河野一郎 (JOC理事)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

河野 一郎(こうの いちろう、1946年(昭和21年)11月6日[1] - )は、日本の医師、体育科学者。日本オリンピック委員会(JOC)理事、2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会理事[2](後に副会長)、日本ラグビーフットボール協会理事[3][4]。元・筑波大学人間総合科学研究科スポーツ医学専攻教授で、学長特別補佐(2011年時点[5])。元・独立行政法人日本スポーツ振興センター(JSC)理事長。

かつて日本の内閣副総理国務大臣東京五輪担当)、建設大臣行政管理庁長官などを務めていた衆議院議員河野一郎は、同姓同名の別人。

概要[編集]

東京都出身。東京医科歯科大学医学部卒。大学時代はラグビー部で活躍した。1988年ソウル五輪から1996年アトランタ五輪まで、日本選手団のチームドクターを3大会連続で務めた[6]

JOC理事として国際的に活躍。アンチ・ドーピング委員会委員長、選手強化副本部長などを歴任。

日本ラグビーフットボール協会の強化担当者時代の1996年には、ラグビー元日本代表の平尾誠二による「平尾プロジェクト」を立案し、若手選手の発掘に貢献した[7]。同協会の強化推進本部長も務めた[8]

2006年(平成18年)、2016年夏季五輪招致委員会事務総長[9]に就任。同時に、JOC招致推進委員会委員となった。

東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会で理事と評議会委員を務めていた2012年には、遠藤正明小倉純二馳浩らと共に、「Cheer!NIPPON」の副実行委員長の一人として名を連ねる(実行委員長:川淵三郎、相談役:森喜朗[10]

2011年(平成23年)10月、独立行政法人日本スポーツ振興センター(JSC)理事長に就任。新国立競技場の建設計画にも携わり、2015年(平成27年)9月に任期満了で退任し、最後に「(新国立の整備計画は)いったん間に合ったと思ったので、残念です」と述べた[11]

略歴[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]