河野克俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
河野 克俊
Katsutoshi Kawano cropped 2 Phillip G Sawyer and Katsutoshi Kawano 20111013.jpg
渾名 ドラえもん[1]
生誕 (1954-11-28) 1954年11月28日(64歳)
日本の旗 日本 北海道函館市[2]
所属組織 Naval Ensign of Japan.svg 海上自衛隊
軍歴 1977年 - 2019年
最終階級 JMSDF Admiral insignia (a).svg 統合幕僚長たる海将
除隊後 防衛省顧問
テンプレートを表示

河野 克俊(かわの かつとし、1954年昭和29年)11月28日 - )は、日本海上自衛官。第31代・海上幕僚長を経て、第5代・統合幕僚長

略歴[編集]

父・河野克次[編集]

父の河野克次(かわの かつじ[2])は、海軍機関学校(40期)を卒業して海軍機関科将校となり、特殊潜航艇を搭載した伊16潜水艦の機関長として真珠湾攻撃に参加した[3]

戦後は復員業務に従事した後[4]公職追放に遭わずにそのまま海上保安庁で勤務した[4]。1952年に設置された海上警備隊海上自衛隊の前身)に移り[3]、1954年に海上自衛隊が設置されると海上自衛官となり[3]海上自衛隊第2術科学校長を最後に退官した[2]

河野が自衛官を志して防衛大学校に入校し[5]、さらに海上自衛隊に進んだのは[4][注釈 1]、いずれも父・河野克次の影響が強い[4][5]。河野は父との関りについて下記のように回想している。

訪米した際に、高齢の退役軍人と会う機会もありました。そういう場面で父が旧海軍にいたことを話すと、けっしてネガティブな反応はなかった。むしろ、尊敬の念を持たれる。オーストラリアでも勇者として扱われました。おまえはそういう父親の息子なんだ、と。 — 河野克俊、[4]

少年時代[編集]

河野は、父が初代・函館基地隊司令を務めている時に北海道函館市で生まれた[2]。3人きょうだいの末っ子で、上に兄が2人いる[2]。父の退官に伴って大阪府茨木市に移り[2]、1972年秋、大阪府立春日丘高等学校3年の時に[2]、父の影響で防衛大学校(防大)を受験するも不合格となり[2]受験浪人を覚悟していたところ[2]、4月1日に補欠合格を告げる電報が届き[5]、4月4日に防大に着校した[5]

防衛大学校に補欠合格し、海上自衛官へ[編集]

既に、防大での規律の厳しい生活に馴染み始めていた同期生たちに一歩遅れて防大生となった河野は、当時の心境を「さっそく、大きなハンディを負ったと感じました。」と回想している[5]。実際、河野は、生活態度に問題があると、新入生の生活指導を行う4年生たちから「目を付けられた」[5]

自信を失いかけていた河野は、自分を鍛え直そうと、とりわけ練習が厳しいことで知られていた防大ラグビー部に入った[5]。また、教官の勧めで、司馬遼太郎坂の上の雲』を読んで深い感銘を受けた[5]。河野は、同書を読んだことで、自衛官として生きて行く目標が見つけることができたといい、成績も上がった[5]

1977年[5]、河野は防大の機械工学科を首席卒業した[5][注釈 2]。海上自衛隊に入隊した河野は、海上自衛隊幹部候補生学校も首席卒業した[4]

海上自衛隊幹部として[編集]

2011年(平成23年)10月13日横須賀海軍施設にてアメリカ海軍第7潜水艦部隊司令官フィリップ・ソウヤー(右)と
2012年(平成24年)7月16日ブルー・リッジにてアメリカ合衆国海軍長官レイ・メイバス(左)から勲功章を伝達

幹部自衛官としての主な経歴は護衛艦艦長防衛作戦幕僚、護衛隊司令等。 1尉から3佐に昇進する前後に、筑波大学国際関係学系にて大学院研修。

第3護衛隊群司令在任中にインド洋派遣海上支援部隊に第6次派遣部隊指揮官として参加した。

海幕防衛部長時に発生したイージス艦衝突事故の責任を取る形で、2008年平成20年)3月掃海隊群司令に異動となるものの、その後、護衛艦隊司令官統合幕僚副長を経て、2011年(平成23年)8月5日より自衛艦隊司令官2012年(平成24年)7月20日午前の閣議において、7月26日付をもって第31代・海上幕僚長に任命する旨の人事が了承・発令された。

