治憲王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
治憲王
続柄 賀陽宮恒憲王第二王子
身位 皇籍離脱
敬称 殿下→皇籍離脱
出生 1926年7月3日
日本の旗 日本 東京府
死去 (2011-06-05) 2011年6月5日(84歳没)
日本の旗 日本 東京都稲城市
配偶者 松田朝子
父親 賀陽宮恒憲王
母親 恒憲王妃敏子
テンプレートを表示

治憲王(はるのりおう、1926年7月3日 - 2011年6月5日[1])は、日本旧皇族外交官賀陽宮恒憲王の第2王子。海軍兵学校75期

略歴[編集]

1926年7月3日誕生。旧制学習院初等科学習院中等科を経て、1943年12月1日江田島海軍兵学校に入学。井上成美中将のもとで学んだ。入校式においては皇族の生徒として紹介を受け、同期生の敬礼を受けている(広島中央放送局ニュース再録に記録あり)。

王が入学した75期は生徒数が多かったため生徒は分校に振り分けられ、王は岩国分校で教育を受けた。分校においては柔道を選択、練成した。最高裁判所長官三好達、高瀬国雄、海上幕僚長吉田學らは75期の同期生である。

敗戦後の1945年10月1日、兵学校を卒業。このため最終階級は少尉候補生ということになる。1946年7月、貴族院皇族議員となる。

1947年10月14日、11宮家の皇籍離脱が行われた際、王も皇籍を離脱、賀陽 治憲(かや はるのり)となる(『官報』 第六二二六号 昭和二十二年十月十四日 告示 宮内府告示第十六号)。

その後1950年東京大学法学部を卒業、外務省に入省。ジュネーブ国際機関日本政府代表部公使、外務省経済局次長、領事移住部長を経て、1979年から1981年まで国連局長。1981年在イスラエル特命全権大使、1983年在デンマーク特命全権大使、1987年外務省研修所長、1989年ブラジル特命全権大使。財団法人交流協会顧問と要職を歴任した。

1950年代には国会の政府委員(外務省国際連合局長)として、奴隷条約など国際連合の人権条約の批准回避を推進した[2]

1970年代後半の国会議事において複数回政府委員として答弁を行った記録が国会会議録に残されている。

昭和天皇はその存在を気にかけていたようであり、天皇が「賀陽はどうしているか」と安倍晋太郎外相に動向を尋ねたといった逸話も残っている。侍従長入江相政は日記の中で「皇族、舊(旧)皇族のうちのまさにピカ一。こんな方がもう少しゐて下されば。」と書いている[3]。1996年勲二等旭日重光章1996年からは憩の園在日協力会会長を務め、学習院の同窓会桜友会の会長(第5代)も務めた。

2011年6月5日、老衰のため東京都稲城市の病院で死去。84歳没[1]。叙・従三位

血縁[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “賀陽治憲氏死去(旧皇族、元外交官”. 時事ドットコム (時事通信社). (2011年6月6日). http://www.jiji.com/jc/c?g=obt_30&k=2011060600614 2011年10月13日閲覧。 
  2. ^ 「奴隷条約につきましては、強制労働の概念が不明確でございますとか、わが国の現状において特に奴隷問題を把握しなければならない緊要性がないというような点、そういった点から必ずしも必然性を感じておりません」などの答弁がある。1979年5月28日参議院外交委員会会議録
  3. ^ a b 親王・諸王略伝
  4. ^ http://www.tokiwakai.org/11.html

関連項目[編集]

先代:
大川美雄
外務省国際連合局長
1979年 - 1981年
次代:
門田省三