河野常吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
河野常吉

河野 常吉(こうの つねきち、1863年1月11日文久2年11月22日) - 1930年昭和5年)9月3日)は、明治大正期の北海道史研究者。河野齢蔵は実弟、アイヌ研究者として名高い河野広道は子、また二女の道子は動物学者犬飼哲夫に嫁ぎ、河野本道は孫に当たる。

生涯[編集]

信濃国安曇郡犬飼新田村(現・長野県松本市)に河野通重の次男として生まれる。長野県師範学校松本支校を卒業後、1881年に上京し慶應義塾(現・慶應義塾大学)で2年間学んだ後、秋田県の小真木鉱山の分析主任となる。

郷里へもどって養蚕業に従事、『信陽日報』客員として活動、またこのころ自由民権運動にも関係していたといわれる。その後、長野県庁や東京中央気象台に勤務、この間の学歴・職歴のなかで、人文・自然科学の広範な教養を身につけている。

1894年(明治27年)北海道へ移り、北海道庁嘱託となって拓殖行政にかかわるようになる。

業績[編集]

拓殖状況の現地調査に努め、1898年から1901年の間に、根室国日高国釧路国十勝国北見国の各国について『北海道殖民状況報文』をまとめた。自然条件・地域の沿革に触れた拓殖状況の報告は、当時をとらえる貴重な資料となっている。

また、『北海道拓殖要覧』『第二拓地殖民要録』『道治一斑』『北海道殖民の進歩』『北海道旧土人』『函館区史』など道庁の拓殖事業関係の刊行書の編纂に業績をあげ、日本原住民コロボックル説を批判する立場で学界論争へ参加するなど史学考古学アイヌ研究の分野でも大きな影響力を示した。開道50年記念事業の北海道史編纂事業では編纂主任となった。この時、アイヌとして尋常小学校の教師を務めていた武隈徳三郎を知り、その著書『アイヌ物語』の序文と校訂を担当し、出版にも尽力したとされる[1]

その後も北海道史跡名勝記念物調査委員、小樽市立図書館長を務め、『小樽市史』や『室蘭市史』の編纂にもかかわった。適切な史料を発掘しての実証的・体系的歴史叙述は高く評価され、またすぐれた道史研究の後継者を育成したことも重要だった。

主著[編集]

  • 『河野常吉著作集1〜3』
    • 『北海道農業の沿革』
    • 『北海道鉱業史』
    • 『北海道道路史』
    • 『北海道開拓史』
  • 『札幌昔日譚』

参考文献[編集]

  • 石村義典『評伝 河野常吉』(北海道出版企画センター、1998年)

脚注[編集]

  1. ^ 須田茂『近現代アイヌ文学史論〈近代編〉』寿郎社、2018年、109p。