沼部春友

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

沼部 春友(ぬまべ はるとも、1938年 - )は、日本神道学者。國學院大學伝統文化リサーチセンター客員教授、同大学講師。専門は神道祭祀儀礼。栃木県須賀神社宮司。

来歴[編集]

1938年(昭和13年)、栃木県小山市の須賀神社の社家に生まれる。1961年(昭和36年)國學院大學文学部神道学科卒、1967年(昭和42年)同大学大学院博士課程神道学専攻修了。國學院大學栃木短期大学教授、國學院大學教授と務め、2009年(平成21年)退職。現在は同大学講師、神社本庁祭祀審議委員会委員などを務める。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『神道儀礼の原点』(錦正社、2000年)

編著[編集]

共著[編集]

論文[編集]

  • 「神社合祀に関する一考察」(『宗教研究』214号、1973年)

関連項目[編集]