河野通之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

河野 通之(こうの みちゆき、生没年不詳)は、室町時代前期の守護大名河野通堯の子、通元の父。幼名は鬼王丸、通称は六郎。官途名は対馬守。

応永元年(1394年)に兄の通義が26歳で急死したため、伊予国守護職を継承する。その時、通義の室は懐妊しており、誕生した子が男子であった場合には16歳になったらその子に家督を譲ることを条件としていた。応永の乱ではに立て籠もる大内義弘を攻めて功を上げた。通義の室が産んだ子は男子であり、その子・通久が16歳になった応永16年(1409年)に通之は家督を通久に譲って隠居した。だが、通之の実子である通元はこれに納得せず、通之が没すると、予州家(通元およびその子孫)は河野氏の家督を巡って宗家と争うようになった。

参考文献[編集]

  • 影浦勉「河野氏」(今谷明・藤枝文忠編『室町幕府守護職家事典(上)』(新人物往来社、1988年))