泉州 (古代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

泉州(せんしゅう)は、中国にかつて存在した隋代から初にかけて、現在の福建省泉州市一帯に設置された。

概要[編集]

583年開皇9年)、南朝陳を滅ぼすと、豊州が泉州と改称され、その属郡は廃止された。隋代の泉州は現在の福建省ほぼ全域に相当する領域を管轄していた。606年大業2年)、泉州は閩州と改められた。607年(大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、閩州は建安郡と改称された[1]

623年武徳6年)、により隋の建安郡閩県の地に泉州が置かれた。699年聖暦2年)、泉州の南安莆田竜渓の3県が分割されて、武栄州が立てられた。700年(聖暦3年)に武栄州は廃止されて泉州に戻されたが、同年(久視元年)に上記の3県で再び武栄州が立てられた。711年景雲2年)、閩県を州治とする泉州は閩州と改められ、南安県を州治とする武栄州が泉州と改められた。720年開元8年)、南安県を分割して晋江県が置かれ、泉州の州治は晋江県に移された。742年天宝元年)、泉州は清源郡と改称された。758年乾元元年)、清源郡は泉州の称にもどされた。泉州は江南東道に属し、晋江・南安・莆田・仙遊の4県を管轄した[2]

のとき、泉州は福建路に属し、晋江・南安・恵安同安永春安渓徳化の7県を管轄した[3]1087年元祐2年)、北宋により泉州に市舶司が置かれている[4]

1278年至元15年)、により泉州は泉州路総管府に昇格した。泉州路は江浙等処行中書省に属し、録事司と晋江・南安・恵安・同安・永春・安渓・徳化の7県を管轄した[5]

1368年洪武元年)、により泉州路は泉州府と改められた。泉州府は福建省に属し、晋江・南安・恵安・同安・永春・安渓・徳化の7県を管轄した[6]

のとき、泉州府は福建省に属し、晋江・南安・恵安・同安・安渓の5県を管轄した[7]

1912年中華民国により泉州府は廃止された。

脚注[編集]

  1. ^ 隋書』地理志下
  2. ^ 旧唐書』地理志三および『新唐書』地理志五
  3. ^ 宋史』地理志五
  4. ^ 『宋史』職官志七
  5. ^ 元史』地理志五
  6. ^ 明史』地理志六
  7. ^ 清史稿』地理志十七