河盛好蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
河盛 好蔵
(かわもり よしぞう)
Yoshizo Kawamori 01.jpg
1956年頃撮影
誕生 1902年10月4日
大阪府堺市
死没 (2000-03-27) 2000年3月27日(97歳没)
職業 フランス文学者
国籍 日本の旗 日本
ジャンル フランス文学
主な受賞歴 読売文学賞(研究・翻訳賞)(1962年)
勲三等旭日中綬章(1973年)
大佛次郎賞(1978年)
菊池寛賞(1985年)
文化勲章(1988年)
読売文学賞(随筆・紀行賞)(1997年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

河盛 好蔵(かわもり よしぞう、1902年10月4日 - 2000年3月27日)は、日本のフランス文学者評論家。仏文学者としてはモラリストの著作を日本に紹介した。

来歴・人物[編集]

大阪府堺市出身。旧制大阪府立堺中学校を経て1920年第三高等学校入学。京都帝国大学仏文科で落合太郎河野与一に師事。1926年、京都帝国大学仏文科を卒業して関西大学に赴任し、フランス語を教える。

1928年学校騒動で関西大学を辞職して渡仏し、ソルボンヌ大学に学ぶ。1930年に帰国。堺の生家でジャン・コクトー『山師トマ』を翻訳。

上京後、ファーブル昆虫記』を三好達治と共訳。1931年杉捷夫の世話で立教大学教授に就任し、1943年までフランス語を教える。1943年、随筆『新釈女大学』がベストセラーとなる。

戦後は東京教育大学教授、共立女子大学教授を歴任、フランス・モラリストを汲んだ著作を多く出した。主な著作は晩年に刊行した『河盛好蔵 私の随想選』(新潮社、全7巻)に収録されている。

1962年に『フランス文壇史』で読売文学賞(研究・翻訳賞)、1978年に『パリの憂愁』で大佛次郎賞1985年菊池寛賞をそれぞれ受賞。1970年日本芸術院会員、1973年勲三等旭日中綬章受章、1986年文化功労者1988年には文化勲章受章。1989年脳梗塞で倒れるも、リハビリを続け、1998年には『藤村のパリ』で読売文学賞(随筆・紀行賞)受章。

1997年には『藤村のパリ』と『パリの憂愁―ボードレールとその時代』により、95歳で京都大学より「博士(文学)」の学位が授与された。また、同年に『藤村のパリ』で読売文学賞(随筆・紀行賞)を受賞した。

長女・悳子は林房雄の長男・後藤昭彦と結婚した[1]


著書[編集]

著作集[編集]

  • 『河盛好蔵 私の随想選』(全7巻、1991年1月-8月、新潮社
  1. 私のパリ
  2. 私のフランス文学(1)
  3. 私のフランス文学(2)
  4. 私の日本文学(1)
  5. 私の日本文学(2)
  6. 私の人生案内
  7. 私の茶話

共編著[編集]

翻訳[編集]

記念論集[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『人事興信録』、安藤武『三島由紀夫「日録」』216p