泉正樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 泉正樹 八段
名前 泉正樹
生年月日 (1961-01-11) 1961年1月11日(58歳)
プロ入り年月日 1980年8月20日(19歳)
棋士番号 144
出身地 東京都練馬区
師匠 関根茂九段
段位 八段
戦績
2015年3月7日現在

泉 正樹(いずみ まさき、1961年1月11日 - )は、将棋棋士。棋士番号144。東京都練馬区出身。関根茂九段門下。

棋歴・人物[編集]

  • 1980年に四段になった55年組の一人である。
  • 奨励会二段の頃、第1回(1978年度)「若駒戦」で準優勝。
  • 第46期(1987年度)C級2組順位戦羽生善治と並んで10戦全勝し、同時昇級。
  • 1999年6月3日に早指し将棋選手権川上猛戦で、禁手である連続王手の千日手を指して負けた。
  • 愛犬家であり、かつて連載していた近代将棋のコーナーには毎号のように愛犬「エルちゃん」の写真とその暮らしぶりを載せていた。
  • 子供の頃、実家が東映の大泉撮影所の近くだったので、東映特撮テレビ番組にエキストラとして出演していた。
  • 2013年7月4日、第26期竜王戦ランキング戦5組残留決定戦(対岡崎洋六段)に勝ち、八段に昇段した[1]
  • 2017年10月4日、第59期王位戦予選で木下浩一七段に勝ち、公式戦通算600勝(将棋栄誉賞)を達成した[2]
  • 第77期(2018年度)順位戦C級1組は3勝7敗で2つ目の降級点が付く結果となり、C級2組に降級となったが、C級2組で指すことを選ばずフリークラスに転出した[3]。以降、順位戦以外の公式戦参加は、満65歳を迎える2025年度までとなる。

昇段履歴[編集]

  • 1973年 6級 = 奨励会入会
  • 1977年 初段
  • 1980年8月20日 四段 = プロ入り
  • 1985年4月26日 五段(勝数規定
  • 1989年6月23日 六段(勝数規定)
  • 1997年10月9日 七段(勝数規定)
  • 2013年7月4日 八段(勝数規定)

主な成績[編集]

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

その他[編集]

  • 1987年度十段リーグ入り
  • 1987年度C級2組順位戦で10戦全勝
  • 2005年 現役勤続25年
  • 2017年 将棋栄誉賞(通算六百勝達成)

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “泉正樹七段が八段に昇段|将棋ニュース|日本将棋連盟”. 日本将棋連盟. (2013年7月5日). https://www.shogi.or.jp/news/2013/07/post_769.html 2017年10月5日閲覧。 
  2. ^ “泉 正樹八段、600勝(将棋栄誉賞)を達成|将棋ニュース|日本将棋連盟”. 日本将棋連盟. (2017年10月5日). https://www.shogi.or.jp/news/2017/10/_600_3.html 2017年10月5日閲覧。 
  3. ^ 2019年度からのフリークラス転出者|将棋ニュース|日本将棋連盟” (日本語). www.shogi.or.jp. 2019年4月10日閲覧。

関連項目[編集]