泉一成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
泉 一成
JGSDF Lieutenant General Kazushige Izumi 泉一成陸将 (Army mil-27107-2008-12-12-201254).jpg
2008年、日米共同方面隊指揮所演習にて
生誕 1951年5月
日本の旗 日本 青森県
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
軍歴 1974 - 2009
最終階級 JGSDF Lieutenant General insignia (a).svg 陸将
除隊後 トヨタ自動車顧問
テンプレートを表示

泉 一成(いずみ かずしげ、1951年昭和26年)5月- )は日本陸上自衛官防衛大学校本科第18期卒業。1佐までの職種は普通科。第34代東部方面総監を務めた。

略歴[編集]

青森県出身

8月:陸上幕僚監部
12月10日:東北方面総監部幕僚副長
10月1日:トヨタ自動車に再就職(顧問[1]
  • 2015年(平成27年)12月:トヨタ自動車顧問を解任

情報漏洩問題[編集]

退官後の2013年5月に、ロシア駐在武官、セルゲイ・コワリョフに対して、陸上自衛隊の普通科部隊の運用についての教範である「普通科運用」や、特殊作戦群第一空挺団が駐屯する習志野駐屯地を紹介するパンフレット、及び生活家電を渡していたことが2015年に発覚した[2][3](ただし、教範等の受け渡しはすでにコワリョフをマークしていた警察官に確認されていた[4])。この駐在武官はロシアの軍事情報機関であるロシア連邦軍参謀本部情報総局(GRU)所属と見られ、また、自衛隊を除隊した泉が富士学校長の渡部博幸(渡部は泉が方面総監当時の総監部防衛部長)を始めとした現職自衛官に教範調達を依頼していたことも明らかになっている。

これを受け、警視庁公安部は12月4日、泉と、泉に教範入手を依頼したコワリョフを自衛隊法(守秘義務)違反の教唆、泉の依頼を受けて教範を調達した渡部を含む現職及び元自衛官5名を同法違反の容疑で東京地方検察庁に書類送検した[5]。公安部は、すでに帰国済みのコワリョフに対して外務省を通じて出頭を要請したが、ロシア側からは拒否された。

また、陸上幕僚長の岩田清文は、本件にかかわる一連の捜査の終結後に、関係者の処分を検討している旨を明らかにし[6]、関係者が書類送検された12月4日に陸上幕僚監部内に陸上幕僚副長の山之上哲郎を本部長とした事件の事実関係の調査、再発防止策の検討を目的とした調査委員会を設置。同日、渡部の富士学校長兼ねて富士駐屯地司令の任を解き、陸幕付とする[7]事実上の更迭人事を発表した。

この件に関して防衛大臣の中谷元は、「国民の自衛隊に対する信頼に背き、我が国の防衛に対する内外の不信を招きかねない遺憾な事案。厳正に対処する」とコメントした。なお、泉の書類送検を受けたトヨタ自動車は同氏を顧問職から解任した。

12月18日、東京地検は、漏洩した文章は秘密であるとしたが「事案の重大性の程度など諸般の情状を考慮した」として、泉をはじめとした7名を起訴猶予とした[8]

防衛省は12月22日付で教範を泉に提供した渡部陸将と第12旅団司令部の男性1等陸尉、陸上自衛隊小平学校所属の女性3等陸佐の3名を戒告処分とし、渡部は同日付をもって辞職[9]した。

ただし、部内資料の流出はこれ以前にも度々発生しており、2018年1月には陸上自衛隊向けの部内資料がネットオークションに大量出品されていることが報じられる[10]。これを受けて、陸上自衛隊では部内向け教育資料の販売を停止した[11]

親族[編集]

  • 父は東北大学医学部出身の軍医・泉將(終戦後は陸上自衛隊に入隊し陸上自衛隊衛生学校長等を歴任し陸将で退官)。
  • 三人兄弟の長男で全員防衛大学校卒業の幹部自衛官、元海上自衛隊呉地方総監の泉三省は三男にあたる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 防衛省・自衛隊 (2009年8月26日). “防衛人事審議会答申等 平成21年 離職者議決書 (PDF)” (日本語). 2014年11月26日閲覧。
  2. ^ スクープ! 自衛隊大物OBにロシアスパイ疑惑! 安保法案への影響恐れ官邸がもみ消し1/22/2 LITERA 2015年6月6日
  3. ^ 元陸将漏えい:「そそのかされた」露元武官も書類送検毎日新聞2015年12月4日
  4. ^ 陸自情報漏えい:露元武官「教え請いたい」 元陸将を巧みに懐柔 部隊情報、飲食店で「講義」毎日新聞 2015年11月22日
  5. ^ 元陸自幹部ら書類送検 ロシア側に情報漏えい容疑 警視庁公安部、産経ニュース 2015年12月4日
  6. ^ ロシア武官への教本流出、陸自トップが処分検討読売新聞 2015年11月26日
  7. ^ 防衛省発令(将人事)、2015年12月4日
  8. ^ ロシア元駐在武官に内部文書渡した元陸将ら起訴猶予、NHKニュース 2015年12月18日
  9. ^ 防衛省人事発令(将人事:2015/12/22)
  10. ^ 最新の陸自教本60冊、ネット出品
  11. ^ そもそも教範及び訓練資料の類は出版物として部隊に一定数が推進補給されているため、私費購入の必要はない

関連項目[編集]

先代:
澤山正一
東部方面総監
第34代:2007年 - 2009年
次代:
関口泰一