統合幕僚長に就任[編集]

2015年(平成27年)7月16日、レスリー・J・マクネア陸軍基地にてアメリカ合衆国統合参謀本部議長マーティン・デンプシー(左)と

2014年(平成26年)10月14日付で第5代・統合幕僚長に就任した[1]。自身もインド洋派遣部隊指揮官の経験を有し、後述の発言にもあることから米軍主要司令部との強いコネクションを築いており、さらには自衛隊最高指揮官である安倍晋三内閣総理大臣や歴代の防衛大臣から厚い信頼を得ていることから法令(自衛隊法施行令)で定める定年年齢(62歳)を越えた後も3度の定年延長を経て統合幕僚長の地位に留まり[注釈 3]、初代統合幕僚会議議長の林敬三に次いで歴代第二位の在職(統合幕僚長としては最長)となった[6]

発言[編集]

  • 筑波大学大学院研修時に中川八洋教授にゼミ後の懇親会で昇進を伝えた際の言葉は、「僕と泉(三省)くん、7月に3佐になっちゃいました」であった(これは、幹部海上自衛官の大学院研修が陸・空に比し、数年遅いためである)。
  • 2014年(平成26年)12月に訪米した際、アメリカ陸軍参謀総長レイモンド・オディエルノに「平和安全法制は来年夏には成立する見込み」と伝えていたことが発覚し(安倍晋三首相が訪米し、連邦議会演説にて「この夏までに成立させます」と述べたのは2015年4月末)、文民統制違反の実例として国会で中谷元・防衛大臣が質される事態に発展した[7]。また河野は国防副長官ロバート・ワーク英語版と会談した際に、事故が相次ぎ危険視されているオスプレイについて「不安全性を煽るのは一部の活動家だけだ」と発言した[8]
  • 安倍晋三首相が新聞紙上にて、憲法に自衛隊の存在を明記するべきとしたことに対し、2017年(平成29年)5月23日の講演で質問を受け、「憲法という非常に高度な政治的問題なので、統幕長という立場から申し上げるのは適当ではない」と前置きした上で、「一自衛官として申し上げるならば、自衛隊の根拠規定が憲法に明記されるということであれば、非常にありがたいと思う」と述べた[9]。この発言について、自衛隊法自衛隊員に高度の政治的中立性が求められていることに抵触するのではないか[10]、あるいは公務員の憲法尊重擁護義務を定めた日本国憲法99条に抵触するのではないか[10]、といった批判が一部のマスコミや野党からあった[11]。しかし、24日に菅義偉内閣官房長官が河野の発言について「個人の見解として述べたもので、全く問題ない」として、自衛隊法に抵触せず問題ないという見解を示した[12]。これに対し、日本共産党は25日に記者会見を行い、河野の統合幕僚長職からの罷免を求めた[13]

栄典[編集]

年譜[編集]

8月1日:海将補に昇任
12月2日:第3護衛隊群司令
  • 2004年(平成16年)3月29日:佐世保地方総監部幕僚長
  • 2005年(平成17年)7月28日:海上幕僚監部監理部長(翌年3月、海幕組織改編により総務部長)
  • 2006年(平成18年)8月4日:海上幕僚監部防衛部長
  • 2008年(平成20年)
3月24日:イージス艦衝突事故しらね火災事故などの責任を取る形で掃海隊群司令に更迭される
11月7日:田母神俊雄航空幕僚長解任に伴う玉突き人事で海将に昇任、第33代・護衛艦隊司令官に就任[18]
  • 2010年(平成22年)7月26日:第5代・統合幕僚副長
  • 2011年(平成23年)8月5日:第45代・自衛艦隊司令官
  • 2012年(平成24年)7月26日:たちかぜ自衛官いじめ自殺事件処理の不手際に関する責任を問われて退官した杉本正彦の後を受け、第31代・海上幕僚長に就任
  • 2014年(平成26年)10月14日:第5代・統合幕僚長に就任
  • 2016年(平成28年)11月28日:定年延長(6ヶ月)[19]
  • 2017年(平成29年)5月28日:定年延長(1年)[20]
  • 2018年(平成30年)5月28日:定年延長(1年)[21]
  • 2019年(平成31年)
4月1日:退官[22]
4月25日:防衛省顧問[23]

