沿志奏逢2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
このページの項目名には、環境により表示が異なる文字があります。公式の表記ではしんにょう)の点が一つです。
沿志奏逢2
Bank Bandカバー・アルバム
リリース
録音 OORONG TOKYO STUDIO
VICTOR STUDIO
AVACO CREATIVE STUDIO
ON AIR AZABU studio
ジャンル J-POP
時間
レーベル トイズファクトリー
プロデュース 小林武史
チャート最高順位
ゴールドディスク
  • プラチナ(日本レコード協会
  • Bank Band アルバム 年表
    沿志奏逢
    2004年
    沿志奏逢2
    (2008年)
    沿志奏逢3
    2010年
    『沿志奏逢2』収録のシングル
    1. to U
      リリース: 2006年7月19日
    2. はるまついぶき
      リリース: 2007年9月1日
    ライブ映像(公式)
    「何の変哲もないLove Song」 (2006)
    「スローバラード」 (2009)
    「休みの日」 (2006)
    「歌うたいのバラッド」 (2011)
    「よく来たね」 (2012)
    - YouTube
    テンプレートを表示

    沿志奏逢2』(そうしそうあいツー)は、日本のバンドBank Bandの2枚目のカバー・アルバムである。2008年1月16日トイズファクトリーより発売された。

    概要[編集]

    通常盤のみの1形態で発売。アートディレクター丹下紘希DVDap bank fes '07』と同時発売となった。

    台風4号で1日のみの開催となったイベント『ap bank fes '07』の赤字を埋め、ap bankの新たな活動資金を回すために制作された[2]。前作『沿志奏逢』同様に櫻井和寿が日本の代表的ミュージシャンの曲の中から選曲し、『BGM Vol.2 ~沿志奏逢』や『ap bank fes』で披露された曲に加えて、本作で新たにカバーした曲とBank Bandのオリジナル曲である「to U」「はるまついぶき」「よく来たね」を収録した内容となっている。そのため、前作とは異なり完全なカバー・アルバムではない。

    収録曲[編集]

    1. 何の変哲もないLove Song [4:08]
      • 作詞・作曲:KAN
      KANの楽曲のカバー。
      ap bank fes '06』のオープニングで披露。
    2. ひとつだけ [5:04]
      矢野顕子の楽曲のカバー。
      ap bank fes '07』で披露。
    3. 昨日のNo, 明日のYes [5:33]
      GAKU-MCの楽曲のカバー。
      BGM Vol.2 ~沿志奏逢』で披露。『ap bank fes '05』ではゲストのGAKUと共に披露。
      ボーカルでGAKUが参加している。
    4. to U [7:12]
      1stシングル。
    5. スローバラード [5:56]
      RCサクセションの楽曲のカバー。
      『ap bank fes '06』で披露。この時は忌野清志郎が急病の為に出演できなかったため、櫻井が一人でボーカルを務めた。
    6. 遠い叫び [3:51]
      RCサクセションの楽曲のカバー。
      本作で新たにカバーされた楽曲。『僕らの音楽』に出演した際に演奏され、後に『ap bank fes '10』で披露された。
    7. 休みの日 [5:32]
      JUN SKY WALKER(S)の楽曲のカバー。
      『ap bank fes '06』で披露。
    8. イロトリドリノセカイ [4:53]
      JUDY AND MARYの楽曲のカバー。
      『ap bank fes '07』で披露。
    9. 煙突のある街 [5:59]
      真島昌利の楽曲のカバー。
      本作で新たにカバーされた楽曲。後に『ap bank fes '09』で披露。
    10. はるまついぶき [5:26]
      • 作詞:櫻井和寿 / 作曲:小林武史
      配信限定シングル。
    11. MR.LONELY [4:55]
      玉置浩二の楽曲のカバー。
      『ap bank fes '07』で披露。『僕らの音楽』でも披露された。
    12. evergreen [5:45]
      • 作詞・作曲:小林武史
      MY LITTLE LOVERの楽曲のカバー。
      『ap bank fes '06』で披露。
    13. 歌うたいのバラッド [7:11]
      斉藤和義の楽曲のカバー。
      『BGM Vol.2 ~沿志奏逢』『ap bank fes '07』で披露。『ミュージックステーション』に出演した際にも演奏された。
    14. よく来たね [4:13]
      • 作詞・作曲:櫻井和寿
      Bank Bandのオリジナル曲では唯一、作詞・作曲共に櫻井単独となっている。
      『ap bank fes』のオープニングで歌うことを想定して作られた曲で、実際に『ap bank fes '07』以降はほぼ毎年1曲目に披露されている。
      夏休みに田舎の街で親戚が遊びに来るのを楽しみに待つような気持ちを書いた、とも語っている[3]
      本作に収録されているのは”晴れバージョン”であり、歌詞が僅かに異なる”雨バージョン”も存在する。

    参加ミュージシャン[編集]

    • Bank Band
      • 櫻井和寿:Vocal, Guitar, Harmonica (#3)
      • 小林武史:Keyboards
      • 山木秀夫:Drums (#1, #3 - #5, #9, #13)
      • 河村 ”カースケ” 智康:Drums (#2, #6 - #8, #10 - #12)
      • 美久月千晴:Bass (#1, #3 - #5, #9, #13)
      • 亀田誠治:Bass (#7, #8, #11)
      • TOKIE:Bass (#2, #6, #10, #12)
      • 小倉博和:Guitar (#1, #2, #6 - #8, #11 - #13)
      • 古川昌義:Guitar (#3 - #5, #9)
      • 高野寛:Guitar (#10)
      • 山本拓夫:Saxophone (#2 - #6, #8, #10 - #13), Flute (#1)
      • 西村浩二:Trumpet (#2, #3, #5, #6, #8, #12)
      • 藤井珠緒:Percussion (#1 - #3, #8, #12)
      • 四家卯大ストリングス:Strings (#2, #4, #5, #7, #10 - #14)
        • 四家卯大:Cello (#2, #4, #5, #7, #9 - #14)
        • 沖祥子:Violin (#2, #4, #5, #7, #10 - #14)
        • 伊勢三木子:Violin (#2, #4, #5, #7, #10 - #14)
        • 菊地幹代:Viola (#2, #5, #7, #10 - #14)
      • イシイモモコ(ハミングキッチン):Chorus (#2, #3, #7, #8, #11, #12)
      • 登坂亮太:Chorus (#2, #3, #7, #8, #11, #12)
    • GAKU-MC:Feat. Vocal (#3)
    • Salyu:Feat. Vocal (#4)
    • 吉田誠:Computer Programming
    • 安達練:Computer Programming

    脚注[編集]

    1. ^ 沿志奏逢2 Bank Band with Great Artists”. ORICON NEWS. 2020年4月17日閲覧。
    2. ^ 『SWITCH』スイッチ・パブリッシング、2018年2月号、44頁
    3. ^ 『SWITCH』スイッチ・パブリッシング、2018年2月号、36頁