治水工事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

治水工事(ちすいこうじ)とは、河川で行う改良工事。治水対策の一つ。河道の浚渫・拡張などにより水流を円滑にし、築堤を行うことで河川の氾濫などを防ぎ、運輸灌漑の効率性をあげることを目的とする。上流の森林整備や土砂災害対策と合わせて、治山治水事業とよぶこともある。

歴史[編集]

奈良時代の頃には近畿地方、特に平城京に人口が集中。燃料の確保のため、周辺の森林が伐採され土砂流出が顕著になり河川が閉塞、降雨時には氾濫を繰り返した。このため、しばしば河道掘削工事が行われた。また、地方においても780年坂上田村麻呂北上川にて、舟運を目的とした治水工事を行った記録が残されている。

戦国時代には強大な大名権力を持つ戦国大名が出現し、労働力を動員して大規模な治水事業を推進する例が見られる。甲斐国(山梨県)においては武田信玄が堤防の改修工事(信玄堤の造成)を行い、新田開発を行ったことが知られる。

関連項目[編集]