河芸郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 近畿地方 > 三重県 > 河芸郡
三重県河芸郡の範囲

河芸郡(かわげぐん)は、三重県にあった

郡域[編集]

1896年明治29年)に行政区画として発足した当時の郡域は、以下の区域にあたる。

  • 津市の一部(概ね栗真各町、一身田各町、夢が丘、大里各町、高野尾町芸濃町椋本、芸濃町忍田、芸濃町楠原以北)
  • 鈴鹿市の一部(国分町、木田町、山辺町、野辺町、竹野町、竹野、三日市、三日市町、三日市南、道伯、道伯町、稲生町、鈴鹿ハイツ、御薗町、長法寺町、三宅町より南東[1]
  • 亀山市の一部(関町萩原・関町福徳)

歴史[編集]

1.白子町 2.稲生村 3.天名村 4.合川村 5.栄村 6.上野村 7.豊津村 8.黒田村 9.白塚村 10.栗真村 11.一身田村 12.大里村 13.高野尾村 14.椋本村 15.明村 21.神戸町 22.飯野村 23.河曲村 24.一ノ宮村 25.箕田村 26.玉垣村 27.若松村(紫:津市 桃:鈴鹿市 赤:亀山市)

脚注[編集]

  1. ^ 近鉄鈴鹿線平田町駅周辺の住居表示実施地区については不詳。本項では現在の鈴鹿市の地域区分によった。

参考文献[編集]

関連文献[編集]

  • 中林楓水 『河芸郡史』 河芸郡史編纂会、1918年。NDLJP:959169

関連項目[編集]

先代:
河曲郡奄芸郡
行政区の変遷
1896年 - 1956年
次代:
安芸郡