泉原豊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

泉原 豊(いずみはら ゆたか、1970年6月5日 - )は、俳優スタントマン。英語表記はYutaka Izumihara[1]

京都府出身。京都府立南陽高等学校オーストラリアウーロンゴング大学演劇学科卒。スカイコーポレーション所属。

トニー賞受賞作品「テイクミーアウト」出演など、オーストラリアで最も大きい劇団とされるメルボルンシアターカンパニーやブラックスワンシアターカンパニーの舞台に立つ。

2010年スティーブン・スピルバーグトム・ハンクスらが製作総指揮を務めた『ザ・パシフィック』ではミリタリーアドバイザーにも抜擢。その後、戦争映画『ココダ 男たちの戦場』、『Sisters of War』などに、俳優やミリタリーアドバイザーとして活躍。スタントマンとしてメル・ギブソン監督作『ハクソー・リッジ』等に出演。

2013年制作の『レイルウェイ 運命の旅路』や、『ウルヴァリン: SAMURAI』、2014年アンジェリーナ・ジョリー監督作品『不屈の男 アンブロークン』、2017年には『ゴースト・イン・ザ・シェル』、作道雄監督の『神さまの轍-CHECKPOINT OF THE LIFE-』がある。

脚注[編集]

  1. ^ [1]