河辺博長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
河辺博長

河辺 博長(河邉、かわべ ひろなが、1865年4月16日(慶応元年3月21日[1])- 1930年昭和5年)4月4日[1][2])は、明治から昭和期の政治家華族。正三位勲四等。貴族院男爵議員。幼名・昔丸[3]

経歴[編集]

山城国京都右中弁万里小路博房の四男として生まれる[1][4][5]1884年5月23日、伊勢神宮大宮司の家系である河辺家当主・河辺英子(ふさこ、故河辺長量夫人、本多忠升十女)の養子となり家督を継承[1][4]。同年7月、博長と改名し[3][5]、同月8日、男爵を叙爵した[1][4][6]

1884年宮内省十七等出仕となる[2]。以後、明宮(大正天皇)祗候、青山御所祗候、府社亀戸神社社司などを務めた[2][4][5]1904年7月、貴族院男爵議員に選出され[7]1911年7月まで一期在任した[2]

親族[編集]

  • 先妻 紀志枝(きしえ、岡本保庸長女)[1]
  • 後妻 寿々(すず、石黒藤次郎四女)[1]
  • 三男 三郎(正五位男爵、下鴨神社安房神社宮司)[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『平成新修旧華族家系大成』上巻、468-469頁。
  2. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』68頁。
  3. ^ a b 『大日本華族大鑑』78頁。
  4. ^ a b c d 『人事興信録』第8版、カ201頁。
  5. ^ a b c 『華族畫報』上、424頁。
  6. ^ 『官報』第308号、明治17年7月9日。
  7. ^ 『官報』第6324号、明治37年7月29日。

参考文献[編集]

  • 杉謙二編『華族畫報』上、吉川弘文館、2011年(華族画報社大正2年刊の複製)。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第8版、1928年。
  • 筒井住蓮編『大日本華族大鑑』都通信社、1911年。


日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
河辺家初代
1884年 - 1930年
次代:
河辺三郎