油ヶ淵水辺公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
油ヶ淵水辺公園
Aburagafuchi Waterside Park[1]
油ヶ淵水辺公園の位置(愛知県内)
油ヶ淵水辺公園
分類 広域公園[2]
所在地
愛知県碧南市油渕町2-33
座標 北緯34度54分24.13秒 東経137度0分30.60秒 / 北緯34.9067028度 東経137.0085000度 / 34.9067028; 137.0085000座標: 北緯34度54分24.13秒 東経137度0分30.60秒 / 北緯34.9067028度 東経137.0085000度 / 34.9067028; 137.0085000
開園 2018年平成30年)4月29日(第1期)
運営者 公益財団法人愛知県都市整備協会
事務所 油ヶ淵水辺公園管理事務所
事務所所在地 愛知県碧南市油渕町2-33
公式サイト 油ヶ淵水辺公園
テンプレートを表示

油ヶ淵水辺公園(あぶらがふちみずべこうえん)は、愛知県碧南市安城市にまたがる都市公園

油ヶ淵とその周辺を公園として整備するもので、2018年(平成30年)4月29日に第1期開園した[3]

概要[編集]

西三河で唯一の県営都市公園で[3]、「油ヶ淵の自然と歴史 未来へつなぐ水辺風景の創造」をテーマにAからEの5つのエリアから構成される[4]。第1期開園では、このうち碧南市側の水生花園 (Eエリア、約1.7ha) と安城市側の自然ふれあい生態園 (Bエリア、約5.2ha) の一部エリア、合計約6.9haがオープンした[5]

なお、運営については指定管理者の公益財団法人愛知県都市整備協会が行っている[6]

施設[編集]

  • 矢作川水園(Aエリア)
  • 自然ふれあい生態園(Bエリア)
    • プロムナード、ドングリの丘、大型休憩所、四阿、芝生広場、田んぼビオトープ、トイレ、駐車場(普通車57台)[5]
  • Cエリア
  • 交流広場(Dエリア)
  • 水生花園(Eエリア)
    • ハス池、ドングリの丘、桃の園休憩所(管理事務所)、四阿、トイレ、駐車場(普通車166台、バス10台)[5]

周辺施設[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 案内看板より
  2. ^ 県営公園 一覧 (PDF)”. 愛知県. 2019年2月27日閲覧。
  3. ^ a b 油ヶ淵水辺公園”. 愛知県. 2019年2月27日閲覧。
  4. ^ 県営都市公園油ヶ淵水辺公園について (PDF)”. 愛知県. 2019年2月27日閲覧。
  5. ^ a b c 油ヶ淵水辺公園Webサイト公開しました”. 公益財団法人愛知県都市整備協会. 2019年2月27日閲覧。
  6. ^ 愛知県の公の施設の指定管理者(平成30年4月1日現在) (PDF)”. 愛知県. 2019年2月27日閲覧。