油殿古墳群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

油殿古墳群(あぶらでんこふんぐん)は、千葉県長生郡長南町豊原に分布する古墳群である。千葉県指定史跡。

一宮川の支流・埴生川中流域北岸の独立丘陵上に所在し、前方後円墳2基、円墳2基から構成される。

1974年・75年に早稲田大学による調査が行われた。

古墳[編集]

1号墳は全長92m、後円部径55m・高さ9m、前方部幅26m・高さ3mを測る前方後円墳で、墳頂から底部穿孔の土師器が出土している[1]。また前方部前面に幅15mほどのテラス状の低い部分があり、ここが周溝(しゅうこう)であったと考えられる。直線距離で2kmの所にある能満寺古墳と系譜を同じくする4世紀末~5世紀初頭の首長墓と考えられ、外房地域地域最大の前方後円墳となっている。

2号墳は1号墳の東側に隣接する前方後円墳で、全長33m、後円部径23m・高さ2.5m、前方部幅8m・高さ1.5mを測る。墳丘形態から前期古墳の可能性が高い。

3号墳4号墳は共に10m台の円墳で、2号に隣接している。

能満寺古墳同様に、高塚古墳がほとんど見られないこの地域においては、前期の大型の前方後円墳を含む重要な古墳群である[2]

脚注[編集]

  1. ^ 大塚初重小林三郎編『続日本古墳大辞典』東京堂出版、2002年9月、24-25頁
  2. ^ 油殿古墳群 - 千葉県

関連項目[編集]