沼田真佑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
沼田 真佑
(ぬまた しんすけ)
誕生 (1978-10-30) 1978年10月30日(42歳)
日本の旗 日本北海道小樽市
職業 小説家
最終学歴 西南学院大学
活動期間 2017年 -
代表作 「影裏」(2017年)
主な受賞歴 文學界新人賞(2017年)
芥川龍之介賞(2017年)
デビュー作 「影裏」(2017年)
テンプレートを表示

沼田 真佑(ぬまた しんすけ、1978年10月30日[1] - )は、日本小説家

人物[編集]

北海道小樽市生まれ、福岡県福岡市育ち。岩手県盛岡市在住。福岡大学附属大濠高等学校西南学院大学商学部卒業。塾講師

2017年3月、投稿作「影裏」で第122回文學界新人賞受賞[2]。同作で第157回(2017年上半期)芥川龍之介賞受賞[3][4]。『影裏』に対して芥川賞選考委員の高樹のぶ子は、「(東日本大震災を題材としているが、)震災を前面に押し出した小説ではない。人間関係を書くことで、それを取り囲む自然の怖さに言及した」と評価している[5]

受賞歴[編集]

作品リスト[編集]

単行本[編集]

  • 『影裏』(文藝春秋、2017年7月/文春文庫、2019年9月) - 文庫化に際して、表題作および「廃屋の眺め」、「陶片」を新たに収録。

雑誌掲載[編集]

小説
  • 「影裏」(『文學界』2017年5月号)
  • 「廃屋の眺め」(『文學界』2017年9月号)
  • 「夭折の女子の顔」(『すばる』2018年1月号)
  • 「さくれぶる」(『すばる』2018年5月号)
  • 「陶片」(『文學界』2019年1月号)
  • 「早春」(『群像』2019年9月号)
  • 「茨の実」(『すばる』2020年5月号)
  • 「入船」(『群像』2020年8月号)
  • 「遡」(『群像』2021年2月号)
  • 「ブラスト」(『群像』2021年8月号)

エッセイ

  • 「無職の二年間が精神修行になった」(『文藝春秋』2017年9月号)
  • 「馬」(『すばる』2017年9月号)
  • 「わたしの楽園」(『群像』2017年11月号)
  • 「読書日録」(『すばる』2019年4〜6月号)
  • 「アンケート特集 シネマ2019」(チャールズ・ウォルターズ/監督『イースター・パレード』)(『群像』2020年2月号)
  • 「映画撮「影裏」話」(『文學界』2020年3月号)

脚注[編集]

  1. ^ デビュー作が芥川賞!沼田真佑氏「影裏」…直木賞はデビュー34年佐藤正午氏「月の満ち欠け」”. スポーツ報知 (2017年7月19日). 2017年7月19日閲覧。
  2. ^ 文学界新人賞決まる 沼田真佑さんの「影裏」”. 産経ニュース (2017年3月29日). 2017年7月19日閲覧。
  3. ^ 芥川賞に沼田真佑さん「影裏」”. 毎日新聞 (2017年7月19日). 2017年7月19日閲覧。
  4. ^ 「沼田真佑さん(小樽出身)芥川賞 佐藤正午さん(北大中退)直木賞」『北海道新聞』(北海道新聞社)2017年7月20日、朝刊1面
  5. ^ 「芥川賞・沼田さん - デビュー作で射止める 直木賞・佐藤さん - 還暦過ぎ「賞と出会う」『北海道新聞』(北海道新聞社)2017年7月20日、朝刊34面