泉武夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

泉 武夫(いずみ たけお、1940年 - )は、日本経済学者専修大学名誉教授。元・専修大学北海道短期大学学長

経歴[編集]

1965年専修大学経済学部卒業。 1971年同大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。同経済学部助手に就任。 1972年専修大学経済学部講師。 1976年同経済学部助教授。 1984年同経済学部教授。 1995年同社会科学研究所長。 1996年学校法人専修大学理事。 2003年専修大学北海道短期大学学長に就任。 2006年同学長を退任し、専修大学経済学部教授。学校法人専修大学理事。 2011年専修大学定年退職。同名誉教授。

主要論文[編集]

  • 『転換期における日本綿業--明治末期におけるその構造変化分析』(専修経済学論集 8号, 1969年)
  • 1910年代における日本綿糸紡績業の展開--特にその独占化に関して』(専修経済学論集 6巻2号, 1971年)
  • 『「イギリス綿業報告」をとおして見た1930年前後のイギリス綿業の実情と日本の競争』(社会科学年報 18号, 1984年)
  • 1930年代世界綿布市場における日英綿業の確執』(社会科学年報 27号, 1993年)

参考文献[編集]

  • 『専修経済学論集 45巻3号』(専修大学経済学会、2011年)
先代:
田中貞美
専修大学北海道短期大学学長
第6代: 2003年 ‐ 2008年
次代:
新家憲