河鰭公述

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
河鰭公述
時代 江戸時代後期
生誕 文政12年1月9日1829年2月12日
死没 元治元年8月21日1864年9月21日
官位 正四位下右近衛権中将
主君 孝明天皇
氏族 河鰭家
父母 父:河鰭実利、母:外山光実の娘
正室:日野西晏子(日野西光暉の娘)
公篤
養子:実文[1]
テンプレートを表示

河鰭 公述(かわばた きんあきら)は、江戸時代後期の公家正三位非参議・河鰭実利の子。官位正四位下右近衛権中将河鰭家24代当主。

経歴[編集]

安政5年(1858年日米修好通商条約勅許に反対し、廷臣88人の列参に加わった(廷臣八十八卿列参事件)。文久2年(1862年尊攘派公家13人と共に和宮降嫁を進めた岩倉具視らを弾劾した。同年、国事御用掛となる。元治元年(1864年)、正四位下・右近衛権中将となるが、同年8月21日卒去した。享年36。

脚注[編集]

  1. ^ 三条実万の子

参考文献[編集]

  • 小和田哲男『日本史諸家系図人名辞典』講談社、2003年。
  • 近藤敏喬編『宮廷公家系図集覧』東京堂出版、1994年。