泉万

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

泉万(いずまん)は、1961年から1974年まで長野県上田市を中心に存在していたスーパーマーケット

特徴[編集]

泉屋万兵衛(いずみやまんべえ)を縮めて泉万と称す。江戸時代から海野町において菓子商を営んでいたが、1961年に当時の流通革命の波に乗って店舗をセルフスタイルに変化。菓子以外にも手広く品物を取り扱うスーパーマーケットとして衣替えした。この年に株式会社登記されている。

1967年に上田郵便局跡地に新店舗を作って移転。(旧店舗ははなおかストアに譲渡される)二階建ての店舗には一富士乃製菓の営業所が同居し「泉万一富士」の愛称で親しまれる。1968年以降上田市近郊に7つの店舗を展開することとなるが、1974年に西友ストアー長野(現:西友)に合併されて消滅。店舗は西友ストアー長野が引き継ぐこととなった。[1]

沿革[編集]

  • 1961年 - 菓子商の泉屋万兵衛がスーパーマーケットに事業転換。(株)泉万設立。初代店舗は海野町。
  • 1967年 - 上田郵便局跡地に2階建て店舗を建設し移転。
  • 1968年 - 丸子店開店。以降8店舗に拡大。
  • 1974年 - 西友ストアー長野に吸収合併され消滅。本店を含む8店舗は西友店舗として引き継がれる。

その他[編集]

  • 本店を含む8店舗の地元では西友に引き継がれた後も「泉万」の愛称で親しまれていた。
  • 海野町発祥のスーパーマーケットは他にやおふくが知られている。こちらは現存しているが海野町での営業は近年やめている。

脚注[編集]

  1. ^ 「西友ストアー長野 泉万の営業権を獲得」 信濃毎日新聞 1974年9月15日