河野勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

河野 勝(こうの まさる、1962年 - )は、日本政治学者。専攻は、政治学、日本政治、比較政治学早稲田大学政治経済学部教授

人物・経歴[編集]

東京都出身。1985年上智大学法学部卒業。1987年イェール大学で修士号、1994年スタンフォード大学より博士号取得。

カナダブリティッシュコロンビア大学助教授および青山学院大学国際政治経済学部助教授を経て、2003年から現職。東京財団仮想制度研究所(VCASI)フェロー。

著作[編集]

単著[編集]

共著[編集]

  • 久米郁男田中愛治)『現代日本の政治[新訂]』(放送大学教育振興会, 2007年)
  • (田中愛治・日野愛郎・飯田健・読売新聞世論調査部)『なぜ政権交代だったのか――読売・早稲田の共同調査で読みとく日本政治の転換』(勁草書房, 2009年)
  • 鈴村興太郎須賀晃一金慧)『復興政策をめぐる《正》と《善》――震災復興の政治経済学を求めて1』(早稲田大学出版部, 2012年)
  • 小西秀樹・荒木一法・清水和巳・友利厚夫)『《当事者》としていかに危機に向き合うか ――震災復興の政治経済学を求めて2』早稲田大学出版部, 2012年)

編著[編集]

  • 『制度からガヴァナンスへ――社会科学における知の交差』(東京大学出版会, 2006年
  • (田中愛治監修)『期待、制度、グローバル社会』(勁草書房, 2009年)
  • フランシス・ローゼンブルース Frances Rosenbluth). Japan and the World: Japan's Contemporary Geopolitical Challenges, (New Haven: Yale University Council on East Asian Studies, 2009).

共編著[編集]

  • 天児慧押村高)『アクセス国際関係論』(日本経済評論社, 2000年)
  • 三宅一郎西澤由隆)『55年体制下の政治と経済――時事世論調査データの分析』(木鐸社, 2001年)
  • 岩崎正洋)『アクセス比較政治学』(日本経済評論社, 2002年)
  • 竹中治堅)『アクセス国際政治経済論』(日本経済評論社, 2003年)
  • 平野浩)『アクセス日本政治論』(日本経済評論社, 2003年)
  • 山本吉宣)『アクセス安全保障論』(日本経済評論社, 2005年)
  • 清野一治)『制度と秩序の政治経済学』(東洋経済新報社, 2006年)
  • 西條辰義)『社会科学の実験アプローチ』(勁草書房, 2007年)
  • (清水和巳)『入門政治経済学方法論』(東洋経済新報社, 2008年)