出典[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 防大では、1年生での成績と本人の希望により、2年生に進級する時に、陸上・海上・航空のそれぞれの要員に分かれる[4]
  2. ^ 防衛大学校は各学科に分かれているため、同期生全体での卒業順位は存在しない[5]
  3. ^ 統合幕僚長の定年延長は、初代統幕長の先崎一(在任:2006年 - 2008年)に続き、河野が2人目。

出典[編集]

  1. ^ a b “【きょうの人】「真に戦える自衛隊維持へ変革」 統合幕僚長に就任した河野克俊(かわの・かつとし)さん(59)”. 産経新聞. (2014年10月17日). オリジナルの2019年6月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190604074533/https://www.sankei.com/politics/news/141017/plt1410170010-n1.html 2019年6月4日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g h i 河野克俊「話の肖像画 - 前統合幕僚長 - 河野克俊(64)-3 」 『産経新聞』(東京本社)2019年6月4日付朝刊、12版、8面、「オピニオン」。
  3. ^ a b c 河野克俊「話の肖像画 - 前統合幕僚長 - 河野克俊(64)-5 」 『産経新聞』(東京本社)2019年6月6日付朝刊、12版、8面、「オピニオン」。
  4. ^ a b c d e f g 河野克俊「話の肖像画 - 前統合幕僚長 - 河野克俊(64)-6 」 『産経新聞』(東京本社)2019年6月7日付朝刊、12版、8面、「オピニオン」。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l 河野克俊「話の肖像画 - 前統合幕僚長 - 河野克俊(64)-4 」 『産経新聞』(東京本社)2019年6月5日付朝刊、12版、6面、「オピニオン」。
  6. ^ 河野統幕長、定年延長=異例の3度目-防衛省”. 時事通信 (2018年5月25日). 2018年5月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年6月4日閲覧。
  7. ^ 安保法案「統幕長が成立見通し」/昨年末、米軍幹部に伝達と共産”. 四国新聞. 2019年6月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月4日閲覧。
  8. ^ 河野統幕長「オスプレイ不安あおるのは一部活動家」 米国防副長官に発言” (日本語). 沖縄タイムス. 2019年6月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月4日閲覧。
  9. ^ 河野克俊統合幕僚長「一自衛官として、自衛隊の根拠規定が憲法に明記されるならば、非常にありがたい」(会見要旨)” (日本語). 産経新聞 (2017年5月23日). 2019年6月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月4日閲覧。
  10. ^ a b 河野克俊統合幕僚長の発言について(コメント)”. 社民党. 2019年6月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月4日閲覧。
  11. ^ 【主張】統幕長発言 自衛隊員の名誉を守った” (日本語). 産経新聞 (2017年5月26日). 2019年6月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月4日閲覧。
  12. ^ 「全く問題ない」と菅義偉官房長官 統合幕僚長の自衛隊明記「ありがたい」発言” (日本語). 産経新聞 (2017年5月24日). 2019年6月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月4日閲覧。
  13. ^ 河野統幕長の罷免を/憲法尊重擁護義務に反する 小池書記局長が要求” (日本語). しんぶん赤旗. 日本共産党. 2019年6月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月4日閲覧。
  14. ^ “Secretary of the Navy Presents Awards to JMSDF Leaders”. Navy.mil. (2012年7月16日). https://www.navy.mil/submit/display.asp?story_id=68388 2018年10月10日閲覧。 
  15. ^ “サウジアラビア王国からの勲章受章について”. 防衛省. (2013年2月26日). http://www.mod.go.jp/msdf/formal/info/news/201402/020407.pdf 2018年10月10日閲覧。 
  16. ^ 河野統幕長にメリット勲章 日米同盟の強化など称え”. 朝雲新聞 (2019年3月21日). 2019年3月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年3月28日閲覧。
  17. ^ Dunford Presents Legion of Merit to Japanese Counterpart”. U.S. Department of Defense (2019年3月22日). 2019年3月28日閲覧。
  18. ^ 防衛省発令(将人事)2008年11月7日
  19. ^ 防衛省発令(将人事)2016年11月28日 (PDF)
  20. ^ 防衛省発令(将人事)2017年5月28日 (PDF)
  21. ^ 防衛省発令(将人事)2018年5月28日 (PDF)
  22. ^ 防衛省発令(将人事)2019年4月1日2019年3月19日閲覧
  23. ^ 防衛省発令(顧問人事)2019年4月25日2019年4月25日閲覧

参考文献[編集]

  • 2010年版 防衛年鑑
  • 防衛省人事発令 - 将官人事:2011年~2019年