河野裕子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
河野 裕子
誕生 (1946-07-24) 1946年7月24日
熊本県上益城郡御船町
死没 (2010-08-12) 2010年8月12日(満64歳没)
職業 歌人
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 京都女子大学文学部国文科卒業
ジャンル 短歌
主な受賞歴 角川短歌賞(1969)
現代歌人協会賞(1976)
現代短歌女流賞(1980)
コスモス賞(1987)
短歌研究賞(1997)
河野愛子賞(1998)
京都府文化賞・功労賞(2001)
若山牧水賞(2002)
紫式部文学賞(2002)
斎藤茂吉短歌文学賞(2009)
迢空賞(2009)
小野市詩歌文学賞(2010)
配偶者 永田和宏
子供 永田淳
永田紅
テンプレートを表示

河野 裕子(かわの ゆうこ、1946年7月24日 - 2010年8月12日[1])は、日本の歌人。「」選者。夫は歌人の永田和宏。長男永田淳、長女永田紅も歌人。

人物[編集]

熊本県上益城郡御船町に生まれ、滋賀県石部町(現湖南市)に育つ。京都女子高等学校を経て京都女子大学文学部国文科卒業。高校時代より作歌を始め、大学3回生(23歳)のときに角川短歌賞受賞。宮柊二に師事。みずみずしい青春の恋愛歌を収め、新鮮な言葉で女性の心をのびやかにうたった第1歌集『森のやうに獣のやうに』でデビュー。感覚と身体性を総動員して生の実感を表現する作風で、戦後の女性短歌のトップランナーであった[2]毎日新聞歌壇、NHK短歌の選者や織田作之助賞の選考委員のほか、夫永田和宏と共に「宮中歌会始」選者も務めた。

晩年は乳がんと闘病し、その境涯を多く歌に詠んだ。また、木村敏のカウンセリングを受けていた。2010年8月12日に死去[1]

略歴[編集]

著書[編集]

  • 歌集『森のやうに獣のやうに』 青磁社、1972年
  • 歌集『ひるがほ』 短歌新聞社、1975年
  • 歌集『桜森』 蒼土社、1980年 新装版:ショパン、2011年 ISBN 4883643085
  • 歌集『はやりを』 短歌新聞社、1984年
  • エッセー集『みどりの家の窓から』 雁書館、1986年
  • 評論集『体あたり現代短歌』 本阿弥書店、1991年 角川学芸出版2012年 ISBN 4046526173
  • 歌集『紅』 ながらみ書房、1991年
  • エッセー集『現代うた景色』 京都新聞社、1994年 ISBN 4763803476
  • 歌集『歳月』 短歌新聞社、1995年
  • 歌集『体力』 本阿弥書店、1997年
  • 歌集『家』 短歌研究社、2000年
  • 歌集『歩く』 青磁社、2001年 ISBN 4901529005
  • 歌集『日付のある歌』 本阿弥書店、2002年
  • 歌集『季の栞』 雁書館、2004年
  • 歌集『庭』 砂子屋書房、2004年
  • 選集『河野裕子歌集』 砂子屋書房、2007年 ISBN 4790410412
  • 歌集『母系』 青磁社、2008年 ISBN 4861981077
  • 『私の会った人びと』 本阿弥書店、2008年
  • 歌集『葦舟』 角川書店、2009年 ISBN 4046217502
  • 選集『続 河野裕子歌集』 砂子屋書房、2010年 ISBN 479041129X
  • 『京都うた紀行―近現代の歌枕を訪ねて』(永田和宏共著)京都新聞企画事業、2010年 ISBN 4763806378
  • 歌集『蟬声』 青磁社、2011年 ISBN 4861981778
  • 『家族の歌 河野裕子の死を見つめた344日』[3](永田和宏、永田淳、永田紅共著)産経新聞出版、2011年 ISBN 4819111221
  • 『たとへば君―四十年の恋歌』(永田和宏共著)文藝春秋、2011年 ISBN 4163742409
  • 『たったこれだけの家族 河野裕子エッセイ・コレクション』中央公論新社、2011年 ISBN 4120042545
  • エッセイ『わたしはここよ』白水社、2011年 ISBN 4560081832
  • 『河野裕子読本』(角川『短歌』ベストセレクション)角川学芸出版、2011年 ISBN 4046214171
  • 『うたの歳時記』白水社、2012年 ISBN 456008209X
  • 『桜花の記憶 河野裕子エッセイ・コレクション』中央公論新社、2012年 ISBN 4120043789

テレビ[編集]

代表歌[編集]

  • たとへば君 ガサッと落葉すくふやうに私をさらつて行つてはくれぬか(『森のやうに獣のやうに』)
  • ブラウスの中まで明るき初夏の日にけぶれるごときわが乳房あり(『森のやうに獣のやうに』)
  • あるだけの静脈透けてゆくやうな夕べ生きいきと鼓動ふたつしてゐる(『ひるがほ』)
  • たつぷりと真水を抱きてしづもれる昏き器を近江と言へり(『桜森』)
  • 君を打ち子を打ち灼けるごとき掌よざんざんばらんと髪とき眠る(『桜森』)
  • 手をのべてあなたとあなたに触れたきに息が足りないこの世の息が(『蟬声』、辞世)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 訃報:河野裕子さん 64歳=歌人 - 毎日jp(毎日新聞)
  2. ^ 馬場あき子監修『現代短歌の鑑賞事典』東京堂出版。
  3. ^ 第95回『あなたに有利な証拠として』 - さくらんぼテレビ

関連項目[編集]

  • 谷川史子:『積極 -愛のうた-』にて「青林檎与へしことを唯一の積極として別れ来にけり」(『森のやうに獣のやうに』)を引用。
  • やまだ紫:『しんきらり』にて「しんきらりと鬼は見たりし菜の花の間(あはひ)に蒼きにんげんの耳」(『ひるがほ』)を引用。