沿岸監視隊 (陸上自衛隊)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

沿岸監視隊(えんがんかんしたい、JGSDF Coast Observation Unit)は、陸上自衛隊の情報科部隊の一つである。

概要[編集]

日本の沿岸を航行する船舶の情報収集を主任務とする。かつては諸職種混成部隊であったが、現在は情報科職種となっている。隊長の階級はいずれも2等陸佐をもって充てられる。

任務は情報収集であり国境警備隊ではない。侵攻してきた敵の撃破は他の部隊が行うため、武器は隊員および装備品を防護するための小火器のみである。

部隊編成[編集]

2020年現在、沿岸監視部隊に類別される部隊は以下のとおり。

沿岸監視隊等の一覧

  • 第301沿岸監視隊(稚内分屯地)
  • 第302沿岸監視隊(標津分屯地)
  • 与那国沿岸監視隊(与那国駐屯地)
  • 北部方面移動監視隊(倶知安駐屯地)
  • 中部方面移動監視隊(今津駐屯地)

沿岸監視隊等の詳細

第301沿岸監視隊

第301沿岸監視隊(だいさんまるいちえんがんかんしたい)は、稚内分屯地及び礼文分屯地に駐屯する北部方面情報隊隷下の情報科部隊である。

宗谷海峡の警戒・監視を主任務とする[1]

  • 1955年(昭和30年)12月1日:第301沿岸監視隊が札幌駐屯地で編成完結。
  • 1956年(昭和31年)10月15日:第301沿岸監視隊が稚内分屯地に移駐[2]
  • 1968年(昭和43年)3月1日:礼文分屯地に第301沿岸監視隊派遣隊が編成完結。
  • 2013年(平成25年)3月26日:北部方面隊直轄部隊から北部方面情報隊隷下に編合。

第302沿岸監視隊

第302沿岸監視隊(だいさんまるにえんがんかんしたい)は、標津分屯地に駐屯する北部方面情報隊隷下の情報科部隊である。

自衛のために軽武装し、レーダーや光学機器などを活用して根室海峡を航行する船舶の警戒、監視、情報収集を主任務とする[1]。羅臼分室は、沿岸監視レーダや高倍率の光学監視装置で国後島を監視する。隊長は2等陸佐で標津分屯地司令を兼務する。

  • 1956年(昭和31年)7月10日:第302沿岸監視隊が標津分屯地で編成完結。
  • 1972年(昭和47年):羅臼分室(らうすぶんしつ)を設置。
  • 2013年(平成25年)3月26日:北部方面隊直轄部隊から北部方面情報隊隷下に編合。

北部方面移動監視隊

北部方面移動監視隊(ほくぶほうめんいどうかんしたい)は、倶知安駐屯地に駐屯する北部方面情報隊隷下の情報科部隊である。

北部方面管内の沿岸監視を主要任務とする。

  • 2017年(平成29年)3月27日:北部方面移動監視隊が北部方面情報隊隷下に倶知安駐屯地で新編。

中部方面移動監視隊

中部方面移動監視隊(ちゅうぶほうめんいどうかんしたい)は、今津駐屯地に駐屯する中部方面情報隊隷下の情報科部隊である。

第13旅団の第13偵察隊(出雲駐屯地)と連携し、中部方面管内の日本海沿岸監視を主要任務とする。

  • 2008年(平成20年)3月26日:中部方面隊直轄の部隊として隊長以下約50名の人員により今津駐屯地で新編。
  • 2010年(平成22年)3月26日:中部方面隊直轄部隊から新編された中部方面情報隊の隷下に編合。

与那国沿岸監視隊

与那国沿岸監視隊(よなくにえんがんかんしたい)は、与那国駐屯地に駐屯する西部方面情報隊隷下の情報科部隊である。

南西諸島の警戒・監視を主任務とする。隊長は2等陸佐で与那国駐屯地司令を兼務する。

  • 2016年(平成28年)3月28日:西部方面情報隊隷下部隊として与那国沿岸監視隊が与那国駐屯地で編成完結。

第8情報隊

第8情報隊(だいはちじょうほうたい)は、北熊本駐屯地に駐屯する第8師団直轄の情報科部隊。 作戦基本部隊である師団のための無人偵察機による監視及び偵察、並びに師団司令部の情報業務の支援を任務とし、新たに装備された中域要UAVをもって、師団長の迅速な 状況判断、遠距離・早期からの火力発揮に資するため、洋上から作戦地域全般にわたり 監視・偵察を実施する。また、司令部第2部の情報業務を支援するため、情報処理班による収集・処理を実施し、多様な情報ニーズを迅速・確実に処理して、師団長の状況判断に資する情報資料を提供する。部隊のシンボルは、熊本市の鳥「四十雀」。鳴き声を組合せて仲間に伝える能力(情報処理)、飛翔(UAV)、金色の姿は、情報全般の 象徴(金鳥=きんう)をイメージしている。

  • 2019年(平成31年)3月26日:第8情報隊が北熊本駐屯地で編成完結。

このほか、駐屯地建設を進めている宮古島及び石垣島においても沿岸監視部隊の新設が予定されている。南鳥島では海上自衛隊南鳥島航空派遣隊が国境警備や監視を行っている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 陸上自衛隊パーフェクトガイド (2003-2004),P57,学習研究社,ISBN 4056032033
  2. ^ 『稚内百年史』稚内市百年史編さん委員会、1978年10月30日、453頁。

関連項目[編集]