリース), アルビレックス新潟, (2016年11月25日), http://www.albirex.co.jp/news/top_team/50524 2016年11月25日閲覧。 
  5. ^ “河田 篤秀選手完全移籍にて加入内定のお知らせ” (プレスリリース), 徳島ヴォルティス, (2019年1月6日), http://www.vortis.jp/information/news/detail.php?id=1253 2019年1月9日閲覧。 

関連項目[編集]