沼田武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
沼田武
ぬまた たけし
生年月日 (1922-12-21) 1922年12月21日
出生地 日本の旗 日本 千葉県千葉市
没年月日 (2011-11-26) 2011年11月26日(88歳没)
出身校 東京帝国大学文学部(現東京大学文学部
前職 千葉大学文理学部講師
千葉県副知事
所属政党 無所属
称号 従三位勲一等瑞宝章

Flag of Chiba Prefecture.svg 公選第11・12・13・14・15代 千葉県知事
当選回数 5回
在任期間 1981年4月5日 - 2001年4月4日
テンプレートを表示

沼田 武(ぬまた たけし、1922年12月21日 - 2011年11月26日)は、日本の政治家千葉県知事(5期)。

来歴[編集]

千葉県千葉市生まれ。旧制千葉中学校旧制浦和高等学校(現埼玉大学)、東京帝国大学文学部社会学科卒業。1946年千葉県庁に入庁した。また県職員のかたわら、1953年から約10年間、千葉大学文理学部講師を務めた。千葉県商工労働部長、農林部長、総務部長を経て、1975年川上紀一千葉県知事の下で副知事に就任。オリエンタルランドと協力し、東京ディズニーランドの建設に当たって、融資を受けるべく金融機関に直談判するなど、開園に尽力した。

1981年、政治とカネの問題(川上五千万円念書事件)により辞任に追い込まれた川上知事の後任を選出する千葉県知事選挙に自由民主党の支援を受けて無所属で立候補し、初当選を果たした。この知事選では、投票総数の約半数を獲得して圧勝したが、投票率は都道府県の知事選挙では過去最低の25.4%であった(この記録は、2011年埼玉県知事選挙における投票率(24.9%)によって更新されるまで過去最低の数値であった)。以後5期20年にわたり千葉県知事を務める。在任中は、幕張新都心計画を推進し、新東京国際空港(現・成田国際空港)の平行滑走路建設に尽力した(成田空港問題[1]2001年、高齢を理由に知事選への不出馬を表明し、千葉県知事を退任。

2011年11月26日、肺炎のため死去[2]。88歳没。没日付をもって従三位に叙せられた[3]

親族[編集]

兄 - 沼田眞植物学者千葉大学理学部生物学科教授日本自然保護協会理事長・千葉県立中央博物館初代館長)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『成田空港~その役割と現状~ 2017年度』 第4章成田空港のあゆみ(134-153頁)”. 成田国際空港株式会社 (2017年11月). 2017年12月11日閲覧。
  2. ^ 沼田武・元千葉県知事が死去 88歳、5期連続在職 朝日新聞 2011年11月27日閲覧。
  3. ^ 官報本紙第5708号、2011年12月27日閲覧